pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

中原区で不用品買い取り作業をしてきました

こんにちは、ナナフク横浜の田中です

本日は中原区での作業に行かしてもらいました

今回、私たちのような不用品買い取り業者を頼まれるのは初めてだったようで心配されていたのでお客様と、相談しながら、話し合った結果

まずは2トンショート1台積み切りプランで、どのくらいお荷物が減るのかを把握してもらう為やってもらいました!

当日、大きい荷物から出させてもらい、お客様のお困りの物も処分できて、大変満足してもらいました。(^◇^)

また、その後も追加作業で2トンショートトラック1台分追加でご契約をいただけました。

何よりもお客様が安心してくださった事が嬉しかったです\(^o^)/

ありがとうございました!(^◇^)

 

作業金額 ¥110.000

作業時間  3時間

作業人数  2名

使用トラック 2ts1台積み切り作業

今回はご依頼ありがとうございました。

 

藤沢市で不用品回収作業を行ってきました。

こんにちはナナフク横浜です。

 

今回の作業報告は藤沢市にて不用品回収作業を行ってきましたので

ご実家のお片づけのお見積りに行かせて頂きました。

かなりいらないものがあるとの事だったのですが

ご両親に確認しながらの作業になるという事だったので

何回かに分けて行う事をおススメさせて頂き2ts積み切りでご契約となりました♪。

作業終了後2回目の作業も予約していただきました。

合計3回程作業行い全作業終了となりそうです(^-^)

 

作業金額 ¥110.000

作業時間  3時間

作業人数  2名

使用トラック 2ts1台積み切り作業

今回はご依頼ありがとうございました。

 

 

高津区にて不用品回収作業を行ってきました。

こんにちはナナフク横浜です本日の作業報告は

高津区にて不用品回収作業を行ってきました。

ご依頼主様は実家に引越しする事になり、

お見積りのご依頼をくださりました。

荷物の量も2tsトラック1台分程でした。

リユース品も多数ありましたのでお値引きもさせて頂きました。

(工具類・食器)

作業金額 ¥72.600

作業時間  3時間

作業人数  2名

使用トラック 2ts1台

今回はご依頼ありがとうございました。

 

 

不用品回収の費用を節約!家具は解体で安くなる?

不用品回収の費用は安くできる

引越しなどをおこなったときや家具の買い替えなどおこなったときに不良品が出ます。そういったときは、不良品回収業者などを利用すると良いです。タンスやベッドなどの大きな不良品は、処分をするのに費用がかさみます。このような大型の不良品はどこに捨てればよいのかわからない方も多いので、粗大ごみの回収を安く済ませる方法など紹介していきます。

家具の解体

大型の粗大ごみを捨てるときに安く済ませるには、解体をして小さくする方法があります。ベッドやタンスや家具の解体をして小さくしてから通常のごみとして捨てれば、そんなに費用がかからなくて済むのでおすすめです。

リサイクルショップ

解体に時間や労力がかかるのが嫌な方には、リサイクルショップへ出す方法をおすすめします。リサイクルショップで買い取ってもらえたら、そのぶん現金が手に入るのでおすすめです。最近ではリサイクルショップで軽トラなどを貸し出していることがあるので自家用車に粗大ごみが乗らなくて運べない場合は、軽トラを利用するのも良いです。

 

状態が良いものなら高額で買い取ってもらえることもあるので、一度利用を検討してみるのも良いです。家まで来て査定してくれるリサイクルショップなどもあるので、わざわざ持って行かなくても、どれくらいで買い取ってもらえるかわかるのでおすすめです。

オークションやフリマアプリ

オークションやフリマアプリを利用してタンスやベッドなどやいらなくなった家具などを販売する方法もおすすめです。フリマアプリは最近たくさんのユーザーがいるので、売買できる可能性がありますが、送料などかかるので、その点も考慮した方が良いです。

数が少ないなら自治体に出す

数が少ないなら自治体に出す方法もおすすめです。自治体によって料金が違うので、一度確認してから依頼すると良いです。自治体では、家まで取りに来てくれる場合と、自分でクリーンセンターなどへ持ち込む場合などさまざまな方法があるので、各自治体に問い合わせしてから処分をすると良いです。

一般的な解体方法

粗大ごみを解体すると、ごみを捨てるときにかかる費用を抑えることができます。手間や時間がかかりますが、コストをかけたくない方におすすめの方法になります。大きな家具を小さくして一般ごみとして出すのですが、自治体によっては、ごみ出し方が変わってくるので、確認をしてから出すようにすると良いです。また不良品の業者に依頼したくない場合なども自分でおこなうことをおすすめします。

タンス・棚

タンス・棚の解体方法は、電動のこぎりを利用すると良いです。電動のこぎりなら、素早く家具を分解することができて、手間や時間がかからないのでおすすめです。小さな棚やタンスなどは、普通のこぎりを使って手で小さくすることも可能になりますが、大きな家具やたくさん家具がある場合は、手動だと疲れてしまうこともあるので、大きさや数などで電動のこぎりにするか普通ののこぎりにするか決めると良いです。のこぎりには種類があり、木工用と金属用があるので用途に合わせて選ぶ必要があります。

 

タンスや棚の場合は、木工用のこぎりが良く、ホームセンターなどで購入することができます。電動のこぎりにも種類があり、レシプソーは、チェーンのこぎりのように大きな音が出ないので、自宅で解体するときにおすすめです。刃の動きのはやさなどを調節することができるので、電動のこぎりを使うことが初めての方でも利用することができます。

デスク

デスクを解体するときは、学習机のような木製のデスクなら解体することが可能になります。子供が大きくなって学習机がいらなくなった場合、不良品業者に依頼すると費用がかさむ場合があるので、自分で解体すると良いです。机本体からはずせるものは全てはずして、ドライバーを使用してネジをはずしていきます。接着剤でついている部分はハンマーなどでたたいではずすと良いです。必要に応じてのこぎりなどを使用すると解体することが可能です。

ベッド

ベッドも解体することができます。マットレスなどは粗大ごみに出すしかないのですが、ベッド本体は解体して小さくすることが可能になります。まず組み立て式か確認をします。組み立ての部分をすべてはずして、電動のこぎりなどを使用してごみ袋の中に入るくらいの大きさにカットして解体していきます。

