pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

横浜市西区にて不用品回収作業を行ってきました

こんにちはナナフク横浜です。

今回の作業報告は横浜市西区にて不用品回収作業を行ってきました。

誰も住まわなくなった空き家の回収作業でした。

息子様からのご依頼でお見積りに行かせて頂きました。

リユースできる家具も多くあり総額から¥40000お値引きさせて頂きました。

作業当日は予定より時間がかかってしまいましたが無事終了しました。

最後はフレンドリー写真も撮ってくださりありがとうございました。

不用品回収業者に依頼?引越し後の不用品処分方法を公開!

引越し後の不用品に困る人は多い

引越しをしてから不用品に困り処分に頭を悩ませる、そういうケースは思いの外多いといえます。

新居のレイアウトに合わない家具

新居のレイアウトに合わない家具は、事前にレイアウトの確認が不足していたり、イメージと実際の組み合わせがマッチしない場合に不用品に変わります。結局、引越し後に買い換える羽目になってしまうので、不用品を処分する手間に加えて処分費用や買い替え費用が嵩みます。

 

全て小サイズの家具で揃えたり、家具の数を普段から少なめに抑えておけば問題は起こりませんが、コーディネートに不満を覚えれば結局は同じです。その為、家具は引越し先の新居にマッチするかどうか、念入りに確認して扱いを決める必要があるでしょう。可能なら新居に足を運び、家具に近いサイズのダンボール等を持参して、レイアウトの配置を考えておくと安心です。

 

しかし現実にそれは難しいですから、やはり完璧な引越しというものはなく、新居で暮らし始めてから不満が生じて家具の処分に至るケースも出てくるわけです。

包装していたダンボール等

包装していたダンボール等は、引越し後には殆どが不用品になるので、荷物が多く箱の数が多いと処分に困ります。広げてフラットな状態で保管するにも嵩張りますし、虫が湧くこともあるので注意が必要です。

 

理想は古紙回収のタイミングでまとめて出すことですが、大小大きさが異なるダンボールをひとまとめに処分するとなると大変です。何より荷物を全て出す必要がありますし、開梱作業をしながらの処分になりますから、他にもやることが多い引越し後はダンボールの処分だけで負担が伸し掛かります。

 

しかも、ダンボール以外にも剥がしたテープや緩衝材にビニール袋等、異なる素材のゴミが大量に発生します。分別しないわけにはいきませんし、かといってその辺に放置することもできませんから、現実的には少しずつ開梱しながら処分という形になるでしょう。引越し後の作業で煮詰まった時に誰もが一度は、全部まとめて回収してもらいたい思うはずです。

引越し前の処分忘れ

引越し前の処分忘れは、既に終わっていると思った処分に意識が向かい、また処分方法を確認したり手続きをしなくてはいけないのがネックです。引越し後でも簡単に処分できる物ならまだ良いですが、引越し前に済ませておいた方が断然楽な物については後々、前もって確実にやっておけば良かったと後悔に至ります。

 

引越し前の場所に置き忘れてしまった物は、戻って処分をすることになるか、頼れる人に相談して任せることになるでしょう。いずれにしても、引越し後に処分を忘れていた物に気がつくことは案外ありますし、思い出したり気がつくと気が滅入るのも確かです。
引越し直前になって気がつくケースもありますから、処分すると決まっている物に関しては、早め早めに計画を立てて速やかに処分するのが望ましいです。

 

逆に、引越しの荷物に処分するはずだった物が紛れ込むことも珍しくないので、引越し後は何かとアクシデントに見舞われます。

不用品をなるべく少なくする方法

不用品はできるだけ事前になるべく少なくしておくのがベストで、その為にはいくつかの方法があります。

全体を見通した家具選択

全体を見通した家具選択は、引越し先の空間やレイアウトを考えて、本当に必要かどうかを検討して決めます。家具は大きさだけでなく、質感や使い勝手といった要素がありますから、各ポイントを考慮して取捨選択するのが正解です。

 

大きさは要不用を判断する大きなポイントになるので、最初に優先的に検討して決めることをおすすめします。それにはやはり引越し先の空間を把握することが大前提ですから、広さや奥行きを頭に入れつつ、家具の配置をシミュレーションして取捨選択です。

 

質感は部屋の空間に馴染むかどうか、壁紙や床材との相性や照明との組み合わせを考慮するポイントです。例えば、無機質な空間に鉄等の素材の家具を置くと無機質さが際立ってしまうので、求める方向性に合致するか否か検討する必要があるでしょう。

 

家具は実用性で価値が左右されますから、引越し先で使いやすいかどうかも要検討です。

過度な包装はゴミを増やす原因に

過度な包装はゴミを増やす原因になるので、包装はできるだけシンプルに、必要最小限に留めるのが理想的です。衝撃を受けても壊れにくい物については、包装も緩衝材も少なく済むはずですから、過剰包装をしている場合は見直すのが賢明です。

 

包装は汚れると洗えずに困る紙類や、破損しやすく厳重な梱包が必要な物に手間やコストを掛けるべきです。全ての荷物を一律で同じような包装をすれば、当然ながら過剰に思える物も出てきますし、引越した後に包装だけでゴミだらけという事態になります。だからこそ引越し後に出る不用品を考えながら、本当にその包装は必要か自問自答して決めることが必要です。

 

それから、まとめられる小物は1つの大きな袋等にまとめた方が、後々発生するゴミが少なく済むので処分が楽になります。小物入れがあるならそれに入れるのも1つの手ですし、入れ物がゴミにならずに済むので処分の手間なく一石二鳥です。

処分リストを作成し引越し前に処分する

処分リストを作成し引越し前に処分する、これはスマートな引越しを実現する為に必要不可欠なことです。処分リストは捨てるべき物を一覧にリストアップして、優先順位をつけて1つずつ処分していくやり方です。

 

優先順位が決まれば後は確実に処分するだけですし、無計画に進めるよりも遥かに効率的に処分が終わります。引越し前に間に合うかどうかも見当がつきますし、余裕を持って引越し当日に間に合わせることができるでしょう。

 

処分リストは作成の手間があるので、作成を始めるまでがネックですが、一度始めてしまえばリストの完成も夢ではなくなります。ポイントは全てをリストアップしようとするよりも、大まかにグループ分けして処分の可否を判断することです。また、判断の基準も決めておくと作業が楽になりますから、何年以上着ていない衣類は無条件に処分するといったルールを決めるのがおすすめです。

どの業者に頼む?

不用品を回収業者に依頼する場合は、複数あるいくつかの選択肢の中から検討して決めることになります。

不用品回収業者

不用品回収業者は、種類を問わず何でも回収してくれる便利な選択肢で、任せようと思えばトラックに積めるだけ積み込んで持っていってもらえます。言うまでもなく、必要な物と処分する物は明確に分けて、何を回収して欲しいか伝えることが欠かせないです。

 

不用品の判断を回収業者に任せることはできないので、そこは予め決めておいて依頼することが重要です。不用品回収業者に依頼するメリットは、大型で重たい家具類でも、嫌な顔をせずに持っていってくれることです。中には回収と同時に買取も行う業者もありますから、価値ある物を現金化して、回収費用の負担を抑えることができます。場合によっては売却益の方が回収費用を上回り、不用品がスッキリする上にプラス収支の結果となることもあります。

 

不用品は分別と分類に合わせた処分が必要ですが、不用品回収業者なら分別不要で回収してくれます。

引越し業者

引越し業者は引越しで発生する不用品を回収してくれますが、無料で回収するのは荷物を梱包していたダンボール程度です。包装等の不用品も回収するかもしれませんが、引越し後に要らなくなった家具までは流石には持っていってもらえないです。もし家具を回収してくれるとしたら、それは独自に有料の回収サービスを提供している引越し業者となるでしょう。

