pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

知っておきたい!テレビを賢くお得に処分する方法

テレビはリサイクルに出せる?

テレビはリサイクル法の対象製品である

特定家庭用機器再商品化法は、家電リサイクル法とも呼ばれている法律です。一般家庭や事務所などから処分される、エアコン・テレビ・冷蔵庫や冷凍尾・洗濯機や乾燥機などの電化製品は、特定家庭用機器廃棄物に分類されており、自治体が回収を行っている粗大ゴミに出すことができません。

テレビは、ブラウン管や液晶、プラズマなどが含まれるのですが、パソコンのモニターもこれらの種類に含まれるため粗大ゴミ回収での処分は不可能です。また、この法律は、有用な部品や材料などをリサイクルする目的で制定されたもので、廃棄物そのものの量を減らして資源の有効活用を推進するなどの大切な目的を持ちます。

テレビのリサイクルにかかる料金

テレビのリサイクル料金は、回収を行う会社により金額そのものが異なりますが、おおよその目安として1,870円~2,970円の費用が必要といわれています。特定家庭用機器再商品化法が制定された以降に購入したテレビなど、リサイクル家電については購入時にリサイクル料金を支払っている関係から、購入した販売店に持ち込むことで無償の形で処分することができます

しかし、古い時代に購入したテレビ1,870円~2,970円のリサイクル料金を支払い処分する形になります。ちなみに、従来のブラン運管方式のテレビは、15型以下では1,870円で16型以上では2,970円など大きさによりリサイクル料金が異なります。

4つの正しいテレビの処分方法

新しくテレビを購入する家電量販店に引き取ってもらう

テレビの処分をしたいとき、これから購入する家電量販店に依頼することで、有償で行うことができます。この場合は、購入の際に店員さんに既存のテレビの処分をお願いしておく必要がありますので、その際に処分費用なども確認しておくと良いでしょう。

購入した家電量販店に引き取りを依頼する

最近は、ネットなどでテレビを購入される人も多いかと思われますが、ネット通販を通じて今現在使用しているものを処分することはできません。対象となるテレビを購入した家電量販店が近くにある引っ越しなどで遠方に越していないのであればその家電量販店に頼めば回収してもらうことができます。

この場合、ネット通販でテレビを購入して既存のものを家電量販店で回収処分だけをお願いする形になりますが、家電量販店はリサイクル家電の回収窓口にもなっていますので利用されることをおすすめします。

地域の指定取引所へ持ち込む

一般財団法人家電電気製品協会では、リサイクルの始まりは正しい処分からといったキャッチコピーを通じて様々な取り組みを行っています。公式サイトにアクセスすること最寄りの指定取引場所や営業日検索ができるようになっていますので、住まいの近くに家電量販店などのお店がないときなど便利です。

指定取引場所を調べるときには、都道府県を選択することで対象となる都道府県内にある指定取引場所の一覧が表示されますので、近くの施設を見つけるときなど便利ではないでしょうか。

自治体の指定する買取業者へ処分を依頼する

家電量販店や指定取引場所などでテレビを処分するときには有償の形になりますが、まだ使えるようなテレビであれば自治体が指定を行っている買取業者に依頼すれば多少なり現金化ができるメリットがあります。

自治体が指定する買取業者は、許可をしっかり得た上で業務を行っていますので不法投棄などのリスクがありません電話などを利用して連絡すれば、自宅まで不要になったテレビを回収しに来てくれるなどのメリットもあります。この場合、テレビがまだ利用できるなどの条件がありますので、壊れていないことを確認しておきましょう。

違法の廃棄物回収業者に注意!

なぜ、無許可の業者に依頼してはいけないのか?

不用品回収を行う業者の中には、産業廃棄物収集運搬業や産業廃棄物処分業などの許可を得ず営業している悪徳なところも存在します。このような悪徳業者の中には、最初は無償で回収するといっていたけれどもトラックに積み込んだ後に費用を請求するといった悪意を持つところもあるので注意が必要です。

この場合、回収を断った場合にはトラックから積み下ろしの工賃を請求する可能性もありますので注意を要します。無償ではなく有料となっている場合も同じで、最初に提示された金額よりも請求額の方が高くなるケースもあるようです。

不法廃棄による環境への悪影響

産業廃棄物収集運搬業の許可は、回収することを主な事業にする場合に必要なもので回収する場所や荷下ろしをする場所などの地域を管轄する都道府県知事への届出と許可が必要です。一方、産業廃棄物処分業は、回収された不用品を処分する事業を手掛けている場合に必要な許可で、処分業者との連携ができない場合などでは不法投棄されてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

人里離れた山奥などに回収したものを破棄する、これが不法投棄になるわけですがテレビなどをはじめ、家電品類やその他の回収物はそのまま放置していても土にかえることはありません。製品によっては内部から有害な液体が漏れて来ることもある、サビなどにより周辺の環境が悪くなるいわゆる汚染などのリスクもあるわけです。有害なものが土の中に浸透すれば地下水への影響も出て来ますし、地下水は将来水道水になるものでもあり飲料水への汚染リスクも出て来ます。

適正な認可を持つ業者に依頼しよう

不用品回収を手掛けている会社に依頼したいとき、ホームページに産業廃棄物収集運搬業の許可を得て営業しているのか否かの確認をしましょう。さらに、業者の担当者が回収に訪れたときにも許可証の提示を求めることも大切です。

また、自社で処分をしていない場合には、回収したものがどのような処分業者に引き渡させるのかなどの確認も大切で、これらは不用品を出す側の義務でもあり不法投棄された場合には回収処分を依頼した側にも罰則が与えられますので注意が必要です。

その他の処分方法

処分方法に困った時は自治体へ連絡しよう

近所に家電量販店がなかったり、お店が比較的近くにあっても車などがなくて持ち込めない、このようにテレビの処分に困ってしまう人も多いのではないでしょうか。自治体の粗大ゴミ回収ではテレビなどのリサイクル家電は受け付けていませんが、自治体は相談することは可能です。お住まいの地域を管轄している自治体の公式サイトにアクセスし電話番号などを調べて確認されることをおすすめします。

まだ使えるならリサイクルショップへ持ち込んでみよう

比較的新しいテレビなどの場合、リサイクルショップで買い取ってもえることもありますし、年式がそれほど古くなくまだ利用できるテレビであればリサイクルショップに相談するのが最適です。なお、リサイクルショップを選ぶときにはなるべく大きな倉庫を保有している会社を見つけるのがポイント、倉庫があるようなお店などでは在庫を確保しやすいなどのメリットもあります。

まとめ

テレビはリサイクル家電に分類される電化製品で、パソコンのモニターなども同じく自治体が窓口になっている粗大ゴミ回収での処分はできません。基本的には、購入した家電量販店に依頼することで処分することができますが、ネットなどで新しいテレビを購入したときも最寄りの家電量販店に相談すれば有償で回収処分をしてもらうことが可能です。

不用品回収業者を利用する際には、必ず許可を得ている会社に依頼することが大切です。また、まだ利用できるテレビなどの場合は、買取を利用する方法もおすすめでリサイクルショップにお願いする場合には、大きな倉庫を持っていて販路が豊富にある会社を見つける、これが少しでも高く売るコツに繋がって来ます。