 

ベッドや棚・タンスなどの大型家具は、解体するときはかなり大変なので、知人や家族の方に手伝ってもらうようにするとスムーズに作業をおこなうことができます。また木くずなどがたくさん出るので、ブルーシートなどを用意してそのうえで作業すると後の掃除も簡単になるのでおすすめです。

 

大型家具の解体はのこぎりやハンマーなどを使用することが多いので、細心の注意をはらって安全に作業をおこなうようにすることが大切になります。このように大型家具は自分で解体することが可能なので、ごみを捨てる費用を抑えることができます。
休みの日などを利用したり、自分があいている時間におこなえることも利点になります。

解体の注意点

タンスやベッド・デスク・棚などの大型家具は、自分で解体するととても大変で労力がかかります。電動のこぎりなどになれている方なら良いのですが、初めて電動のこぎりを使用する方などは、かなり難しい作業になる場合があります。

工具費の事も考える

工具費の事も考えることも重要になります。もともと自宅にのこぎりや電動のこぎり・ハンマーなどのツールがあれば良いのですが、そのようなツールがない場合は、新たに買うようになるので、購入にかかる費用を考えたら、プロの不用品回収業者に依頼することも選択肢のひとつです。

作業の際、怪我に気をつける

自分で解体するときには作業の際、怪我に気をつけることが何よりも大切になります。なれない作業になるので、細心の注意を払って一人で作業をせずに誰かと一緒に作業をすると安心です。電動のこぎりを使用する際には、大きな音が出る場合があるので、日中に作業をおこなうようにする必要があります。

 

近隣への迷惑がかからないようにする配慮も必要になります。室内で作業をすると木くずなどのごみがたくさん出るので、屋外での作業が好ましいです。また室内だと作業のスペースが限られているので、狭いところで解体の作業をすると危険を伴うこともあるので注意が必要になります。

家電は解体しない

家電は解体しないようにすることです。冷蔵庫やテレビなどの家電は家電リサイクル法があるので、一般のごみに出すことができないので注意が必要です。家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から出たテレビやエアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などが対象になり、有用な部分をリサイクルして廃棄物を減量させる目的と資源の有効活用をする目的があります。
家電リサイクル法では費用が発生するので、不法投棄が問題になっています。

 

このような家電を回収する方法は、新しい製品に買い替える場合は、購入する店舗で引き取ってもらいます。お店ごとで引き取りの方法が違ってくるので、家電を購入するときに確認することが必要になります。新しい家電の買い替えではなく、処分だけおこないたい場合は、処分する商品を購入したお店に引き取ってもらいます。購入したお店がどこだったかわからない場合や、そのお店自体がなくなっている場合などが、自治体が案内する方法によって処分することが可能になります。その他には、指定取引所に直接持ち込んで処分する方法もあります。

 

回収を依頼した場合は、指定した日時に業者に来てもらって家電リサイクル券に必要事項を記入します。回収業者への引き渡しの際に、家電リサイクル券の控えが渡されるので、お店や家電リサイクル券センターのホームページでリサイクルの状況を確認することができます。処分にかかる費用は決められていて、テレビの大きさや液晶かプラズマなど細かく分かれています。

無理だと思ったら不用品回収業者に依頼

無理だと思ったら不用品回収業者に依頼をすることをおすすめします。不用品回収業者に依頼をすると、重たい家具を運ぶ必要もないので、手軽に不用品を処分することができます。不用品回収業者はたくさんあるので、いろいろなところから見積もりを出してもらってから依頼をする業者を選ぶようにする必要があります。

 

見積もりを無料でおこなっている業者もあるので、そういった業者に依頼すると良いです。口コミなどの評価もチェックして、口コミが良いところに依頼することで、トラブルなど起きないのでおすすめです。不用品回収業者に依頼するメリットはたくさんあります。日時の調整ができるので、自分の都合が良い日に回収を依頼することができます。自治体などで回収できない不用品も回収してもらえるので、とても便利です。自宅まで粗大ごみを取りに来てくれるので、手間が省けることもメリットになります。

 

プロなので、不用品の回収作業もスムーズにおこなうことができるので、粗大ごみなどが出た場合は、不用品回収業者に依頼すると、簡単に処分することができます。

まとめ

引越しなどで出た大型の家具などを処分するには、自分で解体をして一般のごみに出す方法や、不用品回収業者に依頼をする方法・自治体に依頼する方法などたくさんあるので、一番良い回収方法を選ぶと良いです。費用を抑えたい方は、自分で解体をすると良いですが、危険をともなったりすることもあるので、気をつける必要があります。

 

新たに解体するツールを購入すると費用がかさむ場合があるので、きちんと見極めることが重要になります。不用品回収業者は、ごみの搬送などの作業をすべておこなってくれるので、手間がかからないことがメリットになります。忙しくで自分で解体する時間がない方やのこぎりなどが使えなくて解体できない方などにおすすめです。

 

エアコンやテレビなどの家電は、リサイクル法があるので処分するときは、注意が必要です。ラジカセやCDプレイヤー・ドライヤーなどの小型家電は、市町村のごみに出すこともできるので、処分したい方は市町村に確認してから処分をすると良いです。

不用品回収と遺品整理は何処が違う?業者毎の特徴を一挙公開!

不用品回収と遺品整理の違い

故人が生前に持っていた品の多くは使われなくなります。そのため、それらは不用品に該当すると考える人もいるでしょう。一方、遺品という呼び方をすることもあり、どのように扱うべきか迷ってしまうケースも見受けられます。正しく処分をしたいなら、不用品回収と遺品整理の違いを最初に把握しておくことが大切です。

不用品回収とは

文字どおり生活や仕事などで不用になったものを回収するサービスです。ただし、一口に回収といっても有償と無償の2種類があるので注意しましょう。また、金銭的な観点で価値があるアイテムに関しては廃棄の対象にはならず、買い取ってもらえるケースも少なくありません。言い換えると、今後他の人に売れる可能性があるものは無償回収や買取の対象となり、それ以外に関しては有償回収の後に処分されることになるのです。

 

また、有償と買取が混在しているようなケースでも、それらを差し引きした金額の支払いを行います。事前に見積もりをとることが一般的であり、それに不満がある場合は断ることも可能です。ただし、業者によって規約が異なるため、最初に確認しておくことが重要になります。