 

全ての引越し業者が提供しているわけではなく、あれこれまとめて持っていってくれるかといえば、特定の物に限られるケースが大半です。それも1品1品に有料料金が設定され、しかも価格が高いということもあるので注意が必要です。

 

引越し作業のついでに回収してもらえるなら便利ですし、有料だとしても数点程度であれば懐は痛みにくいので、検討してみる価値はあるといえるでしょう。

自治体の粗大ゴミ

自治体の粗大ゴミは、自治体が回収してくれる便利なサービスで、割と良心的で手頃な料金で済むのが魅力です。ただし、粗大ゴミは特定の日にしか回収を行っていないので、早く処分したい場合には不向きです。それと大型家具を含めて、回収当日に依頼者が指定の場所に運ぶ必要がありますから、重量があって運びにくい物だと大変です。

 

回収はしてくれるものの、来るのは精々住宅の入口までなので、2階から1階に下ろす必要があったり、玄関の外まで運ぶのが難しいと困ります。自治体の粗大ゴミ回収はあくまでも回収のみなので、だからこそ料金はリーズナブルですし、必要な粗大ゴミの移動は依頼者の責任となるわけです。

 

これらを比較してまとめると、ゴミが多く移動も難しい場合は不用品回収業者、ダンボール等の包装類は引越し業者、運べる粗大ゴミは自治体の回収がベストといえそうです。それぞれ一長一短はあるでしょうが、困った時の決め手になり得るのは万能で痒いところに手が届く、不用品回収業者一択となるでしょう。

まとめ

不用品回収業者は引越し後の不用品処分の救世主で、足の踏み場がない状況でも、回収して欲しい物を指定すれば持っていってくれます。家具や梱包資材に捨てるはずだったゴミ等、引越し後に出てくる不用品は少なからずあるものです。不用品は家具の取捨選択や包装の見直しと削減、リストに基づく処分で効率的に処分できます。それでも困った時は、不用品回収業者や引越し業者、自治体の粗大ゴミ回収を利用することになるでしょう。

 

不用品回収業者は有料ですが、ゴミ屋敷のような大量の不用品も回収してくれるので、部屋中をスッキリさせたい場合に便利です。

 

引越し業者は無料でダンボールや包装資材を回収しますが、家具等を持っていってもらおうとすると有料ですし、全ての業者がサービスを提供しているわけでもないです。

 

自治体のゴミ回収は料金が手頃でベッドやタンスも回収してくれますが、回収場所まで運ぶのは依頼者の仕事なので、大型の重量物の処分にはやや使いにくいです。

 

このように、選択肢によって向いている用途がありますから、特徴を把握して使い分けるのがベストでしょう。総合的には不用品回収業者ですし、最後の最後に頼れる味方となります。

不用品回収業者に注意?優良業者と悪徳業者の見分け方

不用品回収詐欺とは?

廃棄物の回収に関しては、行政がリーダーシップをとって様々な施策を行っています。その中の一つとして廃品回収があります。以前から廃品回収自体はあったのですが、資源の有効利用という意味合いが強いものでした。

 

現在の不用品回収というのは、環境問題を見据えたリサイクルの一貫です。このような取り組みの主旨に多くの住民が賛同して協力するようになってきました。

 

ただ、このような運動の高まりを利用して様々な悪いことを行うような人達も出てきました。その中で出てきたのが不用品回収詐欺という問題です。このような業者は、多くの人々が協力して作り上げているリサイクルのシステムも破壊するものです。このような業者に引っかからないように注意をしましょう。

多くが多額の請求してくる

素人目から見て正規のリサイクルを行う業者と悪徳業者を区別することは簡単ではありません。このようなことから、図らずも悪徳業者に自分の中の不用品を出してしまうということがあります。

 

悪徳業者の多くは、不用品を手に入れるまでは、後で自分を正当化するために積み込んでみないと料金はわからないなどとあやふやな態度で話をそらすのですが、一旦不用品を手に入れると多額の費用を請求します。

積み込みが終わってからが注意

このような悪徳不用品回収業者の特徴は、不用品を手に入れるまでは優しく言葉巧みに誘いをかけるということです。不用品を出す側も、正規のリサイクルに出すより安い料金で引き取ってもらえるということで、つい業者のトラックまで不用品を持っていってしまいます。

 

悪徳業者は、不用品をトラックに積み込むと急に態度を変え脅し文句の様に多額の回収費用を要求してきます。特に、主婦は怖くなってお金を支払うしかないという状況になってしまいます。

「無料」に注意

基本的に、正規のリサイクルシステムでは製造者と利用者で廃棄物回収の負担を行なおうというのが考え方ですから、不用品を出す際に利用者の負担がないということはありえない訳ですが、悪徳業者の中には、極端な場合には無料で引き取りますなどというようなことを拡声器などで宣伝し不用品を回収しようとします。

 

無料という事はあり有り得ませんので、そのようなことを言っている廃品回収業者は悪徳業者であると思って間違いありません。

悪徳業者の特徴

調べても会社情報が出てこない

悪徳業者の特徴は、自分の連絡先を明らかにしないことです。それは問題が生じた時に自分のところまで警察などの手が及ばないようにするためです。多くの悪徳業者は、自分のホームページを持たないのが普通です。ホームページがあったとしても、連絡先などが記載されていないというものもあります。

 

チラシなどにも連絡先がないというのもよくある話です。連絡先のないホームページやチラシを見た際には、不正な業者であると疑ったほうがいいでしょう。

明確な料金設定がない

正当な業務の際には必ず料金設定があるはずです。料金表などを見て、お願いするかどうかを利用者は判定するわけですから大切なポイントです。多くの悪徳業者は、このような明確な料金設定をしません。

 

なぜならば後で高額な料金を請求する事を正当化するためです。また一応の料金設定はあるのですが、不用品を引き取った後になって、通常の条件には当てはまらないものがあると主張し高額の追加料金を請求するという事例もありますので注意する事が必要です。

 

廃品の引き渡しを行う前に、料金表があるかや料金表に必要な費用の全てが書かれているかなどについて確かめましょう。

空き地などを利用している

不正回収業者の事例でよく見られるものに、空き地などにのぼりを立てて不用品回収を行っているという事があります。廃品回収業者は、許可を得る為に地方公共団体に届けを出さなければなりません。その届けを出す際には、業者が業務を行う住所を示す必要があります。したがって正規業者は空き地などを使用することはありません。

 

このような事から、空き地に不用品回収ののぼりなどを立てて廃品回収を行っている業者があったら、それは不正な業者であると思って間違いないでしょう。

見積もり依頼に応じない

悪徳業者は後になって高額な料金を正当化する為にあらかじめ見積もりなどに応じません。多くの場合には、廃品を受け取った後でなければ分からないというような言い方をします。最終的な処分を行う地方公共団体などでは、どのような廃品をどのような経費で引き取るかということを細かく定めていますので、このようなことはあり得ない訳です。もし見積もりに応じない業者が言うとしたら、それは不正業者であると思って間違いありません。

 

不用品を業者に渡す前に見積もりを請求しましょう。後になって高額な追加料金を正当化できるように、あやふやな見積もりを出す場合もあります。書かれている項目の内容について分からない場合には問い合わせをしましょう。優良な業者であれば、その内容について丁寧に説明を行なってくれるはずです。

 

いずれにしても、業務として様々な事を行うにあたっては料金設定という事は不可欠なものです。業者が利益を得るのは当然の権利ですから、それを明確にしておくということが、優良な業者がであるということの証でもあります。このようなことを示さない業者というのは、何らかの意味で不正な利益を得ようとしている可能性があります。

