pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

どうやって捨てる?捨て方がわからないゴミの処分のご紹介

捨てたいゴミの捨て方がわからない

家庭で出たゴミの捨て方がわからないことで悩まれる方が多いです。
異素材でできている製品を処分したい場合や、刃物の処分方法・油の処分方法など、特に迷いがちな分別方法になります。自治体によって分別の方法が異なってくるので、わからない場合は自治体に問い合わせることが必要になります。

指定の有料のゴミ袋でゴミを出さないと回収してもらうことができない自治体も多いです。分別方法を間違って捨ててしまうと、迷惑をかけてしまう恐れがあります。ペットボトルなどリサイクルできるゴミもあるので、しっかり分別してゴミを出すことで資源を守ることができ環境保全に繋がります。

迷いがちなゴミの分別方法

ゴミの捨て方で、どうしてよいか迷いがちなゴミは多数あります。ゴミの分別はおおまかに分けて、プラスチック類や缶ビン類・可燃ゴミ・不燃ゴミ・ペットボトルなどに分別することが多いです。

電池や電球・蛍光灯などが有害・危険ゴミとして扱われます。家庭で洗濯をする際に使用する液体洗剤の容器は、プラスチックでできているものはプラスチック類に分別します。

9割燃える素材なら可燃ゴミ

9割燃える素材なら可燃ゴミに分類してゴミに出すことができます。一部に金属などが使用されているものでも、90パーセント以上が燃える素材の場合は可燃ゴミとして扱います。木製のハンガーなどは金属部分を取り外すことは非常に困難になるので可燃ゴミで出せる場合もあります。

液体洗剤は中身と容器を分別する

中身をそのまま入れたままゴミに出すことはできないので、注意する必要があります。とろみがある液体の場合は、ティッシュなどでかきだしてから、容器を空にする必要があります。

かきだしたときに使用したティッシュは、可燃ゴミに出すようにします。基本的に液体はゴミに出すことができないので、自分で処理をする必要があります。

油は新聞紙に染み込ませる

料理で揚げ物などをおこなった後に出る油の処理に困る方も多くいらっしゃいます。油はそのまま下水に流すと環境汚染に繋がることになるので、正しい処分の仕方をすることが大切になります。牛乳パックなどに新聞紙やキッチンペーパーなど吸油性の良い紙を入れて、そこに不要になった油を入れることで、手軽にゴミに出すことができます。

牛乳パックがない場合は、ポリ袋に入れることもできます。ポリ袋を利用する場合は、口をしっかりとしめてからゴミに出すようにします。夏場など気温高い季節は、油をゴミで出すと自然発火の恐れがあるので、水も一緒に浸みこませると発火を防ぐことができます。

市販に凝固剤などもあるので利用すると簡単に不要な油を捨てることができるのでおすすめです。

刃物は厚紙に包む

包丁などの刃物を捨てる場合は、慎重にする必要があります。刃物は厚紙に包むようにして危険・有害ゴミに出すようにします。包丁などはゴミ収集の方が誤って怪我をしないように、キケンといった文字を厚紙に示さなければならない自治体などもあります。

手間をかけずにゴミを捨てる方法

業者に依頼する方法

とてもメリットが多いです。業者に不要物の回収を依頼すると、自分の指定したところまで業者が収集しに来てくれるので、重たい不要物を運ばなくても済みます。都合の良い日時を指定することができるので、平日仕事などで忙しい方や早く不要品の処分をしたい方などが利用すると便利です。

他の回収よりは人件費や搬送費がかかるので費用が高くなるのですが、手間をかけずにゴミの処分をしたい方におすすめの方法になります。業者によってはリユースすることができるものは買い取ってもらえるケースもあります。

自分で直接ゴミ処理場に持っていく方法

自分でゴミ処理場に持っていく場合は、可燃や不燃の他に粗大ゴミの処分もできます。年末など大掃除でたくさんの不要物が出た場合など利用すると便利です。ゴミ処理場への持ち込みにかかる料金は、ゴミの総重量で変わります。ゴミ重量1kgあたり、だいたい100~300円程度です。

ゴミ処理場でゴミを捨てる方法

捨てられるゴミか確認また日時をチェックする

処理場によって捨てることができる不要物などが異なってくるので、住まいの近くにあるゴミ処理場を利用する場合は、事前に確認する必要があります。持ち込みすることができる時間帯も決まっています。日時などはホームページなどでくわしく記載されているので、手軽にチェックすることができます。