遺品整理とは

こちらもその名のとおり、故人が残した品々を整理する作業を指します。手記のようなプライバシーに関わる私物も対象であり、それぞれに合った方法で対応しなければなりません。たとえば、大切な想い出に違いないと判断できる写真や、家族への想いが感じられる手紙が見つかることもあります。その場合は、処分してしまうのではなく、しっかりと遺族に手渡しするなどの配慮が必要です。

 

廃棄しても構わないと合意のとれたものだけ処分し、それ以外のアイテムは形見として残します。そのなかにエンディングノートのような故人の意思が分かる資料があれば、そちらも最大限に尊重しながら作業を進めていきます。このように、不用だからといって、それだけ切り捨てることは基本的にありません。

不要品回収業者の特徴

不用品回収を依頼したくても、実際には我慢して自分で対処する人が多くいます。その理由は、具体的にどのようなメリットがあるのか分からないことです。自治体の回収サービスを利用するより利便性や経済性の面で優れています。少なくとも以下に挙げる特徴についてしっかり把握しておきましょう。

大抵の物は処分してくれる

自治体に回収を依頼しても断られてしまうケースは珍しくありません。公式ホームページをチェックすると分かりますが、対応できる品目が細かく分類されています。それらを眺めたときに、自分の手元にある不用品がどのカテゴリに属するのか判断しにくいことも多いです。

勘を頼りにカテゴリを決めて依頼した結果、該当しないと判断されて回収の対象外になることもあります。もちろん自治体の窓口に問い合わせれば教えてもらえるので、そのような事態を回避する術は残されています。しかし、その分の手間が発生することは確かであり、気分を害する結果になる可能性も低くありません。

 

一方、不用品回収業者であれば、そのようなリスクを心配する必要はありません。なぜなら、引き取りを拒否されるものはほとんどないからです。反社会的なものや法律に反しているものなどを除き、基本的にはすべてを快く回収してくれます。

買取りしてくれる場合もある

上述のように、回収の方法のなかには買取も含まれています。そして、不用品といっても、自分が必要としないだけで他人には魅力的なものも少なくありません。たとえば、歴史のある古銭が物置から出てきた場合、もう使えないので捨てたいと思うこともあるでしょう。

 

しかし、それらは古銭の収集家にとっては非常に価値のあるものかもしれません。その可能性に気付いても、わざわざ鑑定業者に依頼するのは面倒だと感じやすいです。不用品回収業者であれば、他の品々を回収するついでにそれらの査定も行ってくれます。ですから、不用品回収業者に依頼するタイミングが訪れるまで、とりあえず処分せずに置いておくという方針も選べるのです。

時間が無い人におすすめ

不用品がたまっていくので廃棄したいと思っても、毎日忙しくてその時間を確保できない人もいます。そのようなケースにおいても、不用品回収のサービスはうってつけです。基本的には電話1本ですぐに駆けつけてくれますし、あいにく無理な場合でも日時の指定が可能です。

 

自治体の回収サービスは時間を指定できませんし、運が悪いと1週間ほど待たされることもあるのです。不用品回収のスタッフが訪れたら、後は基本的に任せておくだけで作業は完了します。とても手際が良いので、自分で行う場合と比べると半分以下の時間で済むでしょう。

しかも、その間に自分は他のことをしていても構いません。仕事や家事があるなら、そちらに専念していても大丈夫です。ゴミの収集場所に持っていくような手間も発生しません。そのため、時間だけでなく体力の節約にもなります。

遺品整理業者の特徴

遺品整理は、単純に物品の処分を目的とするものではありません。あらゆる面で故人や遺族に気を使って行われる作業であり、大切な儀式といっても大袈裟ではないでしょう。とはいえ、具体的な特徴を知らないと依頼しにくいことも事実です。どのようなメリットがあるのかチェックしておきましょう。

物の扱いが丁寧

遺品は故人の想いや経験が宿っているものです。たとえ処分するとしても、その位置づけは決してゴミと同様ではありません。そのため、遺品整理業者はそれらを乱雑に扱わないように配慮しています。不用品回収でも丁寧に作業が行われますが、それはあくまでも依頼人の住まいを傷つけないようにするためです。もし傷を付けると修理費用が発生する事態になるでしょう。また、買取後の販売を視野に入れて商品価値を落とすわけにはいきません。

 

つまり、あくまでも業者側が不利にならないようにする考えがベースにあります。廃棄か決定している物品に関しては、運び出した後は特に丁寧に扱わなくても大丈夫です。それに対して遺品整理で丁寧に扱う理由は、故人や遺族を尊重するスタンスです。したがって、依頼者が見てないところでも、最初から最後まで宝物に触れるような感覚で作業を進めてくれます。

遺品供養をしてもらえる

上記の内容とも関係しますが、故人への想いは供養という形でも表現されます。遺品をゴミのように廃棄することに抵抗がある人は多いでしょう。手軽だからといって、そのような不遜な行為を遺品供養業者は行いません。たとえば、故人や遺族の想いがつまった品々を焚き上げするケースが多く見られます。もはや不用品回収と同様の物品処理とは思えず、葬儀の一部のように感じても不思議ではありません。

 

故人のものを残したくても、スペースや管理の問題でそうできないケースは珍しくありません。その場合は廃棄という方法を選ばざるを得ませんが、後ろめたい気持ちを感じてなかなか実行できないこともあるでしょう。遺品整理業者に頼めばしっかり供養してもらえるので、そのようなネガティブな感情を抱かなくても大丈夫です。

相続や空き家などの相談を専門家にできる

故人がなくなった後に問題になりやすいのが相続関連の事柄です。また、故人が一人暮らしだった場合や残された配偶者が引っ越す場合は空き家の問題も発生してしまいます。遺品整理だけでも大変なので、それらの対処で苦労することは避けたいという遺族も多いでしょう。

 

遺品整理業者のなかには、このような問題に精通しているところもたくさんあります。ですから、相談することで有益なアドバイスをしてもらえる可能性が高いです。弁護士のような専門家と提携しているケースも多く、素人だけでは対処できない問題も解決できる見込みがあります。ですから、遺品整理を申し込む際にそういった相談が可能か確認しておくと良いでしょう。