悪徳不用品回収業者への対処法

事前に見積もりをとる

悪徳不用品回収業者への対処法として、まずやるべきことは事前に見積もりを取るということです。きちんとした対応をするかどうか、明確な見積書が書かれているかどうかでその業者が不正な業者でないかどうかということを判断できます。

 

不正業者であれば、実際に不用品を自分のところに持っていかなければ見積もりは事前にできないとか、見積書は出せないなどということを言うと思います。もし見積もりを断るような業者であれば、最初から相手にする必要はありません。

 

見積書に書かれている内容が不自然であったり、書かれている事項についての質問に回答しないような業者もまともな業者でないと考えられます。その様な業者には回収をお願いしないことにしましょう。

領収書は必ず貰う

次に事後のことになりますが、領収書は必ず貰っておくようにしましょう。何かのトラブルがあった際には証拠の書類となります。法外な金額が要求された際にも、領収書があれば請求された金額が常識的なものかどうかということが後の裁判などで明らかにできるからです。

 

優良な業者であれば、領収書もちゃんとしたしたものを発行してくれます。業者としても、自分がまともな仕事をしたということの証明にもなりますので、領収書の発行を正規の業者が拒むはずはありません。

 

領収書は、ある金額を単に受け取りという事だけでなく、証拠書類としての意味合いを持つこともよく知っておくべきです。

怪しい場合処分方法を聞く

事前のやり取りをしていて少しでもおかしいと思ったら、回収した廃棄物をどのように処分するかということについて尋ねておきましょう。優良な業者であれば、ちゃんとした最終処分場などへ持っていくかリサイクルに回すなどということを回答することができます。

 

悪徳業者の中には、高い値段で引き取った廃棄物を不法投棄などするという輩もいます。そのようなことになっては本来のリサイクルができないことになりますから大きな問題です。不用品を業者に渡す前にそのようなことについて確認しておきましょう。まともな業者であれば、具体的にどこの廃棄物処分場に持っていくことを説明ができます。

優良な業者を選ぼう

優良な業者は明確な料金設定がある

廃品回収業というものをきちんとした仕事と捉え、まともな業務を行っている優良な業者は廃品回収かかる費用について正確に見積もり、様々な廃品に対す明確なる料金設定が存在するはずです。

 

持続的に営業を行っていくためには、不用品を出す側と業者の同意の上で業務を行なわなければならないという原則がありますので、優良な業者を見分けるための一つの目安として明確な料金設定が表示されているかどうかということあります。

 

その際、注意深く見なければならない事に基本的な料金以外の追加料金やオプション価格についても記載がなされているかがあります。

一般廃棄物処理業の許可・古物商の許可を持っている

リサイクルなどを正規の職業で行うためには、地方公共団体の首長からの許可を得なければなりません。その業種に指定されるのは、一般廃棄物処理業と古物商です。回収した廃棄物を処分場などに持って処分を行うためには一般廃棄物処理業の許可が必要になります。

 

また廃棄物をリサイクルして再利用できるような形で販売等を行うというのであれば、古物商の許可が必要になります。優良な廃棄物回収業者であれば、これらの許可証を持っているはずです。ちゃんとした業者であれば、事前にその許可証を示して仕事内容についての説明を行ないます。

 

さらに地方公共団体などのホームページを確認すれば、その地域で廃品回収業者や古物商として許可されている業者のリストがあります。そういった箇所から細かく確認を行うということも大切です。

ネットで評判を調べよう

昨今のインターネットの普及により多くの人達がSNSなどへの書き込みを多く行うようになってきました。このような口コミは、色々な事への評判を調べるのに大変便利なものになっています。

 

優良な業者であれば多くの人達から大変感謝されますし、自分たちが不要になったものを回収してくれるわけですからネットでの評判も評判はいいはずです。

 

また実際はこっちの方が多いのかもしれませんが、逆に悪徳業者であればたくさんの悪い口コミで知られるようになっているはずです。業者の名前で検索を行なうというのがまず大切なことです。そのような検索を行なって悪い評判がないような業者を選択しましょう。

まとめ

ここまで述べてきたように、廃棄物の最終処分やリサイクルに関しては多くの優良な業者がいるにもかかわらず、1部の悪徳業者が酷いことをすることで全体のイメージが悪いものとなっています。ここでは、それに対処するために悪徳業者の特徴やその対処法などについて述べてきました。

 

悪徳な廃棄物処分業者を予め見分けることによって、私達が大きな損害を得るということだけでなく環境問題への寄与を行えるということを考えましょう。優良な業者を積極的に活用するという事で、環境問題の健全な解決を行う事が可能となります。

 

社会全体として非常に大切なことですので、自分個人だけの問題と捉えるのではなく、世の中全体を良くするという立場から考える必要があります。

3月4月のお片づけはナナフク横浜にお任せください!!

皆様こんにちは!ナナフク横浜の竹内です!

皆様3月4月のお片づけはどのようにお考えでしょうか?弊社のような不用品回収業者にも繁忙期というものがあります。お引越しのシーズンになると私どもも連動的にご相談を受ける件数が増えます。そうなると自然と繁忙期価格になる会社もあります。

この時期になりますと、やはり日にちがすぐに埋まってしましますので自然と費用が上乗せになりその費用はもちろんお客様にて負担となりその金額は2倍3倍にもなります。しかしそれがまかり通ってしますのがこのシーズンです。違法な事と思われがちですが、それが世の中の相場となります。

そんな時は弊社ナナフク横浜にお任せ下さいませ!弊社はしっかりとその日の予定をお客様と打ち合わせを行い、空いてる時間のピックアップを行います。そしてお客さまに密に打ち合わせを行い双方に負担の無いような提案を行っていきます。やはりお客様の協力がないとこのようにはうまくいきません!弊社まだ余裕があります!駆け込み需要にも対応できますので是非皆さまご相談くださいませ!

不用品の処分に待った!リユースを活用しお得な不用品処分を

不用品をリユース

リユースと言う言葉が良く使われるようになってきました。これからの社会に欠かせないものですが、具体的に何を指すのか知らない人も多いです。いろいろな面でメリットがあるので、早い段階で正しく理解しておくのが得策です。まずは以下に挙げる具体的な定義を理解することから始めましょう。

リユースとは?

リユースとは英語「Reuse」のカタカナ語であり、繰り返し使用するという意味を持っています。これまで物が不要になったときは廃棄するのが当たり前でしたが、そうせずに何らかの方法でまた使おういうスタンスです。物を作る際に使われる資源は有限であり、むやみに使っていると枯渇してしまうのは間違いありません。本当に廃棄する必要があるものも存在しますが、そうではなくまだ使えるものも多いというのが実情です。

 

たとえば、サイズが合わなくなったという理由だけで服を廃棄する人は少なくありません。その場合、サイズが合う人の手に渡ればまた使ってもらえるようになります。服だけでなく、自動車や書籍などさまざまなものに当てはまる概念です。

 

そう言われると、リサイクルとの違いが分からないという人もいます。リサイクルはリユースよりも以前から広く使われていた言葉であり、同じような意味を持っていますが厳密には異なります。そちらは廃棄物のまだ使用できる部分を抽出して再び資源にすることを指すのです。

まだ使える物はリユースしよう

上記のようにリユースは自然や社会に貢献できる素晴らしい行為です。そのため、物を捨てようと思ったときには、まず再利用できないかどうか検討することから始めてください。いきなり顕著な効果が現れることはないですが、我々の暮らしている地球にとって優しい取り組みであるのは間違いありません。生活しやすい社会を子どもや孫の世代に残してあげる意味でも重要です。

 