日によって受付していないゴミなどもあるので、そのへんも注意して確認すると良いです。市のゴミの回収とゴミ処理場で共通して出すことができないものは、家電リサイクル法で定められているものになります。

テレビや冷蔵庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機などリサイクル法の対象品目です。これらの処分は製品を購入した販売店や市内の家電リサイクル券対応業者などに依頼をして処分することになります。定められたリサイクル料金を支払う必要があります。

予約をする

ゴミ処理場で処分することができる場合には、予約することが必要になります。特に粗大ゴミや臨時に出た不要物の場合は予約が必要になることが多いので気を付ける必要があります。

また細かい決めごとがある場合があり、1回に持ち込めるゴミの量が決まっている場合もあります。料金はゴミ処理場や持ち込むゴミによって変わってくることが多いです。ゴミ袋が有料の市町村の場合可燃ゴミや不燃ゴミは無料で引き取ってくれる場合も多くあります。

ゴミ処理場に持っていく

ゴミ処理場に持っていくと決まったら、きちんと分別をおこなってから持っていくことが大切になります。処理場は引越しや年末などの大掃除のときにたくさん出た不要物を出したいときなどに利用するととても便利ですが、自分で持っていくので車が必要になります。

とくに年末は多くの方が利用するので非常に混雑します。年末に利用する場合は、時間の余裕を持って早目に行動することが大切になります。

まとめ

家庭で排出されるゴミで、どの分別に出したらよいのかわからなくなって迷う方が多いです。2つの違う素材でできているもので、取り外しが困難な場合は特に困ります。燃やすことができる素材が90パーセント以上占めている場合は、可燃ゴミとして出すことができます。このように不要物の分別に困ったら何の素材でできているのかチェックすると分別しやすくなります。

分別の仕方は自治体によって細かくわけられているので、分け方に困った場合は、自治体や市町村のホームページで確認することが大切になります。回収方法は、自治体でおこなわれる回収自分でゴミ処理場に持って行く方法不用品回収業者の利用などがあるので、自分のニーズに合った方法で処分することができます。

ゴミ処理場の利用をする場合などは、不要物によっては処分することができないものもあるので、前もって確認することが必要になります。ペットボトルなどは、再利用することができるので、ゴミの分別はきっちりおこなうことが大切になります。

ナナフク横浜!旭区の作業にて(^◇^)

こんばんは!ナナフク横浜です

本日は、旭区で作業のほうへ行って参りました

今回のご依頼内容は一緒に住まわれていたお子様達が実家を

出て行き、そのお部屋が、物置き状態になってしまっていて、

そこを、お方づけしたいというご依頼でした!

お荷物のほうを確認させてもらった所、学習机、シングルベッド×2

本棚、等、貿易にリユース出来る物もあり、お値段のほうも思っていたよりも

安く収められたみたいで、お客様も満足してくれていました!

今回のように自社ではリユース出来る物にも力を入れてますので

お気軽にご連絡お待ちしております!

 

作業員3名

2トンショートトラック×2台

金額¥154000税込(リユース品割引¥20000)

今回のご依頼ありがとう御座いました!

宮前区での作業にて(^◇^)

こんにちは!ナナフク横浜です(^◇^)

本日は宮前区でリフォームに伴い処分品の回収の作業に行ってきました(^◇^)

お客様と話してる中で全部、処分するのではなく、使える物は残して置き

使えない物や、断捨離したい物を回収するという相談のもとお話がまとまりました(^◇^)

ありがとうございます!

作業を始めさしてもらい、

「やっぱり、これがいる!やっぱり、これが要らない(^◇^)」

等々、いい雰囲気で作業のほうもできました(^◇^)

ありがとうございました!

またリフォーム後なにかあればご連絡頂ける事になりました!ありがとうございます!

 

作業員3名

2トンショートトラック1台

平車1台

金額¥132000税込

今回のご依頼ありがとうございました\(^o^)/

またお待ちしております!