 

また、オプション料金を請求される場合もあるので注意が必要です。

まとめ

不用品回収と遺品整理はどちらも非常に便利なサービスです。忙しい世帯が増えていることから不用品回収のニーズは伸びていますし、高齢化社会を迎えて遺品整理の依頼も増えていく一方です。これらをうまく活用することで、自分たちの負担をできるだけ軽くするのは有効な手段といえます。基本的に料金がかかりますが、コストパフォーマンスは決して悪くないでしょう。

 

ただし、正しい知識を持っていないと、どちらに依頼すれば判断できないかもしれません。もちろん共通している部分もありますが、多くの面で違いがあるので気を付けてください。今回紹介した内容をしっかり理解しておけば、自分に必要なサービスを選択できるようになります。

 

いずれも依頼から実施までの流れは迅速ですが、混みあっているか可能性もゼロではありません。そのため、依頼することを決めたら、できるだけ早めに連絡することが望ましいです。最大限に活かせるように心構えを事前にしておきましょう。

横浜市西区にて不用品回収作業を行ってきました

こんにちはナナフク横浜です。

今回の作業報告は横浜市西区にて不用品回収作業を行ってきました。

誰も住まわなくなった空き家の回収作業でした。

息子様からのご依頼でお見積りに行かせて頂きました。

リユースできる家具も多くあり総額から¥40000お値引きさせて頂きました。

作業当日は予定より時間がかかってしまいましたが無事終了しました。

最後はフレンドリー写真も撮ってくださりありがとうございました。

不用品回収業者に依頼?引越し後の不用品処分方法を公開!

引越し後の不用品に困る人は多い

引越しをしてから不用品に困り処分に頭を悩ませる、そういうケースは思いの外多いといえます。

新居のレイアウトに合わない家具

新居のレイアウトに合わない家具は、事前にレイアウトの確認が不足していたり、イメージと実際の組み合わせがマッチしない場合に不用品に変わります。結局、引越し後に買い換える羽目になってしまうので、不用品を処分する手間に加えて処分費用や買い替え費用が嵩みます。

 

全て小サイズの家具で揃えたり、家具の数を普段から少なめに抑えておけば問題は起こりませんが、コーディネートに不満を覚えれば結局は同じです。その為、家具は引越し先の新居にマッチするかどうか、念入りに確認して扱いを決める必要があるでしょう。可能なら新居に足を運び、家具に近いサイズのダンボール等を持参して、レイアウトの配置を考えておくと安心です。

 

しかし現実にそれは難しいですから、やはり完璧な引越しというものはなく、新居で暮らし始めてから不満が生じて家具の処分に至るケースも出てくるわけです。

包装していたダンボール等

包装していたダンボール等は、引越し後には殆どが不用品になるので、荷物が多く箱の数が多いと処分に困ります。広げてフラットな状態で保管するにも嵩張りますし、虫が湧くこともあるので注意が必要です。

 

理想は古紙回収のタイミングでまとめて出すことですが、大小大きさが異なるダンボールをひとまとめに処分するとなると大変です。何より荷物を全て出す必要がありますし、開梱作業をしながらの処分になりますから、他にもやることが多い引越し後はダンボールの処分だけで負担が伸し掛かります。

 

しかも、ダンボール以外にも剥がしたテープや緩衝材にビニール袋等、異なる素材のゴミが大量に発生します。分別しないわけにはいきませんし、かといってその辺に放置することもできませんから、現実的には少しずつ開梱しながら処分という形になるでしょう。引越し後の作業で煮詰まった時に誰もが一度は、全部まとめて回収してもらいたい思うはずです。

引越し前の処分忘れ

引越し前の処分忘れは、既に終わっていると思った処分に意識が向かい、また処分方法を確認したり手続きをしなくてはいけないのがネックです。引越し後でも簡単に処分できる物ならまだ良いですが、引越し前に済ませておいた方が断然楽な物については後々、前もって確実にやっておけば良かったと後悔に至ります。

 

引越し前の場所に置き忘れてしまった物は、戻って処分をすることになるか、頼れる人に相談して任せることになるでしょう。いずれにしても、引越し後に処分を忘れていた物に気がつくことは案外ありますし、思い出したり気がつくと気が滅入るのも確かです。
引越し直前になって気がつくケースもありますから、処分すると決まっている物に関しては、早め早めに計画を立てて速やかに処分するのが望ましいです。

 

逆に、引越しの荷物に処分するはずだった物が紛れ込むことも珍しくないので、引越し後は何かとアクシデントに見舞われます。

不用品をなるべく少なくする方法

不用品はできるだけ事前になるべく少なくしておくのがベストで、その為にはいくつかの方法があります。

全体を見通した家具選択

全体を見通した家具選択は、引越し先の空間やレイアウトを考えて、本当に必要かどうかを検討して決めます。家具は大きさだけでなく、質感や使い勝手といった要素がありますから、各ポイントを考慮して取捨選択するのが正解です。

 

大きさは要不用を判断する大きなポイントになるので、最初に優先的に検討して決めることをおすすめします。それにはやはり引越し先の空間を把握することが大前提ですから、広さや奥行きを頭に入れつつ、家具の配置をシミュレーションして取捨選択です。

 

質感は部屋の空間に馴染むかどうか、壁紙や床材との相性や照明との組み合わせを考慮するポイントです。例えば、無機質な空間に鉄等の素材の家具を置くと無機質さが際立ってしまうので、求める方向性に合致するか否か検討する必要があるでしょう。

 

家具は実用性で価値が左右されますから、引越し先で使いやすいかどうかも要検討です。

過度な包装はゴミを増やす原因に

過度な包装はゴミを増やす原因になるので、包装はできるだけシンプルに、必要最小限に留めるのが理想的です。衝撃を受けても壊れにくい物については、包装も緩衝材も少なく済むはずですから、過剰包装をしている場合は見直すのが賢明です。

 

包装は汚れると洗えずに困る紙類や、破損しやすく厳重な梱包が必要な物に手間やコストを掛けるべきです。全ての荷物を一律で同じような包装をすれば、当然ながら過剰に思える物も出てきますし、引越した後に包装だけでゴミだらけという事態になります。だからこそ引越し後に出る不用品を考えながら、本当にその包装は必要か自問自答して決めることが必要です。