リユースは心がけ一つで誰にでも行えることなので、難しく考えず気軽に始めてみましょう。

リユースの方法

リユースが素晴らしい取り組みだと分かっても、どうやって行えば良いのかイメージできない場合もあります。いろいろな方法がありますが代表的なのは以下の4点です。どれも簡単なので、自分にとって都合の良いのものを選べば良いでしょう。

不用品回収業者

不用品の処分といえば、やはり専門の回収業者に頼むのが定番です。しかし、それだと結局廃棄することになるのではないかと心配する人もいます。もちろん廃棄してしまう業者もいますが、近年はリユース品として販売するところが多くなってきました。回収する際に受け取る料金に加え、販売で収益を得られることは業者にとっても大きなメリットです。

 

リサイクルショップを経営しているケースや、リサイクルショップと提携しているケースが多く見受けられます。販売をメインにしている場合、無料で引き取ってもらえることも珍しくありません。それどころか、確実に再利用できそうなものは買い取ってもらえることも多いぐらいです。そのため、いきなり依頼するのではなく、まずは見積もりをお願いしてみると良いでしょう。その他に、出張を依頼したときの手数料なども聞いておいたほうが安心です。

ネットオークション

インターネットで行われるオークションで、毎日さまざまな商品が取引されています。出品者が商品の写真や説明文を掲載し、それを見た購入希望者が値段を付けるというシステムです。あらかじめ最低入札価格を決める場合もあるなど、具体的なルールはネットオークションごとに違います。

 

いずれにせよ、最高の価格を提示した人が落札して次の所有者になるのです。業者やメーカーも出品していますが、自分の所有物を出している一般消費者も多いです。もちろん使わなくなったものを出品しても問題はなく、まさにリユースの取引が行われている現場といえます。ただし、購入希望者とのトラブルを避けたいなら、事前にしっかりと状態を伝えることが欠かせません。

 

また、落札や出品に手数料がかかる場合もあるので事前に確かめておきましょう。出品者や購入希望者のこれまでの取引履歴は公開されていることが多いため、信用できるか相手か確かめるために目を通しておくことも大切です。

フリーマーケット・バザー

いらなくなった物を売る方法として昔から存在するのはフリーマーケットやバザーです。公園や教育施設のグラウンドといった公的なスペースで行われるのが一般的で、事前に申し込むことによって出店できるようになります。

 

基本的には一般的な店舗と同じであり、物を陳列しておいて訪れた人に買ってもらうという形式できます。それによって得たお金は自分の収益となりますが、ボランティアとして寄付することが決まっている企画も珍しくありません。出店に費用がかかるケースも多いため、赤字にならないか事前に検討しておいたほうが良いでしょう。民間団体が開催するパターンもあるので、積極的に探せば自分にとって参加しやすいものを見つけやすくなります。

 

近年ではインターネット上で行われるパターンも増えており、専用のアプリも登場して広く使われるようになりました。

引越しの際は引越し業者に

不用品が多く発生するタイミングとして引越しが挙げられます。住まいの広さやテイストが変わるため、まだ使える物でも持っていかないという判断をするケースが少なくありません。その際の選択肢として引越し業者に引き取ってもらうという手段があります。ただし、すべての引越し業者が対応しているわけではないので注意しなければなりません。

 

また、対応している場合でも追加料金を請求される可能性があります。ですから、引越しの見積もりの際に不用品の扱いについてもチェックしておくことが重要です。リユースを前提とした引き取りを行っているか聞いておきましょう。大々的には実施していなくても、契約することを条件に頼めば引き受けてくれる場合もあります。

リユースする際の注意点

リユースの方法が分かったら、すぐにでも実行したいと考えるかもしれません。しかし、軽率に行うと後悔する結果になる恐れがあります。どのようなリスクがあるのか考慮したうえで、自分に不利にならないような形で取り組むことが大事です。具体的には以下の3点を知っておくと適切に対処しやすくなります。

付属品や説明書も付ける

いくら自分がまだ使えるからといって、他の人も同じように使用できるとは限りません。商品の付属品や説明書がなくなっているようなケースが代表的です。

 

不要と考えて処分した付属品が他人にとっては必要な場合もありますし、使い方が簡単だと思って捨てた説明書が他人にとっては重要な場合もあります。ですから、それらが存在しない場合はリサイクルショップでも引き取ってもらえないケースは多いです。引き取ってもらえる場合でも大きく買取価格が下がってしまうこともあります。これはネットオークションやフリーマーケットにおいても同様なので気を付けましょう。

 

付属品と説明書も商品の一部であることを強く認識して臨むことが欠かせません。自分の収益が減ることも大きなポイントですが、次に使う人が不便にならないようにするという思いやりを持ちましょう。

押し買いには注意が必要

リユースがブームになるにつれ、押し買いを行う悪徳業者が多くなってきました。押し買いとは自宅などに訪れて、価値があるものを強引に安く引き取る行為です。

 

たとえば、貴金属の値打ちが暴落していると告げて、今ならまだ買い取れるといって説得してくるケースが見受けられます。実際には暴落などしておらず、相場の10分の1ぐらいで買われてしまうこともあるのです。対象物に対して十分な知識があれば断れますが、あまり知らないと信じてしまいがちなので注意しましょう。言葉巧みに騙そうとしてくるので、しつこくて困ってしまう場合は消費生活相談窓口に連絡してください。

 

特に高齢者が狙われやすいので、若い家族がいないときに訪問された場合は用心しなければなりません。怪しいと感じた場合は、ドアを開けずインターフォン越しに用件を聞いて断りましょう。

リユース出来なかった時の対処

いくら本人がリユースを希望しても必ずしも実現するとは限りません。たとえば、使わなくなったアナログテレビをネットオークションに出品しても入札してもらえる可能性は低いです。

 

すでに地デジに移行しているため、自分以外にとっても価値のないものになっているからです。そのような場合は、自治体が定める方法で処分するのが一般的となっています。家電製品に関してはリサイクル券を購入して、指定の業者などに回収してもらうシステムのところが多いです。

 

また、不用品の回収業者に頼むという方法もあるので、コストが少ないほうを選ぶと良いでしょう。いずれにせよ、不法投棄をしないように注意してください。リユースの対極にあたる行為であり、自然と社会に負担をかけてしまいます。

まとめ

小学校や中学校の授業でもリユースの大切さが教えられるようになりました。現状では大人よりも子どもたちのほうが詳しいぐらいです。メーカーも製造だけでなく再利用を重視するようになっており、世の中全体がそちらの方向にシフトしつつあります。ですから、まだリユース行ったことがなくても、視野を少し広げるだけで行える環境が整っているはずです。

 

今回紹介した方法以外にも実行の手段はたくさんあります。今読んでいる本があるなら古本屋に持って行けばいいですし、プレイしているゲームがあるなら中古のゲームショップで査定してもらうと良いでしょう。知らないだけで、自分がよく訪れている店も積極的に実施しているかもしれません。重要なのは自分もリユースしてみようという心がけです。

中原区にて不用品のお片づけのご依頼をいただきました!

皆様こんにちは!ナナフク横浜の竹内です。まだまだ寒い日が続きますね!

この度中原区にて家財一式のお片づけのご相談を頂きましたのでご報告させていただきます。

ハイツの一階部分にあるお部屋にて作業をさせて頂きました。ビフォーアフターのお写真もございますので参考にしていただきたく存じます。

作業詳細(上記一部写真抜粋)

作業費用   115500円

作業員  3名

商用時間 2時間

使用トラック中型3トントラック

割引適用  紹介 リユース 買取

食器やまだまだ使える中古品などを輸出することにより処分費用を大幅削減できました。

こちらのお客様はリユースできなさそうな本当にゴミになるような物を事前整理していただいていたのでリユース品が多く残っており大幅な削減をすることが可能となりました。少しな労力で大きな削減も可能となりますのでどんなことでもご相談くださいませ!