ゴミ屋敷片付け清掃行ってきました。

今回のご依頼は、ゴミ屋敷の清掃です。

ご依頼主様は、50代男性で、仕事を退職してからゴミを溜め込むようになってしまい、ゴミ屋敷となってしまったので片付けを手伝ってほしいとお電話いただきました。働いていたときは出勤時にゴミを出す習慣だったけれど、それがなくなり、家を出るのが億劫になってしまったとのことでした。

お伺いしますと、確かに、宅配で注文された食べ物の空箱や袋がたくさんありました。デリバリーやテイクアウトはゴミが結構たくさん出ますよね。生ゴミは臭いので捨てなくてはと思うけれど、空箱などはついつい溜め込んでしまったとお話してくださいました。緊急性が低いと判断されたものが溜まっていくとお部屋が散らかっても気にならなくなってしまうものです。真夏の今は雑菌の増殖も早いですので、異臭がなくてもなるべく早めに捨てることをおすすめします。

 

 

麻生区にて作業を行ってきました。

こんにちは!ナナフク横浜です!
今回は麻生区で作業を行ってきました^ ^
今回のご依頼内容は、親族のお兄様のお部屋のお片付けのご依頼内容でした!
部屋の広さは1LDKでした^ ^
お荷物を確認していた所、カメラや、釣竿等があり、ご趣味で使われていたのを、お客様と楽しく話しながら確認できました^ ^
ありがとうございます!
もちろん、下取り買い取りのほうをさせてもらいました^ ^

今回のように、買い取りできる物等がある場合は、私達も頑張らさしてもらいますので、気軽に質問等もお応えし,相談していきますのでお願い致します!

作業員3名

2tショートトラック2台

金額¥154000税込

今回のご依頼ありがとうございました^ ^!

いらないソファを処分したい!買い換え時期と処分方法

ソファの寿命や耐久性は?

いらないソファを処分したい時は、いくつかのポイントを検討して決めることが大切です。

ソファには素材ごとに寿命がある

素材によって寿命が多少変わってきます。

【本革】…約10年
【合成皮革素材】…約5年~7年
【布貼り】…約8年

本革を使用したソファは耐久性が高く、一般には10年は持つといわれています。

逆にあまり長持ちしないのは合成皮革素材で、扱い方にもよりますが長くても7年前後、短いケースだと5年ほどで寿命を迎えます。
合成皮革は水分に弱い性質があるので、高温多湿の環境や汗の付着があると寿命が短くなる傾向です。

布張りは寿命的に本革と合成皮革の中間に位置する素材で、最低でも8年くらい持ちますが、条件次第では本革と遜色のない寿命に期待できます。

買い替え時の目安は?

座面のクッションが潰れて戻りにくくなったり、体が沈み込んで座っているとお尻が痛くなるなどです。
それから座る度にきしみが気になったり、座面や背面が擦れたりほつれるなどして傷みが目立つ場合も同様です。

他にも取れないシミや汚れが目立ち始めたり、染みついたニオイが取れないソファも、買い替えを検討した方が良いでしょう。クッション性は中身を取り換えないと回復しませんし、表面は張り替えなければ同じく新品同様にはならないです。ソファは基本的に洗えませんから、汚れやニオイが染みついて取れなくなるとお手上げです。

愛着が湧いて買い替えが考えられないなら別ですが、消耗品と理解していて傷みが気になったら買い替えを検討しましょう。

解体して普通のゴミとして出す

基本的なゴミの捨て方

解体して素材ごとに分けて、自治体が回収するゴミの種類に合わせて出すやり方です。
解体作業は手間がかかり、解体後は複数のゴミが大量に発生するので、広い場所を確保して作業を始めましょう。
表面素材によって本革や合成皮革、布、中からはウレタンフォームのようなスポンジのゴミが出ます。

解体に必要なもの

解体に必要なものは以下の通りとなります。

・手袋
・掃除機
・釘抜き
・ドライバー
・ノコギリ
・電動工具

作業中に怪我をしない為の手袋ゴミを分別する袋、掃除機といった道具が挙げられます。
釘で固定されていれば釘抜き、ネジであればドライバーも必要になるでしょう。
フレームが木製ならノコギリが使用できますし、ライバーも含めて電動工具を揃えれば作業効率がアップします。

解体の流れ

解体の流れは以下の通りです

①ソファの表面をハサミなどで切ってから剥がす。
②クッション材を取り出してフレームやスプリングを取り外す。
③素材別に分けてゴミ袋にまとめる。

表面素材が本革だと厚く硬くて普通のハサミでは切りにくいですから、厚手の素材が切れる切れ味の良いハサミを用意しておきましょう。クッション材は大量に出てくるので、こちらも取り出したらハサミで大きく切り分けて、圧縮するように袋に詰めて分別するのが良いでしょう。
木材や金属は工具を使わないと解体したり取り出せませんから、手順を考えながら怪我をしないように1つ1つ解体していくことをおすすめします。

