pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

不用品回収業者に注意?優良業者と悪徳業者の見分け方

不用品回収詐欺とは?

廃棄物の回収に関しては、行政がリーダーシップをとって様々な施策を行っています。その中の一つとして廃品回収があります。以前から廃品回収自体はあったのですが、資源の有効利用という意味合いが強いものでした。

 

現在の不用品回収というのは、環境問題を見据えたリサイクルの一貫です。このような取り組みの主旨に多くの住民が賛同して協力するようになってきました。

 

ただ、このような運動の高まりを利用して様々な悪いことを行うような人達も出てきました。その中で出てきたのが不用品回収詐欺という問題です。このような業者は、多くの人々が協力して作り上げているリサイクルのシステムも破壊するものです。このような業者に引っかからないように注意をしましょう。

多くが多額の請求してくる

素人目から見て正規のリサイクルを行う業者と悪徳業者を区別することは簡単ではありません。このようなことから、図らずも悪徳業者に自分の中の不用品を出してしまうということがあります。

 

悪徳業者の多くは、不用品を手に入れるまでは、後で自分を正当化するために積み込んでみないと料金はわからないなどとあやふやな態度で話をそらすのですが、一旦不用品を手に入れると多額の費用を請求します。

積み込みが終わってからが注意

このような悪徳不用品回収業者の特徴は、不用品を手に入れるまでは優しく言葉巧みに誘いをかけるということです。不用品を出す側も、正規のリサイクルに出すより安い料金で引き取ってもらえるということで、つい業者のトラックまで不用品を持っていってしまいます。

 

悪徳業者は、不用品をトラックに積み込むと急に態度を変え脅し文句の様に多額の回収費用を要求してきます。特に、主婦は怖くなってお金を支払うしかないという状況になってしまいます。

「無料」に注意

基本的に、正規のリサイクルシステムでは製造者と利用者で廃棄物回収の負担を行なおうというのが考え方ですから、不用品を出す際に利用者の負担がないということはありえない訳ですが、悪徳業者の中には、極端な場合には無料で引き取りますなどというようなことを拡声器などで宣伝し不用品を回収しようとします。

 

無料という事はあり有り得ませんので、そのようなことを言っている廃品回収業者は悪徳業者であると思って間違いありません。

悪徳業者の特徴

調べても会社情報が出てこない

悪徳業者の特徴は、自分の連絡先を明らかにしないことです。それは問題が生じた時に自分のところまで警察などの手が及ばないようにするためです。多くの悪徳業者は、自分のホームページを持たないのが普通です。ホームページがあったとしても、連絡先などが記載されていないというものもあります。

 

チラシなどにも連絡先がないというのもよくある話です。連絡先のないホームページやチラシを見た際には、不正な業者であると疑ったほうがいいでしょう。

明確な料金設定がない

正当な業務の際には必ず料金設定があるはずです。料金表などを見て、お願いするかどうかを利用者は判定するわけですから大切なポイントです。多くの悪徳業者は、このような明確な料金設定をしません。

 

なぜならば後で高額な料金を請求する事を正当化するためです。また一応の料金設定はあるのですが、不用品を引き取った後になって、通常の条件には当てはまらないものがあると主張し高額の追加料金を請求するという事例もありますので注意する事が必要です。

 

廃品の引き渡しを行う前に、料金表があるかや料金表に必要な費用の全てが書かれているかなどについて確かめましょう。

空き地などを利用している

不正回収業者の事例でよく見られるものに、空き地などにのぼりを立てて不用品回収を行っているという事があります。廃品回収業者は、許可を得る為に地方公共団体に届けを出さなければなりません。その届けを出す際には、業者が業務を行う住所を示す必要があります。したがって正規業者は空き地などを使用することはありません。

 

このような事から、空き地に不用品回収ののぼりなどを立てて廃品回収を行っている業者があったら、それは不正な業者であると思って間違いないでしょう。

見積もり依頼に応じない

悪徳業者は後になって高額な料金を正当化する為にあらかじめ見積もりなどに応じません。多くの場合には、廃品を受け取った後でなければ分からないというような言い方をします。最終的な処分を行う地方公共団体などでは、どのような廃品をどのような経費で引き取るかということを細かく定めていますので、このようなことはあり得ない訳です。もし見積もりに応じない業者が言うとしたら、それは不正業者であると思って間違いありません。

 