不用品となった電球の処分方法は?種類によっては捨て方に注意が必要?

電球の種類を確認

どこのご家庭でも使用している電球ですが、一口に電球といっても大きく分けて3種類があります。

電球型蛍光灯

電球型蛍光灯というものが、昼白色と昼光色の2種類で構成されているのが特徴です。1970年代に国内の大手家電メーカーが開発したもので、一般的なルーメンという単位でその光量をあらわします。電球型となっているので、天井に備わっているソケットに直接取り付けることが可能です。

 

本来の電球であれば、内部にグロー球が必要ですがこのタイプは従来と同じくフィラメントで点灯するのもポイントになります。電球型蛍光灯の場合、手元を照らすには光が足らないですが、リビングや洗面所・浴室に使用して室内全体を照らすのに役立つ明かりです。

白熱電球

白熱電球というものは、1900年代にイギリスのエジソンが開発したもので、竹を内部に含ませて明かりを灯すものです。白熱電球の場合、約12ルーメンしかないので、昔のろうそくよりも少し明るい程度の光となるのが特徴でしょう。

 

1960年代までは一般家庭で広く使用されていましたが、蛍光灯が登場してからは一気に需要が減ってしまいました。主にトイレ・玄関、ベランダなどに一個から二個取り付けるものでメインの灯りとしては機能をしない側面もあります。昨今は暖色系の照明が人気を集めており、その一環で白熱電球も再び脚光を集めるようになりました。

 

消費電力が1日あたり約4円と高くなりますが、これは内部に含まれているフィラメントを常に燃焼させているためです。この影響から、白熱電球は約3か月で使えなくなるという特性もあります。

LED電球

LED電球は2000年頃から一般に普及し出した次世代型の照明と言われていました。赤・青・緑の3種類のLEDが日本で開発され、2001年にノーベル物理学賞を受賞するに至っています。計3種類のLEDが揃ったことで白色を再現できるようになり、この成果の賜物という形でLED電球が誕生するに至りました。2020年現在では街灯から室内の照明に至るまで、大半が1.2.LED電球となっているほど普及をしました。

 

このLED電球の特徴は、フィラメントやグロー球がないことから半永久的に明かりを持続させられるという点です。そして25ルーメン以上もの光量を可能としており、蛍光灯で言えば約40ワット形のサークルスタイルの蛍光灯を備えているのと同等というわけです。小指の爪ほどの小さなチップに電気を流すだけで光ので、消費電力が非常に少ないというのも特徴になっています。

 

約100平方メートルの室内に対応しているフラット型照明であれば、365日継続点灯をさせたとしても年間の電気代は約100円程度しか掛かりません。コストパフォーマンスの優れている観点からも人気を集めており、今後はLED電球が照明機器の代表格になっていくことが予想されるでしょう。

各種処分方法の違い

電球は基本的には消耗品であるため、購入すればいつかは処分をする時がきます。ここでは、白熱電球とLED電球の処分の違いと、電球型蛍光灯は注意が必要なことを詳しく見ていきましょう。

白熱電球とLED電球

白熱電球とLED電球の処分方法についてです。白熱電球は内部にガラスと竹が含まれているので、平たく言えば燃えるゴミに出すことが可能になります。大都市だとゴミは約2,000度以上の高温となる焼却処分をなされるため、ガラスと竹も瞬時に焼却することが可能です。ソケット部分だけは金属なので、この箇所はペンチ等で取り外してゴミに出しましょう。

 

LED電球は白熱球とは異なり、全体がプラスチックで構成されています。このため、リサイクルの分別となるのでしっかりと守りましょう。自治体の中にはゴミ回収の時にリサイクル回収も別途用意されているので、この箇所で処分をしないといけません。LED電球を独自で回収している家電量販店もありますが、ここに持ち込むのもひとつの手と言えます。

電球型蛍光灯は注意が必要

電球型蛍光灯は注意が必要なので、しっかりと見ていきましょう。蛍光灯の中にはグロー球と特殊なガスが含まれているので、基本的には一般ゴミやリサイクルに出すことはできません。自治体では市役所や公共施設に専用の回収箱を用意しているので、ここに持ち込まないといけないわけです。

 

また2010年からはリサイクル法が制定されており、蛍光灯を購入したお店に持ち込むのも一般的となりました。その際は必ず使い切ってから持って行かないといけず、回収後は再び各メーカーへと引き渡されて新しく製品という形で販売がなされます。

 

日本ではリサイクルをなされますが、中国や韓国では一度使い切ったあとはすべて不燃ゴミで処分をされているものです。諸外国によって蛍光灯の取り扱いは異なりますが、日本は高い技術を活かした再利用が出来る点ではエコロジーに配慮をしているといえます。

処分する際の注意点

実際に蛍光灯や白熱球、LEDなどを処分する時の注意点を細かく見ていきましょう。

蛍光灯は絶対に割らない

多くの方が勘違いをなされますが、決して処分をする時は蛍光灯を割ってはいけません。少しでもゴミの大きさを小さくしたいと考えて、粉々に砕く方は大勢います。蛍光灯だと管の中に発光塗料と真空ガスが入っているので、割ってしまうとそれらがすべて空気中にまき散らされてしまいます。蛍光灯を購入した時に梱包されている箱を見ると、管の割ってしまうと有害物質が外に出るので絶対に割らないようにと記載もなされています。

 

たとえゴミが大きくなってしまうとしても、そのままの状態で回収を依頼しましょう。もしも管にひび割れなどができた時は、ガムテープを使ってその穴を塞ぐといいでしょう。

ワレモノ等の表記をする

ゴミで出す時は、内部に蛍光灯や電球・LEDが入っていることを表記して、清掃員にわかるようにします。これは清掃員が内部に入っている蛍光灯などで怪我をしないようにうながす効果があります。さらに、回収処分場に運ばれた時に、迅速に分別作業に移れるというメリットもあるわけです。

 

表記はメモ用紙などにマジックでおこない、袋の表面に張り付けるだけで構いません。もしも個別で回収を依頼されるときは、中に入っているものが蛍光灯などの照明機器だと口頭で伝えてもいいでしょう。大半の回収会社では、顧客の依頼品をしっかりとデータで記録しているので、その旨を把握されます。

その他のゴミと混ぜない

白熱球やLED電球は基本的に燃えるゴミで出すことが可能です。そのため、他の生ゴミや粗大ゴミと一緒になさる方も少なくありません。同じ袋に入れてしまうと、回収先でリサイクル作業がし難くなるのでこの行動も避けるようにしましょう。

 

基本的には、回収時に作業員が怪我をしないようにするため、新聞や要らなくなった布などで蛍光灯類を包むのがマナーです。それを紙袋かビニール袋に入れて、表面に入れているものの名称を記載します。別に分けて置くことでリサイクルがしやすく、取り扱う方も怪我をしないで済むというわけです。

 

家電量販店などで設置されているボックスに入れる時は、袋や布は取り外すようにしましょう。余計なゴミが混ざっていると回収ボックスをそのまま運び出せないので、余計な手間が掛かってしまいます。

電球が入っていた袋に入れて捨てる

新品を購入した時は内部が割れないように、段ボールや緩衝材などで包まれています。これらも一緒に電球の処分で出す方もいますが、こちらは一般的な燃えるゴミに出して捨てるようにします。あくまでも蛍光灯などはリサイクルをなされるものなので、梱包材とは取り扱いがことあるわけです。割らずに本来の姿のままで回収を待つことで、再びメーカーでは再生されること覚えておくといいでしょう。これら4点を把握して、使えなくなった電球や蛍光灯、LEDを処分することになります。