自分で持ち込んで処分する方法4選

自分で持ち込み処分する方法は、主に4つに分けることができます。

粗大ゴミとして自治体に引き取ってもらう方法

自治体が有料でソファの回収を行っている場合に有効です。自治体に申し込んだり、ゴミ処理券を購入して回収日時に合わせソファを所定の場所に運び出す必要はありますが、解体作業をせずに済むので楽です。

ゴミ処理券の価格や申し込み方法は自治体によって異なるので、予め粗大ゴミで回収しているかどうかも含めて確認しましょう。
電話で申し込む必要がある場合と、インターネットに対応しているケース、そして処理センターに直接持ち込める場合があります。

家具専門店に依頼する

これは家具に精通するお店に相談して回収や処分をしてもらうやり方です。
家具専門店はソファを販売するだけでなく、処分方法も知っている可能性が高いですから、相談先として家具専門店に相談したり依頼するのもありでしょう。
その場合、できるだけ購入した家具専門店に依頼しましょう。

出張回収を依頼する方法もあるでしょうが、車が用意できて持ち込めるのであれば、ソファを積み込みお店に持っていくのが手っ取り早いでしょう。
事前に持ち込みに対応しているか確認したり、日時の予約は必要ですが、出張回収より費用を節約できるのは確かです。

買い替えの際に店舗で引き取ってもらう

処分費用を節約したり、負担せずに済む可能性に繋がります。
買い替えはお店にとって魅力的ですし、買い替えで商品が売れるメリットが大きいと判断されれば、引き取りにも快く応じてくれるでしょう。買い替えを条件にソファを安く販売するお店であれば、処分についても考えてあるのは当然ですし、出張や持ち込みで引き取ってくれるはずです。

ソファの処分を検討するのは基本的に買い替えのタイミングなので、割引価格での販売や引き取りを行っているお店は狙い目です。
持ち込みだと車の手配や積み込みは必要となりますが、回収処分に費用がかからないのであれば、食事などをお礼に身近な家族や友人に手伝ってもらっても十分に元が取れると思われます。

リサイクルショップで売る

ソファは家具の中でもスペースを取るもので、状態や需要が価値を左右しますが、売れるチャンスのあるなしでいえばあります。購入して数年程度なら、比較的寿命の短い合成皮革素材のソファでもまだまだ十分に使える可能性があるでしょう。

リサイクルショップは基本的に使えるものなら何でも査定買い取りをしますし、二束三文でも売れる価値がある家具なら引き取ってくれます。処分費用がかからないばかりかお金が受け取れるので、リサイクルショップで売るというのはソファの処分において、案外悪くない選択肢だと考えられます。

似たような処分方法にフリマやネットオークションもありますが、これらはやり取りの手間や送料の発生、トラブルのリスクといった懸念が無視できないのがネックです。
その点、リサイクルショップなら価格は査定で決まりますし、持ち込みであれば送料不要でトラブルの懸念が残らない即現金化と処分が実現します。

処分に手間をかけたくない場合

不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者に依頼する方法は、搬出や積み込みに運搬と処分を含めて、全てプロに任せられるのがポイントです。
不用品回収業者は文字通り不用品の回収に長けていますし、資格を持って業務を行っている業者であれば、処分を含めて安心して依頼できます。費用は発生しますが、料金は手配するトラックの大きさや作業人数で決まる傾向なので、少人数がけの軽いソファなら大きな負担は生じないでしょう。

勿論、具体的な費用は見積りを出してもらわないとわからないので、正式に依頼する前に無料で見積りを出してもらうことが大切です。

メリット・デメリット

メリットとして、訪問や回収をしてもらいたい日時が指定できたり、回収場所を指定してきてもらえる点です。

自治体の粗大ゴミ回収は指定の場所に運び出す必要があったり、指定場所以外には回収にきてくれませんが、不用品回収業者は対応の柔軟性が高いので希望に応じてくれます。地元の業者で予定が埋まっていないなら、問い合わせのタイミング次第で当日中の回収も実現するでしょう。
また、搬出に階段を使う必要がある場合でも嫌な顔をしませんし、狭い場所でも運び出しからやってくれるので頼りになります。