 

それから、まとめられる小物は1つの大きな袋等にまとめた方が、後々発生するゴミが少なく済むので処分が楽になります。小物入れがあるならそれに入れるのも1つの手ですし、入れ物がゴミにならずに済むので処分の手間なく一石二鳥です。

処分リストを作成し引越し前に処分する

処分リストを作成し引越し前に処分する、これはスマートな引越しを実現する為に必要不可欠なことです。処分リストは捨てるべき物を一覧にリストアップして、優先順位をつけて1つずつ処分していくやり方です。

 

優先順位が決まれば後は確実に処分するだけですし、無計画に進めるよりも遥かに効率的に処分が終わります。引越し前に間に合うかどうかも見当がつきますし、余裕を持って引越し当日に間に合わせることができるでしょう。

 

処分リストは作成の手間があるので、作成を始めるまでがネックですが、一度始めてしまえばリストの完成も夢ではなくなります。ポイントは全てをリストアップしようとするよりも、大まかにグループ分けして処分の可否を判断することです。また、判断の基準も決めておくと作業が楽になりますから、何年以上着ていない衣類は無条件に処分するといったルールを決めるのがおすすめです。

どの業者に頼む?

不用品を回収業者に依頼する場合は、複数あるいくつかの選択肢の中から検討して決めることになります。

不用品回収業者

不用品回収業者は、種類を問わず何でも回収してくれる便利な選択肢で、任せようと思えばトラックに積めるだけ積み込んで持っていってもらえます。言うまでもなく、必要な物と処分する物は明確に分けて、何を回収して欲しいか伝えることが欠かせないです。

 

不用品の判断を回収業者に任せることはできないので、そこは予め決めておいて依頼することが重要です。不用品回収業者に依頼するメリットは、大型で重たい家具類でも、嫌な顔をせずに持っていってくれることです。中には回収と同時に買取も行う業者もありますから、価値ある物を現金化して、回収費用の負担を抑えることができます。場合によっては売却益の方が回収費用を上回り、不用品がスッキリする上にプラス収支の結果となることもあります。

 

不用品は分別と分類に合わせた処分が必要ですが、不用品回収業者なら分別不要で回収してくれます。

引越し業者

引越し業者は引越しで発生する不用品を回収してくれますが、無料で回収するのは荷物を梱包していたダンボール程度です。包装等の不用品も回収するかもしれませんが、引越し後に要らなくなった家具までは流石には持っていってもらえないです。もし家具を回収してくれるとしたら、それは独自に有料の回収サービスを提供している引越し業者となるでしょう。

 

全ての引越し業者が提供しているわけではなく、あれこれまとめて持っていってくれるかといえば、特定の物に限られるケースが大半です。それも1品1品に有料料金が設定され、しかも価格が高いということもあるので注意が必要です。

 

引越し作業のついでに回収してもらえるなら便利ですし、有料だとしても数点程度であれば懐は痛みにくいので、検討してみる価値はあるといえるでしょう。

自治体の粗大ゴミ

自治体の粗大ゴミは、自治体が回収してくれる便利なサービスで、割と良心的で手頃な料金で済むのが魅力です。ただし、粗大ゴミは特定の日にしか回収を行っていないので、早く処分したい場合には不向きです。それと大型家具を含めて、回収当日に依頼者が指定の場所に運ぶ必要がありますから、重量があって運びにくい物だと大変です。

 

回収はしてくれるものの、来るのは精々住宅の入口までなので、2階から1階に下ろす必要があったり、玄関の外まで運ぶのが難しいと困ります。自治体の粗大ゴミ回収はあくまでも回収のみなので、だからこそ料金はリーズナブルですし、必要な粗大ゴミの移動は依頼者の責任となるわけです。

 

これらを比較してまとめると、ゴミが多く移動も難しい場合は不用品回収業者、ダンボール等の包装類は引越し業者、運べる粗大ゴミは自治体の回収がベストといえそうです。それぞれ一長一短はあるでしょうが、困った時の決め手になり得るのは万能で痒いところに手が届く、不用品回収業者一択となるでしょう。

まとめ

不用品回収業者は引越し後の不用品処分の救世主で、足の踏み場がない状況でも、回収して欲しい物を指定すれば持っていってくれます。家具や梱包資材に捨てるはずだったゴミ等、引越し後に出てくる不用品は少なからずあるものです。不用品は家具の取捨選択や包装の見直しと削減、リストに基づく処分で効率的に処分できます。それでも困った時は、不用品回収業者や引越し業者、自治体の粗大ゴミ回収を利用することになるでしょう。

 

不用品回収業者は有料ですが、ゴミ屋敷のような大量の不用品も回収してくれるので、部屋中をスッキリさせたい場合に便利です。

 

引越し業者は無料でダンボールや包装資材を回収しますが、家具等を持っていってもらおうとすると有料ですし、全ての業者がサービスを提供しているわけでもないです。

 

自治体のゴミ回収は料金が手頃でベッドやタンスも回収してくれますが、回収場所まで運ぶのは依頼者の仕事なので、大型の重量物の処分にはやや使いにくいです。

 

このように、選択肢によって向いている用途がありますから、特徴を把握して使い分けるのがベストでしょう。総合的には不用品回収業者ですし、最後の最後に頼れる味方となります。

不用品回収業者に注意?優良業者と悪徳業者の見分け方

不用品回収詐欺とは?