 

それぞれの照明機器ごとに素材が異なっているので、必然的に処分方法も変わるというわけです。2010年から国内では家電機器に対して細かく処分の方法が明記されるようになりました。照明機器も例外ではなく、きちんと自治体が指導している形で捨てないといけません。自身の判断で誤ったスタイルの処分をすると、大勢の方に迷惑が掛かるので避けるのが望ましいです。

 

引っ越してきたばかりで自治体のゴミ出しのルールがわからない場合は、公式ホームページなどを参考にして、正しい方法を身に付けましょう。また役所の環境課に問い合わせると、丁寧に捨て方をレクチャーされます。基本はそのままの形でゴミに出して、割らない・袋や布に入れて回収を待つということです。蛍光灯などのパッケージの裏面を参照すると、捨て方も文字で書かれているので一度は目を通しておくのもひとつの手です。

まとめ

自宅や学校、会社などに必ず備わっている照明機器は、約数年で使用できなくなるものです。新しいものに取り換えたあとは、使用できなくなった電球や蛍光灯・LEDは正しく捨てるようにしましょう。ゴミとして回収を待つときは、しっかりと分別をしないといけません。

 

分別方法はそれぞれの素材で異なるので、しっかりと正しい出し方を覚える必要があります。役所や公共施設に持ち込むほか、家電量販店でも専用のボックスを用意されています。リサイクルをなされるものなので、処分の時は蛍光灯類を割らずに袋に入れて捨てることを忘れてはいけません。ゴミに出す時は、内部に照明器具が入っていることをメモに書いて、袋の分かりやすい場所に貼りましょう。

引越し時の不用品処分費用を一挙公開!!相場を理解し損せず処分しよう

引越し時は多くの不用品が出る

引越しは生活の中では比較的イベントであり、時間もお金もかかるものです。電気やガスの手続きなどややることもたくさんありますし、不用品もたくさん出てしまいます。引越しは必要なくなったものを捨てるチャンスでもあります。このタイミングで不用品の整理をしておくと新居に住み始めたときにすっきりした快適な時間を過ごすことが出来ます。

 

直前で慌てないように引越しの1ヶ月くらい前から整理整頓をはじめて、本当に必要なものかそうではないものかを見極めるのがお勧めです。処分にお金がかかるものもあるので、引越しの予算は多めに用意したほうが良いです。

家具の処分費用相場と注意点

引越しが決まったら古い家具をどうするか決めなくてはいけません。そのまま使えるものであれば新居に持っていけば良いですが、使い道がないものは処分する必要があります。

 

家具は燃えるごみのように簡単に出すことは出来ません。まずは家具の処分方法を正しく理解しておくのがお勧めです。さらにできるだけ効率良く捨てるポイントも紹介します。

 

テーブルやテレビ台、タンスやベッドは一般のごみと一緒に捨てることは出来ません。一般的な方法は自治体に依頼して粗大ごみとして処分する方法です。粗大ごみには定義があるので、該当しないものは粗大ごみではありません。家具の場合は一辺の長さが大体30cm四方を超えるものを指しています。

 

自治体に依頼する場合は自治体管理している回収センターに連絡をする必要があります。回収センターに連絡するときは電話が一般的ですが、最近はホームページから申し込みをすることが可能なので、電話で直接話すのが苦手だという人はホームページから申し込みを行うと良いです。自治体に回収してもらう場合は処分用のシールを購入して貼りつけなければいけません。

 

自治体によってシールを販売しているところが違うので、事前にホームページなどで確認しておく必要があります。基本的にはコンビニやスーパー、ホームセンターなどで購入することができますが、地域によっては地元の商店街などでも購入することが可能です。購入したシールは見やすいところに剥がれないようにしっかりと貼りつけ、決められた場所に置いておけばOKです。日時や場所については自治体から教えてもらえるので、忘れずにメモをしておくと良いです。

 

注意点は「家電リサイクル法」によってリサイクルが義務付けられているものを捨てる場合です。この場合は粗大ごみとして捨てることが出来ないので、購入した販売店やリサイクルセンターに連絡して処分方法を確認します。次は不用品回収業者に引き取ってもらう方法です。不用品回収業者は家電に限らず色々なものを引き取ってくれます。引き取ってもらう時には料金が発生することもあるので、簡単に処分費用相場をまとめました。

ベッド

ベッドは大きさによって必要な費用が変動します。一般的なシングルベッドの場合は1万円前後です。大きなダブルベッドやキングベッドのようなものなるとは1万5000円前後が相場です。

タンス

タンスを回収してもらう場合の相場は大体10000円くらいです。これもサイズによって変わることが多いです。

テーブル

テーブルも大きさなどで処分費用は異なりますが、コンパクトなものであれば1000円前後が相場になります。組み立て式の大型のものになるとそれ以上必要になることもあります。

ソファー

ソファーを回収業者に依頼する場合は1000円から5000円くらいで回収してもらえます。

収納棚

収納棚は小さいものであれば5000円前後で、大家族が使うような大きなものになると10000円以上必要になることもあります。

 

以上が不用品回収業者に引き取ってもらうときの大体の相場です。他にも家族や友人に譲るという方法もあります。この場合は処分にかかる費用は発生しないですし、使える状態であれば家族や友人も嬉しいはずです。

 

新品に近い状態だったり、一流ブランドの家具の場合はお金になるケースもあります。お金になる可能性がある場合は買取業者やリサイクルショップに見てもらうことをお勧めします。人気のある商品であれば高く売れる可能性もありますが、有名ブランド以外は値段がつかないケースも多いです。オーダーメイドのようにお金をかけて作ったものでも、ブランド力がないと価値はほとんどありません。

家電の処分費用相場と注意点

家電の処分方法はたくさんあるので、自分たちにとって何が一番最適なのかを判断する必要があります。選択肢が多いので迷ってしまうことも多いですが、早めに準備を進めておけば慌てることはありません。

 

最近一番選ばれているのは新しく家電を購入するお店に引き取ってもらう方法です。この方法だと処分にかかる費用が発生しないこともありますし、お店によってはキャッシュバックや割引を適用してくれることもあります。積極的に引き取りを行っている店舗もあるので、まずはリサーチしてみるのがお勧めです。

 

ネット通販でもキャッシュバックや割引のようなキャンペーンを行っているお店もあるので、タイミングが合えばネット通販を利用してみるのも良いです。処分する家電を購入したお店に相談することも可能なので、知識がなくてまったく分からない場合はまず購入元に問い合わせてみるのが一番確実な方法かもしれません。

 

先ほども少し触れましたが、家電リサイクル法というものがあるので、捨てようと思っているものが対象品目に該当するのか確認しなくてはいけないです。対象となるのは主にエアコンやテレビ、冷蔵庫や洗濯機や乾燥機です。このようなものを捨てるときは必ず回収方法を確認をします。

新しい製品を購入する場合はそのお店に相談して処分方法を決めると良いです。処分のみの場合は購入元に問い合わせるか自治体に問い合わせをします。

 

他には家電リサイクル券を購入して、引き取り場所に持っていく方法があります。家電リサイクル券は普段購入しないものなので、どこで売っているのか分からない人も多いです。

実は家電量販店や小売店をはじめ、郵便局でも販売しています。郵便局の場合は振込で料金を支払い、指定引取場所に直接持ち込む方法もあります。回収してもらうのとは違い、指定の引き取り場所まで自分で持っていく必要があるので手間がかかります。トラックを持っている場合はお勧めできる方法ですが、それ以外の人にはあまりメリットはないかもしれません。

 