デメリットとして、粗大ゴミ回収よりも費用が高いことで、例えば3人がけ以上で重量があるとなると、作業人数が増えるので費用も必然的に高額になるでしょう。

まとめ

いらないソファの処分は、ソファの素材や状態から買い替え時期を含めて検討するのが基本です。
素材は本革が一番寿命が長く、次いで布張り、合成皮革の順となります。ソファを処分する方法として普通ゴミに出す方法もありますが、解体して素材別に分別が必要になるので大変です。工具も用意しなければいけませんし、体力や力も必要になるので、最後まで解体する自信がなければ他の方法を検討するのが賢明でしょう。

自分で持ち込み処分する方法には、自治体に粗大ゴミに出したり家具専門店に依頼する、買い替えのタイミングでお店に引き取ってもらったり、リサイクルショップに売るなどがあります。

手間をかけずに楽にソファを処分したい場合は、不用品回収業者が有力な選択肢となります。
不用品回収業者は搬出から処分まで一貫したサービスを提供するプロで、希望日時に指定の場所にきてもらうといった柔軟な対応が期待できます。

メリットは豊富で、2階かそれ以上の場所からも搬出してもらえたり、積み込みや運搬も安心して任せられることです。費用が高くなるデメリットはありますが、メリットと天秤にかければ不用品回収業者の選択肢は十分に検討に値するでしょう。

川崎区で作業行ってきました!。

こんばんは!ナナフク横浜です!^ ^

本日は、川崎区で作業のほうをさせてもらいました!
今回のご依頼は、お客様の実家のお片付けのご依頼でした!
お客様も、今、現在、遠方に住まわれてるという事で、日にちのほうも合わさせてもらい、お見積もりのほうへお伺いさせてもらいました^ ^
お家の中を拝見させてもらいましたが、長年住われていたので、お荷物のほうもたくさんありました!
お客様と相談した結果、本日、鍵をお預かりして、2週間以内に作業を終わらせるという、フリー便契約で、お値段の折り合いもつき、お客様も満足してくれました^ ^
ありがとう御座います!
今回のように、遠方に住われている方でも、私達は、お客様と相談して、お客様に納得してもらえるようなサービスをしていきますので、
お気軽にご連絡お待ちしております!

総物量2tワイドトラック3台

金額¥220000税込

今回のご依頼ありがとうございました!

港北区にて作業をおこなってきました!。

こんばんは♪ナナフク横浜です!

連日、暑い日が続いてますが、みなさん体調のほうは大丈夫ですか?
私達は、変わらず、元気にやってます!

みなさんも体調管理のほうをしっかりしながら、頑張ってください^ ^

今回は、港北区でビルのテナントの移転に
ともない、回収作業に行ってきました!
テナントのオーナー様がもう少し広い所へ移動するにあたって、事務机、ロッカー等を買い替えるという内容でした!
現地は、エレベーターもあり、作業内容は、スムーズに行え、予定時間よりも早く終了できました^ ^
お客様も喜んでいもらえ、私達も嬉しかったです!
ありがとうございます!

私達は、お客様とお悩みに相談し、出来る限りの事をやっていきますので、お気軽にご連絡お待ちしております^ ^

作業員3名

作業時間3時間

2tショートトラック2台

金額¥154000税込

不用品回収と廃品回収の違いは?

そもそも不用品回収とは?

回収業者が行っている

不用品回収は主に不用品回収業者が業務を行っており、業者に依頼することで不用品の回収に来てもらえるのが特徴です。必然的に依頼先が不用品回収業者となるので、知名度や実績、信頼性などで選んで依頼できる安心感があります。

勿論、回収できない物もありますが、基本的には何でも回収を相談することが可能で、一般家庭やオフィスから出る不用品であれば大抵の物の回収を行っています。

廃品回収よりも回収範囲が広い

廃品回収と不用品回収は、両者を区別しないこともありますが、実際には回収範囲に違いがあることが多いです。そして廃品回収と比べて不用品回収の方が、回収を行う対象の範囲が広い傾向にあります。

特に違いが見られるのはリサイクルが難しい物の回収で、廃品回収だと断られるような物であっても、不用品回収なら回収してくれる可能性が高いです。

物によっては買い取りもしてもらえる

不用品回収の良いところは、
回収の際に不用品を査定して買い取ってもらえることにあります。

買い取り可能かどうかは物の種類や状態、それに査定の結果に基づいて判断されますが、価値ある物で需要がある物なら買い取りしてもらえます。買い取りが受けられると、不用品回収が費用を取られるだけでなく、利益を生むものになります。