廃棄物の回収に関しては、行政がリーダーシップをとって様々な施策を行っています。その中の一つとして廃品回収があります。以前から廃品回収自体はあったのですが、資源の有効利用という意味合いが強いものでした。

 

現在の不用品回収というのは、環境問題を見据えたリサイクルの一貫です。このような取り組みの主旨に多くの住民が賛同して協力するようになってきました。

 

ただ、このような運動の高まりを利用して様々な悪いことを行うような人達も出てきました。その中で出てきたのが不用品回収詐欺という問題です。このような業者は、多くの人々が協力して作り上げているリサイクルのシステムも破壊するものです。このような業者に引っかからないように注意をしましょう。

多くが多額の請求してくる

素人目から見て正規のリサイクルを行う業者と悪徳業者を区別することは簡単ではありません。このようなことから、図らずも悪徳業者に自分の中の不用品を出してしまうということがあります。

 

悪徳業者の多くは、不用品を手に入れるまでは、後で自分を正当化するために積み込んでみないと料金はわからないなどとあやふやな態度で話をそらすのですが、一旦不用品を手に入れると多額の費用を請求します。

積み込みが終わってからが注意

このような悪徳不用品回収業者の特徴は、不用品を手に入れるまでは優しく言葉巧みに誘いをかけるということです。不用品を出す側も、正規のリサイクルに出すより安い料金で引き取ってもらえるということで、つい業者のトラックまで不用品を持っていってしまいます。

 

悪徳業者は、不用品をトラックに積み込むと急に態度を変え脅し文句の様に多額の回収費用を要求してきます。特に、主婦は怖くなってお金を支払うしかないという状況になってしまいます。

「無料」に注意

基本的に、正規のリサイクルシステムでは製造者と利用者で廃棄物回収の負担を行なおうというのが考え方ですから、不用品を出す際に利用者の負担がないということはありえない訳ですが、悪徳業者の中には、極端な場合には無料で引き取りますなどというようなことを拡声器などで宣伝し不用品を回収しようとします。

 

無料という事はあり有り得ませんので、そのようなことを言っている廃品回収業者は悪徳業者であると思って間違いありません。

悪徳業者の特徴

調べても会社情報が出てこない

悪徳業者の特徴は、自分の連絡先を明らかにしないことです。それは問題が生じた時に自分のところまで警察などの手が及ばないようにするためです。多くの悪徳業者は、自分のホームページを持たないのが普通です。ホームページがあったとしても、連絡先などが記載されていないというものもあります。

 

チラシなどにも連絡先がないというのもよくある話です。連絡先のないホームページやチラシを見た際には、不正な業者であると疑ったほうがいいでしょう。

明確な料金設定がない

正当な業務の際には必ず料金設定があるはずです。料金表などを見て、お願いするかどうかを利用者は判定するわけですから大切なポイントです。多くの悪徳業者は、このような明確な料金設定をしません。

 

なぜならば後で高額な料金を請求する事を正当化するためです。また一応の料金設定はあるのですが、不用品を引き取った後になって、通常の条件には当てはまらないものがあると主張し高額の追加料金を請求するという事例もありますので注意する事が必要です。

 

廃品の引き渡しを行う前に、料金表があるかや料金表に必要な費用の全てが書かれているかなどについて確かめましょう。

空き地などを利用している

不正回収業者の事例でよく見られるものに、空き地などにのぼりを立てて不用品回収を行っているという事があります。廃品回収業者は、許可を得る為に地方公共団体に届けを出さなければなりません。その届けを出す際には、業者が業務を行う住所を示す必要があります。したがって正規業者は空き地などを使用することはありません。

 

このような事から、空き地に不用品回収ののぼりなどを立てて廃品回収を行っている業者があったら、それは不正な業者であると思って間違いないでしょう。

見積もり依頼に応じない

悪徳業者は後になって高額な料金を正当化する為にあらかじめ見積もりなどに応じません。多くの場合には、廃品を受け取った後でなければ分からないというような言い方をします。最終的な処分を行う地方公共団体などでは、どのような廃品をどのような経費で引き取るかということを細かく定めていますので、このようなことはあり得ない訳です。もし見積もりに応じない業者が言うとしたら、それは不正業者であると思って間違いありません。

 

不用品を業者に渡す前に見積もりを請求しましょう。後になって高額な追加料金を正当化できるように、あやふやな見積もりを出す場合もあります。書かれている項目の内容について分からない場合には問い合わせをしましょう。優良な業者であれば、その内容について丁寧に説明を行なってくれるはずです。

 

いずれにしても、業務として様々な事を行うにあたっては料金設定という事は不可欠なものです。業者が利益を得るのは当然の権利ですから、それを明確にしておくということが、優良な業者がであるということの証でもあります。このようなことを示さない業者というのは、何らかの意味で不正な利益を得ようとしている可能性があります。

悪徳不用品回収業者への対処法

事前に見積もりをとる

悪徳不用品回収業者への対処法として、まずやるべきことは事前に見積もりを取るということです。きちんとした対応をするかどうか、明確な見積書が書かれているかどうかでその業者が不正な業者でないかどうかということを判断できます。

 

不正業者であれば、実際に不用品を自分のところに持っていかなければ見積もりは事前にできないとか、見積書は出せないなどということを言うと思います。もし見積もりを断るような業者であれば、最初から相手にする必要はありません。

 

見積書に書かれている内容が不自然であったり、書かれている事項についての質問に回答しないような業者もまともな業者でないと考えられます。その様な業者には回収をお願いしないことにしましょう。

領収書は必ず貰う

次に事後のことになりますが、領収書は必ず貰っておくようにしましょう。何かのトラブルがあった際には証拠の書類となります。法外な金額が要求された際にも、領収書があれば請求された金額が常識的なものかどうかということが後の裁判などで明らかにできるからです。

 

優良な業者であれば、領収書もちゃんとしたしたものを発行してくれます。業者としても、自分がまともな仕事をしたということの証明にもなりますので、領収書の発行を正規の業者が拒むはずはありません。

 

領収書は、ある金額を単に受け取りという事だけでなく、証拠書類としての意味合いを持つこともよく知っておくべきです。

怪しい場合処分方法を聞く

事前のやり取りをしていて少しでもおかしいと思ったら、回収した廃棄物をどのように処分するかということについて尋ねておきましょう。優良な業者であれば、ちゃんとした最終処分場などへ持っていくかリサイクルに回すなどということを回答することができます。

 

悪徳業者の中には、高い値段で引き取った廃棄物を不法投棄などするという輩もいます。そのようなことになっては本来のリサイクルができないことになりますから大きな問題です。不用品を業者に渡す前にそのようなことについて確認しておきましょう。まともな業者であれば、具体的にどこの廃棄物処分場に持っていくことを説明ができます。

優良な業者を選ぼう

優良な業者は明確な料金設定がある

廃品回収業というものをきちんとした仕事と捉え、まともな業務を行っている優良な業者は廃品回収かかる費用について正確に見積もり、様々な廃品に対す明確なる料金設定が存在するはずです。