家電も回収業者を利用することができますが注意点もあります。回収業者の中にはルールを守らず活動しているケースもありますし、何でも引き取りますと言って価値があるものを持って行ってしまうことも多いです。今はオークションアプリやフリーマーケットアプリで簡単にものを売れる時代です。売ればお金になるものも無料で渡してしまうのは勿体無いです。

 

売却するものはないという場合は不用品回収業者に依頼するのが良いです。不用品回収業者に家電の処分を依頼する場合は大体の費用を知っておいたほうが良いです。

冷蔵庫

冷蔵庫は容量によって費用が変わりますし、業者によっても料金は様々です。一般的には6000円前後が相場です。

洗濯機

洗濯機も縦型やドラム式などで微妙に費用が異なります。5000円くらいが相場なので、1万円を超えると少し高いかもしれません。

テレビ

テレビは大きく分けて二つあります。ブラウン管テレビの場合は大体3000円前後で液晶テレビも4000円前後です。

電子レンジ

電子レンジはサイズも小さいので1000円くらいが相場です。他にも引き取るものがある場合は電子レンジはサービスで引き取ってくれることもあります。

掃除機

掃除機も電子レンジと同様で大きなものではないので、大体1000円前後が相場になります。

 

ここに記載した費用は相場なので業者によって費用は変わります。なるべく安く抑えたい場合はインターネットの一括見積もりなどを利用したり、口コミなどを参考にして比較するのがお勧めです。自分で出来ることは自分でやっておくことで費用を抑えることも可能なので、時間があるときに作業を進めておくと良いです。

オススメの処分方法

不用品回収業者

不用品回収業者は連絡一つで自宅まで引き取りに来てくれるのが最大のメリットです。最短即日、遅くても3日以内には自宅まで来てくれるので急いでいるときは便利です。家具や家電は重いものが多いですし、自動車がないと持ち込むことも出来ません。自動車を持っていない場合は不用品回収業者に依頼するのがお勧めです。

 

不用品回収業者の中にはルールを守らないグレーな業者もいるので、信頼できるところなのかという点がとても大事です。利用する前は評判や口コミを探してみたり、知人に利用したことがある人がいる場合は利用してみた感想を聞いてみるのがお勧めです。

引越し業者

引越し業者は引越し作業と同時に不用品を処分してくれます。引越しする時は多くの人が引越し業者を利用するはずです。一緒に作業してもらえば時間短縮になりますし、引越しとセットで料金が割引になることもあるのでメリットは多いです。

 

料金は引越し業者によって違うので、詳細は事前に確認しておく必要があります。ホームページなどを見ると大体の相場が記載されているので、処分をお願いする場合はチェックしておくと良いです。

リサイクルショップ

リサイクルショップは家具や家電、貴金属や洋服まで何でも買い取ってくれる便利なところです。ブランド品であれば高価買取が期待できますし、中古でも人気がある製品や希少で付加価値があるものであれば高く売れる可能性があります。リサイクルショップによって得意なジャンルが異なるので、家具や家電を持っていく場合は家具や家電が得意なお店を選ぶと良いです。売り場を見たときに家具や家電のコーナーが目立つところに設置されていたり、スペースを広く取っているとそのお店は力を入れている証拠です。

 

大きな製品を持ち込むのは大変なので、事前に連絡をして買い取り可能なのか、大体の相場はいくら位なのかという点は聞いておいたほうが良いです。何でも買い取ってくれるリサイクルショップですが、汚れがひどいものや悪臭が発生しているものは常識的にNGです。購入した時の金額が高額でも、今の時代に合わないものだと買い取り金額が大きく下がることもあるのでその点は理解しておかなければいけません。

まとめ

引越し時は不用品を捨てるチャンスですが、正しい方法で処分しないといけないですし、効率良く作業を進めるためには知識も必要になります。処分方法は一つではないので、今住んでいる地域や家族構成によって最適なものを選ぶのがお勧めです。

 

新生活を気持ち良くスタートさせるためには引越しの時の準備がとても大事です。早めに行動を起こして準備すれば引越しの時に慌てることがないですし、今あるものを売ってお金に変えることも可能です。リサイクルショップやアプリなどで不用品をお金に買えることが出来れば、引越しのお金にすることも出来ます。

不用品となった暖房器具の処分方法とは?自治体によって違いも

主な処分方法

遅かれ早かれ暖房器具も劣化していき、いつかは使えなくなってしまいます。もしくは新製品を購入して、古い方を使用しなくなるケースも多く見受けられます。
いずれにせよ、その場合は処分をすることも視野に入れなければなりません。しかし、どうのように廃棄すれば良いのか分からないという人も見受けられます。そうであれば、基本的に以下に示す4つの方法を検討してみましょう。

粗大ゴミとして自治体に出す

具体的な手順などは自治体によって異なりますが、窓口に連絡をして依頼をするのが一般的です。この場合は品目やサイズを伝えることで、回収する日時や費用を告げられるでしょう。受付番号も伝えられるので、それを紙に書いて貼り付けておくのが一般的です。

 

分解した粗大ゴミを紐で縛って、分かりやすい位置に貼り付けておきます。かなり細かく分解できた場合は、大型のポリ袋に入れておき、そこに貼るようにしてください。ただし、これらの方法は自治体によって異なるので、依頼をする際にしっかり確認しておくことが重要です。

 

日時に関してはかなり先になってしまうケースも見られます。自治体の回収スケジュールに従う形になるので、早くしてほしいと要求しても通らないことがほとんどです。自分で自治体の廃品処理場に持ち込めるなら、回収を待つよりも早めに処分してもらえる場合もあります。いずれにせよ予約が必要になる点は変わらないので気を付けましょう。

家電を購入した店舗で引き取ってもらう

購入した店舗に相談すれば引き取ってもらえる場合があります。ただし、法律的に店舗が義務を負っているわけえはないので、断られる覚悟もしておきましょう。

 

店舗側には処分の費用がかかるため、基本的にはある程度の値段の製品を購入するケースのみ通用します。電池を買ったぐらいで頼んでも拒否される可能性が非常に高いです。同じジャンルの暖房器具を購入すると話が通りやすいでしょう。「新製品を買いたいけれど、持っているけど処分が面倒だから迷っている」というように相談するのです。そうすれば、購入してほしい店舗側が解決策として提案してくれることを見込めます。

リサイクル店に持っていく

リユースという言葉が流行っており、中古市場は以前よりも活性化しています。そこに目を付けて、リサイクル店に持っていくのも一つの手です。自分で持ち込むことが基本ですが、電話やメールで連絡すると取りに来てくれるリサイクル店も少なくありません。いずれにせよ、査定をしてもらう必要があるので注意してください。

 

その結果、状態が悪いと判断あれて買取を拒否される可能性もあります。たとえ売れたとしても二束三文にしかならないこともあるでしょう。しかし、もともと廃棄するつもりであったなら、わずかにでも収入が得られるのは喜ばしいことです。反対に、とても状態が良い製品であれば、半額程度で買い取ってもらえるケースもあります。

 

また1つの店舗だけでなく、いくつかの店舗に見積もりを依頼することも重要なポイントです。店舗によって驚くほど買値に差がつくこともあるので、最も高いところを選ぶようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する

ゴミを処分してくれる組織は自治体だけではありません。事業として不用品回収を行っている業者も、希望を伝えればしっかり対応してくれます。こちらの場合は電話をするだけで、即日対応してもらえるケースも珍しくありません。費用が発生することに注意が必要ですが、事前に見積もりを頼んでおけば、高すぎて驚くような結果にはならないでしょう。

 

少しでもコストを下げたいなら、相見積もりをとって一番安いところに依頼してください。大きな暖房器具の処分に負担がかからないこともメリットです。どれだけ大きくても家の中まで取りにきてくれるので、基本的には依頼者の力仕事は発生しません。マンションやアパートで暮らしていると、ゴミの収集場所まで運ぶのが大変なケースもよくあります。