つまり費用を抑えることができたり、逆にプラス収支で不用品回収が実現する可能性があることを意味します。

回収と買い取りが一度で済む

買い取りに対応している不用品回収であれば、
回収と同時に買い取りしてもらえるので便利です。

最初に査定を受けて買い取りしてもらい、次に買い取り対象外の不用品を回収してもらうとなると二度手間です。
しかし、不用品回収業者はこれをまとめてやってくれるので手間がかからず、先送りにせずに済みます。手間のかかることはついつい億劫になって先送りにしがちですが、不用品回収業者に相談すれば、すぐに買い取りが受けられて回収の完了となります。

廃品回収とはなんだろう?

子どもかいや町内会などの団体が行う

廃品回収はこれらの団体が日時や場所を指定して、
定期的に回収を行っている特徴があります。

地域の団体では持ち込んで回収をしてもらう形が多いので、この場合だと自分で持ち運べる物以外の廃品回収は難しいです。ただ定期的に回収をしていることから、頻繁に発生する廃品を処分する目的に向いています。

例えば新聞雑誌にダンボールなど、どの家庭でも出る物が廃品回収で回収してもらいやすい物です。

紙や瓶など、再生可能な資源を回収する

廃品回収の目的はリサイクルできる資源の回収にあるので、
再生可能な物に限って回収しています。

新聞紙や雑誌といった紙でできた物が廃品回収の対象なのも、リサイクルしやすく資源の有効活用ができるからです。
も同様に回収対象ですし、缶や古着に古布なども回収してもらえます。

自治体によっては奨励金が支給される

これは全ての自治体ではないですが回収資源の量に合わせて奨励金が出ることがあります。
奨励金が出る仕組みは廃品回収を行う団体登録をして、再生可能な資源を集めることで、回収した資源量に応じて奨励金が支払われます。

このようなお金が活動資金になっている団体もあるので、廃品回収が重要な財源というところも少なくないです。奨励金が出ると自治体の意識が変わりますし、モチベーションが高まるので、廃品回収を推進する一因になっています。

不要物を処分して環境保全に協力できる

不要な物を廃品として処分できる上に、環境保全に役立てるのが廃品回収の魅力です。
一般ごみに出してしまうような不要物であっても、ごみとして捨てるのと廃品回収に出すのでは大きく異なります。

ごみは燃やしたり埋め立てる形での処分となりますが、廃品回収はリサイクルできる物を資源として有効活用できます。
つまり、貴重な資源を無駄にせずに済むので、環境保全に貢献できる結果に至ります。

あらかじめ回収範囲を確認しておこう

廃品回収は、回収範囲を確認した上で依頼するのが基本です。回収範囲を知らずに持ち込んだり依頼すると、持っていってもらえるはずの物が手元に残ってしまう可能性があるので注意しましょう。
これでは折角の廃品回収が台無しですから、前もって回収範囲を確認して、回収対象の物を集めてから依頼するのがよいでしょう。

不用品回収と廃品回収の違い

回収範囲の違い

これが不用品回収と廃品回収の決定的な違いで、不用品回収は対象物がリサイクルできるかを問わないです。

対する廃品回収は、資源の有効活用を目的としていることから、リサイクルできるかどうかを重視します。当然ながら、廃品回収ではリサイクルの可否が回収範囲に直結するので、不用品回収と比べると対象の範囲は狭く限定されます。

これは回収の目的を考えれば納得ですし、両者の違いを分けるポイントになっていますから、何が異なるのか理解しやすくなります。紙類や瓶、缶などの再生資源になりやすい物は廃品回収、それ以外は不用品回収と大まかに覚えることができます。

リサイクル可能なものは廃品回収

資源を再生する為に要らなくなったものを回収する廃品回収は、リサイクルできるものの回収を任せることができます。廃品回収を依頼するリサイクル可能なものかどうか分かりますし、回収対象であれば資源の有効活用に繋がるので安心です。自分でリサイクル可能なものかどうか予め確認することが前提ですが、その上で廃品回収に任せれば、要らないものを処分できます。