 

持続的に営業を行っていくためには、不用品を出す側と業者の同意の上で業務を行なわなければならないという原則がありますので、優良な業者を見分けるための一つの目安として明確な料金設定が表示されているかどうかということあります。

 

その際、注意深く見なければならない事に基本的な料金以外の追加料金やオプション価格についても記載がなされているかがあります。

一般廃棄物処理業の許可・古物商の許可を持っている

リサイクルなどを正規の職業で行うためには、地方公共団体の首長からの許可を得なければなりません。その業種に指定されるのは、一般廃棄物処理業と古物商です。回収した廃棄物を処分場などに持って処分を行うためには一般廃棄物処理業の許可が必要になります。

 

また廃棄物をリサイクルして再利用できるような形で販売等を行うというのであれば、古物商の許可が必要になります。優良な廃棄物回収業者であれば、これらの許可証を持っているはずです。ちゃんとした業者であれば、事前にその許可証を示して仕事内容についての説明を行ないます。

 

さらに地方公共団体などのホームページを確認すれば、その地域で廃品回収業者や古物商として許可されている業者のリストがあります。そういった箇所から細かく確認を行うということも大切です。

ネットで評判を調べよう

昨今のインターネットの普及により多くの人達がSNSなどへの書き込みを多く行うようになってきました。このような口コミは、色々な事への評判を調べるのに大変便利なものになっています。

 

優良な業者であれば多くの人達から大変感謝されますし、自分たちが不要になったものを回収してくれるわけですからネットでの評判も評判はいいはずです。

 

また実際はこっちの方が多いのかもしれませんが、逆に悪徳業者であればたくさんの悪い口コミで知られるようになっているはずです。業者の名前で検索を行なうというのがまず大切なことです。そのような検索を行なって悪い評判がないような業者を選択しましょう。

まとめ

ここまで述べてきたように、廃棄物の最終処分やリサイクルに関しては多くの優良な業者がいるにもかかわらず、1部の悪徳業者が酷いことをすることで全体のイメージが悪いものとなっています。ここでは、それに対処するために悪徳業者の特徴やその対処法などについて述べてきました。

 

悪徳な廃棄物処分業者を予め見分けることによって、私達が大きな損害を得るということだけでなく環境問題への寄与を行えるということを考えましょう。優良な業者を積極的に活用するという事で、環境問題の健全な解決を行う事が可能となります。

 

社会全体として非常に大切なことですので、自分個人だけの問題と捉えるのではなく、世の中全体を良くするという立場から考える必要があります。

3月4月のお片づけはナナフク横浜にお任せください!!

皆様こんにちは!ナナフク横浜の竹内です!

皆様3月4月のお片づけはどのようにお考えでしょうか?弊社のような不用品回収業者にも繁忙期というものがあります。お引越しのシーズンになると私どもも連動的にご相談を受ける件数が増えます。そうなると自然と繁忙期価格になる会社もあります。

この時期になりますと、やはり日にちがすぐに埋まってしましますので自然と費用が上乗せになりその費用はもちろんお客様にて負担となりその金額は2倍3倍にもなります。しかしそれがまかり通ってしますのがこのシーズンです。違法な事と思われがちですが、それが世の中の相場となります。

そんな時は弊社ナナフク横浜にお任せ下さいませ!弊社はしっかりとその日の予定をお客様と打ち合わせを行い、空いてる時間のピックアップを行います。そしてお客さまに密に打ち合わせを行い双方に負担の無いような提案を行っていきます。やはりお客様の協力がないとこのようにはうまくいきません!弊社まだ余裕があります!駆け込み需要にも対応できますので是非皆さまご相談くださいませ!

不用品の処分に待った!リユースを活用しお得な不用品処分を

不用品をリユース

リユースと言う言葉が良く使われるようになってきました。これからの社会に欠かせないものですが、具体的に何を指すのか知らない人も多いです。いろいろな面でメリットがあるので、早い段階で正しく理解しておくのが得策です。まずは以下に挙げる具体的な定義を理解することから始めましょう。

リユースとは?

リユースとは英語「Reuse」のカタカナ語であり、繰り返し使用するという意味を持っています。これまで物が不要になったときは廃棄するのが当たり前でしたが、そうせずに何らかの方法でまた使おういうスタンスです。物を作る際に使われる資源は有限であり、むやみに使っていると枯渇してしまうのは間違いありません。本当に廃棄する必要があるものも存在しますが、そうではなくまだ使えるものも多いというのが実情です。

 

たとえば、サイズが合わなくなったという理由だけで服を廃棄する人は少なくありません。その場合、サイズが合う人の手に渡ればまた使ってもらえるようになります。服だけでなく、自動車や書籍などさまざまなものに当てはまる概念です。

 

そう言われると、リサイクルとの違いが分からないという人もいます。リサイクルはリユースよりも以前から広く使われていた言葉であり、同じような意味を持っていますが厳密には異なります。そちらは廃棄物のまだ使用できる部分を抽出して再び資源にすることを指すのです。

まだ使える物はリユースしよう

上記のようにリユースは自然や社会に貢献できる素晴らしい行為です。そのため、物を捨てようと思ったときには、まず再利用できないかどうか検討することから始めてください。いきなり顕著な効果が現れることはないですが、我々の暮らしている地球にとって優しい取り組みであるのは間違いありません。生活しやすい社会を子どもや孫の世代に残してあげる意味でも重要です。

 

リユースは心がけ一つで誰にでも行えることなので、難しく考えず気軽に始めてみましょう。

リユースの方法

リユースが素晴らしい取り組みだと分かっても、どうやって行えば良いのかイメージできない場合もあります。いろいろな方法がありますが代表的なのは以下の4点です。どれも簡単なので、自分にとって都合の良いのものを選べば良いでしょう。

不用品回収業者

不用品の処分といえば、やはり専門の回収業者に頼むのが定番です。しかし、それだと結局廃棄することになるのではないかと心配する人もいます。もちろん廃棄してしまう業者もいますが、近年はリユース品として販売するところが多くなってきました。回収する際に受け取る料金に加え、販売で収益を得られることは業者にとっても大きなメリットです。

 