処分方法に注意が必要な暖房器具

暖房器具のなかには廃棄に注意が必要なものも存在します。うかつに廃棄しようとすると、注意を受けたり事故が起こったりするケースもあるので気を杖ってください。少なくとも以下の3点については詳しく把握しておくことが大事です。

石油ストーブ

こちらは灯油を燃料として空気を暖める暖房器具です。そのため、処分のタイミングで灯油が残っているケースもあるでしょう。可燃性の液体であるため、回収後の工程において何らかの原因により着火すると非常に危険です。そのため、残った分を必ず処理してから廃棄するようにしてください。中身が全く残っていない状態で捨てることが望ましいです。

 

ただし、安易に抜いて良いというわけではありません。特に電池を使用する石油ストーブについては警戒しなければなりません。着火の恐れを考慮して最初に電池を取り外しておくことが大切です。さらに、灯油を排水口に流してはいけない点も覚えておきましょう。

 

最も簡単な処理の方法は、季節に関係なく使い切ってしまうことです。それが難しければ最寄りのガソリンスタンドに相談してみてください。無料のケースもありますが、有料であることを想定してお金を持っていったほうが無難です。有料だからといって川などに捨てないようにしましょう。

オイルヒーターはオイルを抜かなければいけない場合も

一般的にオイルヒーターに関しては、オイルを抜かなくても処分してもらえるケースが多いです。しかし、必ずしもそうとは限らないことを理解しておく必要があります。なぜなら自治体によってはオイルを抜くことを義務付けているケースもあるからです。そのため、回収を依頼するときに自治体のルールを確かめておくことが大切です。

 

もし抜く必要があると言われたら、本体のパネルの横を見てください。その下の方にあるネジを回して外すことで、内部の機構を確認できるようになります。ヒーターの部分にオイルが入っているので穴を開けて排出させなければなりません。

その際に電動ドリルなどの工具が必要になるケースもよくあります。うまく穴を開けられたら床にこぼれないように、新聞紙などで吸い取るようにします。それらを自治体の指定するビニール袋に入れて、燃えるゴミとして捨てると良いでしょう。ただし、これはあくまでも一般的な処分の方法です。

自治体によってはカイロの捨て方さえ違う

上記のように、自治体ごとにゴミの廃棄の方法はさまざまです。一般的な方法を知っていても通用しないケースがあることを知っておかなければなりません。

 

たとえば、燃えるゴミと燃えないゴミというカテゴリすら違う場合もあるのです。したがって、実際に自治体に尋ねないと正しい廃棄の方法は分かりません。自治体が配布しているパンフレットなどに記載されていることも多いです。町内会の会長や副会長に問い合わせてみることも有効でしょう。ただし、いずれの場合でも基本的には中身を出さずに処分することになります。

不用品回収会社に依頼するメリット

不用品回収が便利だと知っていても、具体的なメリットまでは把握していない人も多いです。具体的なメリットは以下の3点なので、これらの恩恵が自分にとって大きいか検討してみましょう。

引取りに来てくれる

自分で持っていかなくて良いことが最大のメリットです。たいていの業者は電話を1本入れるだけで、すみやかに回収に来てくれます。その日の都合が悪いなら、あらためて日時を指定するとそれに従ってくれます。他のゴミも持っていてもらいたいので、急に来られると困るという人もいるでしょう。分別する時間が必要だと考えているとそう感じてしまいます。

 

しかし、分別をしなく良いこともメリットとして挙げられます。自治体のような細かなルールを設けているケースが少ないからです。たとえば、暖房器具の他に衣類や玩具などのゴミがあっても、そのまま引き取ってもらえます。

家事や仕事で忙しい人は非常に助かりますし、自分や家にダメージを負わせることも防げます。不用品回収業者は床や壁をしっかり養生してから作業するので、傷つけられてトラブルになるリスクも少ないです。

その場で買い取りしてくれる業者も

不用品回収というと単純に処分してくれるだけの業者だと思っている人もいます。しかしリサイクル店のような機能を持っているところも少なくありません。まだ使えそうな物があった場合、買値を付けてくれることも多いです。有料で引き取ってもらうはずが、逆にお金をもらえると非常に嬉しいでしょう。

 

お金をもらえなくても、引き取りの料金と相殺されて無料になるケースも珍しくありません。もちろん予想以上に高い値が付くケースも見受けられます。たとえば、暖房器具がとても古くてスペック的には値が付かない場合でも、アンティークとして価値を認められる場合もあるのです。したがって、依頼するときに買い取りに対応しているのか確認してみると良いでしょう。

 

対応している場合はホームページに記載しているのが一般的なので、連絡をする前に目を通しておくとスムーズに依頼できます。

オイル抜きや配線外しをしなくて良い

分別以外の煩わしい作業をすべて省略できることもメリットの一つです。前述のように、暖房器具によってはオイルを抜かなければならないケースもあります。その他にも配線を外すような作業が発生するケースも珍しくありません。

 

DIYなどに慣れている人であれば問題なくても、工具を家に置いていないような人にとってはハードルが高いです。必要であることは理解していても、それが面倒でなかなか廃棄できないという人も多く見受けられます。不用品回収を依頼すれば、そのような作業を自分行う必要がありません。

 

業者は店に持ち帰った後に実施しておいてくれるからです。目の前でやってもらわないと心配なら、事前にそう伝えておくと良いでしょう。いずれにせよ、自分で済ませておくように言ってくる業者はほとんどありません。

まとめ

暖房器具は処分が難しいアイテムの一つです。そのため、むやみに増やすのは避けたほうが良いですが、生活の状態によっては購入せざるを得ない場合もあるでしょう。

 

たとえば、結婚や出産など家族が増えるタイミングで必要になることが多いです。そして、子どもが独立した場合などに不要になるケースも同様に多いのです。そうなってから困らないように、事前に処分の方法を確認しておくことが重要です。粗大ゴミとして捨てるのが基本ですが、何らかな事情によって不可能な場合もあるでしょう。

 

高齢になって力仕事が不可能な場合や単純に時間が足りない場合などもあります。どのような方法があるのか知っていれば、自分に合った最適な手段を選択できるので、まずは正しい知識を身につけることから始めましょう。

横浜でゴミ出しマナーをしっかりしないとトラブルになります。

横浜で不用品回収を行なっているナナフク横浜です。

今回のお役立ちブログはゴミを捨てる時の方法ご説明いたします。

ゴミ出しを行うにはしっかりとルールが有ります自治体によりルールが違いますが、必ずのっとって行いましょう。ゴミを出す時の方法を間違えると近隣の方とのトラブルになる可能性が有りますのでぜひ気をつけてください。

例えば大型ゴミや不燃ゴミ、小型家電などを一緒にごちゃまぜにして捨てたら絶対にダメです。またゴミ置場スペースを超えて許容以上のゴミを捨ててしまうと一般廃棄物のパッカー業者が持って行ってくれない可能性が有ります。一度に多くのゴミをゴミを出しすぎると大変になってしまいますので気をつけてください!

分別は守れる方が多いのですがゴミの出しすぎに関してはあまり気にされていない方も多いのでお気をつけください。

また夜間や早朝のお時間にゴミ出しや割れ物をだしてしまうと騒音がなりますのでお気をつけて捨ててください。

・捨てれないゴミや・大型ゴミなどは不用品回収業者で相談しましょう。

自分で捨てれない家具や家電製品分別できない、袋ゴミはわからない場合は不用品回収業者に一度ご相談しましょう。分別方法のわからないものは安心して相談できますのでおまかせください。

また業者によっては口コミを確認して依頼しましょう!!