環境保全に貢献できて資源が無駄になりませんから、とても時代にあっていて良いことができるといえるでしょう。
廃品回収はリサイクル可能なものを任せるのに最適、そう覚えておくと資源を有効活用して欲しい時に頼りになります。

不用品が大量にある場合は不用品回収

部屋中が不用品で溢れるような状況が発生したら、不用品回収を相談して任せるのがベストです。不用品回収はリサイクル可能か否かを問わず、幅広い回収対象をまとめて持っていってくれます。不用品の分別が大変なほど大量で難しかったり、手間を掛けずにスッキリさせたい場合に不用品回収が活躍します。

何より買い取りもしてくれますから、お金になる価値あるものをごみのように捨てずに済みます。売れるものは売る、売れないものは不用品回収してもらう、これこそが不用品回収を活用するポイントです。不用品回収なら廃品回収に任せにくいものでも、一緒に回収してくれるので心強いです。

悪徳業者に注意しよう

所在地や固定電話を持っているか確認しよう

回収を依頼する相手は信頼できることが大前提となるので、まずは所在地と固定電話があるかチェックです。特定の所在地を持たない回収業者は、どこの誰か分からないことを意味するので、信頼が疑わしいどころか悪徳業者の恐れがあります。

悪徳業者は自分の利益ばかりを追求する傾向で、回収後に評判がどうなろうとあまり気にしなかったりします。この為、あえて所在地を公開しなかったり固定電話を置かないことで、身分を隠しながら悪どい回収を続けているわけです。逆にいうと所在地と固定電話を併せ持っていれば、その業者は悪徳ではない可能性が高まります。

許可を持っているか確認しよう

不用品の回収には許可が必要で、許可なく回収業務を行うことはできませんから、許可の有無を確認するのは悪徳業者の判断に有効です。

許可が確認できると安心なのは、産業廃棄物や危険物に医療機器の回収許可です。
これらは無許可で回収できないものばかりですから、自信を持って回収を任せる為にも、最初に許可を確認しておくことをおすすめします。

「無料回収」という謳い文句に注意

無料回収の響きは魅力的でお得に感じられますが、条件が厳しかったり実質的に無料でないことがあります。
例えば、回収してお金になりそうな比較的新しいものに限り無料、あるいは作業料は別料金で回収のみ無料といったケースです。

無料回収で費用を負担せずに済むつもりが、いざ回収を依頼すると高額な出張料が請求され、しかもキャンセルできないというケースもあります。
これだと得をするどころか大損になりますから、無料回収という甘い言葉には裏がないか注意しましょう。

まとめ

不用品回収と廃品回収は目的に違いがあることから回収範囲が異なり不用品回収の方が範囲が広い傾向にあります。廃品回収リサイクルできる資源の回収が主な目的なので、回収してもらえる対象に限りがあります。

不用品回収は買い取りも行っているケースが多いですから、費用が発生する一方だけでなく利益が生まれます。このように両者には違いがあるので、回収してもらいたいものがリサイクル対象か否かで判断できます。

ただし、回収業者には悪徳なところもありますから、所在地や固定電話と有する許可を確認して依頼を決めたいところです。こういった要素は悪徳業者の見分けに役立つので、覚えて置いて損はないでしょう。無料回収は本当に無料か疑うのが基本で、条件や追加費用について念入りに確認するのが賢明です。

逗子市で作業行ってきました。

こんにちはナナフク横浜です。いよいよ8月になりましたね
!しかしまだまだ日中の暑さがこたえますね、、、熱中症対策万全ですか?

お家のお片づけをされている皆様も夢中になって水分補給を忘れずに行ってくださいね!

さて今回は逗子市にあるとある一軒家にて家財一式のお片づけの依頼をいただきましたので完了報告をさせて頂きます。

今回の一番大変だったのがご自宅からトラックまでの距離が200メートルほど」離れた路地の中にあったというのが印象に残っています。古い土地ゆえに海に近い地域はまだまだこのような立地のお家は多いらしいとの事

。色々業者さんに相談されたらしいとの事でしたがその中で納得行くプランをご提案できたのは弊社ナナフク横浜だったとの事。

弊社のスタッフにお任せいただければどんな難関にも負けません!!むしろ足りないくらいです!

そして7時間の作業を終えてご満足いただきました。

本日は暑い中最後までお付き合いいただきありがとうございました!

そしてこの度弊社ナナフクをご利用下さいましてありがとうございました!