リサイクルショップを経営しているケースや、リサイクルショップと提携しているケースが多く見受けられます。販売をメインにしている場合、無料で引き取ってもらえることも珍しくありません。それどころか、確実に再利用できそうなものは買い取ってもらえることも多いぐらいです。そのため、いきなり依頼するのではなく、まずは見積もりをお願いしてみると良いでしょう。その他に、出張を依頼したときの手数料なども聞いておいたほうが安心です。

ネットオークション

インターネットで行われるオークションで、毎日さまざまな商品が取引されています。出品者が商品の写真や説明文を掲載し、それを見た購入希望者が値段を付けるというシステムです。あらかじめ最低入札価格を決める場合もあるなど、具体的なルールはネットオークションごとに違います。

 

いずれにせよ、最高の価格を提示した人が落札して次の所有者になるのです。業者やメーカーも出品していますが、自分の所有物を出している一般消費者も多いです。もちろん使わなくなったものを出品しても問題はなく、まさにリユースの取引が行われている現場といえます。ただし、購入希望者とのトラブルを避けたいなら、事前にしっかりと状態を伝えることが欠かせません。

 

また、落札や出品に手数料がかかる場合もあるので事前に確かめておきましょう。出品者や購入希望者のこれまでの取引履歴は公開されていることが多いため、信用できるか相手か確かめるために目を通しておくことも大切です。

フリーマーケット・バザー

いらなくなった物を売る方法として昔から存在するのはフリーマーケットやバザーです。公園や教育施設のグラウンドといった公的なスペースで行われるのが一般的で、事前に申し込むことによって出店できるようになります。

 

基本的には一般的な店舗と同じであり、物を陳列しておいて訪れた人に買ってもらうという形式できます。それによって得たお金は自分の収益となりますが、ボランティアとして寄付することが決まっている企画も珍しくありません。出店に費用がかかるケースも多いため、赤字にならないか事前に検討しておいたほうが良いでしょう。民間団体が開催するパターンもあるので、積極的に探せば自分にとって参加しやすいものを見つけやすくなります。

 

近年ではインターネット上で行われるパターンも増えており、専用のアプリも登場して広く使われるようになりました。

引越しの際は引越し業者に

不用品が多く発生するタイミングとして引越しが挙げられます。住まいの広さやテイストが変わるため、まだ使える物でも持っていかないという判断をするケースが少なくありません。その際の選択肢として引越し業者に引き取ってもらうという手段があります。ただし、すべての引越し業者が対応しているわけではないので注意しなければなりません。

 

また、対応している場合でも追加料金を請求される可能性があります。ですから、引越しの見積もりの際に不用品の扱いについてもチェックしておくことが重要です。リユースを前提とした引き取りを行っているか聞いておきましょう。大々的には実施していなくても、契約することを条件に頼めば引き受けてくれる場合もあります。

リユースする際の注意点

リユースの方法が分かったら、すぐにでも実行したいと考えるかもしれません。しかし、軽率に行うと後悔する結果になる恐れがあります。どのようなリスクがあるのか考慮したうえで、自分に不利にならないような形で取り組むことが大事です。具体的には以下の3点を知っておくと適切に対処しやすくなります。

付属品や説明書も付ける

いくら自分がまだ使えるからといって、他の人も同じように使用できるとは限りません。商品の付属品や説明書がなくなっているようなケースが代表的です。

 

不要と考えて処分した付属品が他人にとっては必要な場合もありますし、使い方が簡単だと思って捨てた説明書が他人にとっては重要な場合もあります。ですから、それらが存在しない場合はリサイクルショップでも引き取ってもらえないケースは多いです。引き取ってもらえる場合でも大きく買取価格が下がってしまうこともあります。これはネットオークションやフリーマーケットにおいても同様なので気を付けましょう。

 

付属品と説明書も商品の一部であることを強く認識して臨むことが欠かせません。自分の収益が減ることも大きなポイントですが、次に使う人が不便にならないようにするという思いやりを持ちましょう。

押し買いには注意が必要

リユースがブームになるにつれ、押し買いを行う悪徳業者が多くなってきました。押し買いとは自宅などに訪れて、価値があるものを強引に安く引き取る行為です。

 

たとえば、貴金属の値打ちが暴落していると告げて、今ならまだ買い取れるといって説得してくるケースが見受けられます。実際には暴落などしておらず、相場の10分の1ぐらいで買われてしまうこともあるのです。対象物に対して十分な知識があれば断れますが、あまり知らないと信じてしまいがちなので注意しましょう。言葉巧みに騙そうとしてくるので、しつこくて困ってしまう場合は消費生活相談窓口に連絡してください。

 

特に高齢者が狙われやすいので、若い家族がいないときに訪問された場合は用心しなければなりません。怪しいと感じた場合は、ドアを開けずインターフォン越しに用件を聞いて断りましょう。

リユース出来なかった時の対処

いくら本人がリユースを希望しても必ずしも実現するとは限りません。たとえば、使わなくなったアナログテレビをネットオークションに出品しても入札してもらえる可能性は低いです。

 

すでに地デジに移行しているため、自分以外にとっても価値のないものになっているからです。そのような場合は、自治体が定める方法で処分するのが一般的となっています。家電製品に関してはリサイクル券を購入して、指定の業者などに回収してもらうシステムのところが多いです。

 

また、不用品の回収業者に頼むという方法もあるので、コストが少ないほうを選ぶと良いでしょう。いずれにせよ、不法投棄をしないように注意してください。リユースの対極にあたる行為であり、自然と社会に負担をかけてしまいます。

まとめ

小学校や中学校の授業でもリユースの大切さが教えられるようになりました。現状では大人よりも子どもたちのほうが詳しいぐらいです。メーカーも製造だけでなく再利用を重視するようになっており、世の中全体がそちらの方向にシフトしつつあります。ですから、まだリユース行ったことがなくても、視野を少し広げるだけで行える環境が整っているはずです。

 

今回紹介した方法以外にも実行の手段はたくさんあります。今読んでいる本があるなら古本屋に持って行けばいいですし、プレイしているゲームがあるなら中古のゲームショップで査定してもらうと良いでしょう。知らないだけで、自分がよく訪れている店も積極的に実施しているかもしれません。重要なのは自分もリユースしてみようという心がけです。