不用品を業者に渡す前に見積もりを請求しましょう。後になって高額な追加料金を正当化できるように、あやふやな見積もりを出す場合もあります。書かれている項目の内容について分からない場合には問い合わせをしましょう。優良な業者であれば、その内容について丁寧に説明を行なってくれるはずです。

 

いずれにしても、業務として様々な事を行うにあたっては料金設定という事は不可欠なものです。業者が利益を得るのは当然の権利ですから、それを明確にしておくということが、優良な業者がであるということの証でもあります。このようなことを示さない業者というのは、何らかの意味で不正な利益を得ようとしている可能性があります。

悪徳不用品回収業者への対処法

事前に見積もりをとる

悪徳不用品回収業者への対処法として、まずやるべきことは事前に見積もりを取るということです。きちんとした対応をするかどうか、明確な見積書が書かれているかどうかでその業者が不正な業者でないかどうかということを判断できます。

 

不正業者であれば、実際に不用品を自分のところに持っていかなければ見積もりは事前にできないとか、見積書は出せないなどということを言うと思います。もし見積もりを断るような業者であれば、最初から相手にする必要はありません。

 

見積書に書かれている内容が不自然であったり、書かれている事項についての質問に回答しないような業者もまともな業者でないと考えられます。その様な業者には回収をお願いしないことにしましょう。

領収書は必ず貰う

次に事後のことになりますが、領収書は必ず貰っておくようにしましょう。何かのトラブルがあった際には証拠の書類となります。法外な金額が要求された際にも、領収書があれば請求された金額が常識的なものかどうかということが後の裁判などで明らかにできるからです。

 

優良な業者であれば、領収書もちゃんとしたしたものを発行してくれます。業者としても、自分がまともな仕事をしたということの証明にもなりますので、領収書の発行を正規の業者が拒むはずはありません。

 

領収書は、ある金額を単に受け取りという事だけでなく、証拠書類としての意味合いを持つこともよく知っておくべきです。

怪しい場合処分方法を聞く

事前のやり取りをしていて少しでもおかしいと思ったら、回収した廃棄物をどのように処分するかということについて尋ねておきましょう。優良な業者であれば、ちゃんとした最終処分場などへ持っていくかリサイクルに回すなどということを回答することができます。

 

悪徳業者の中には、高い値段で引き取った廃棄物を不法投棄などするという輩もいます。そのようなことになっては本来のリサイクルができないことになりますから大きな問題です。不用品を業者に渡す前にそのようなことについて確認しておきましょう。まともな業者であれば、具体的にどこの廃棄物処分場に持っていくことを説明ができます。

優良な業者を選ぼう

優良な業者は明確な料金設定がある

廃品回収業というものをきちんとした仕事と捉え、まともな業務を行っている優良な業者は廃品回収かかる費用について正確に見積もり、様々な廃品に対す明確なる料金設定が存在するはずです。

 

持続的に営業を行っていくためには、不用品を出す側と業者の同意の上で業務を行なわなければならないという原則がありますので、優良な業者を見分けるための一つの目安として明確な料金設定が表示されているかどうかということあります。

 

その際、注意深く見なければならない事に基本的な料金以外の追加料金やオプション価格についても記載がなされているかがあります。

一般廃棄物処理業の許可・古物商の許可を持っている

リサイクルなどを正規の職業で行うためには、地方公共団体の首長からの許可を得なければなりません。その業種に指定されるのは、一般廃棄物処理業と古物商です。回収した廃棄物を処分場などに持って処分を行うためには一般廃棄物処理業の許可が必要になります。

 

また廃棄物をリサイクルして再利用できるような形で販売等を行うというのであれば、古物商の許可が必要になります。優良な廃棄物回収業者であれば、これらの許可証を持っているはずです。ちゃんとした業者であれば、事前にその許可証を示して仕事内容についての説明を行ないます。

 

さらに地方公共団体などのホームページを確認すれば、その地域で廃品回収業者や古物商として許可されている業者のリストがあります。そういった箇所から細かく確認を行うということも大切です。

ネットで評判を調べよう

昨今のインターネットの普及により多くの人達がSNSなどへの書き込みを多く行うようになってきました。このような口コミは、色々な事への評判を調べるのに大変便利なものになっています。

 

優良な業者であれば多くの人達から大変感謝されますし、自分たちが不要になったものを回収してくれるわけですからネットでの評判も評判はいいはずです。

 

また実際はこっちの方が多いのかもしれませんが、逆に悪徳業者であればたくさんの悪い口コミで知られるようになっているはずです。業者の名前で検索を行なうというのがまず大切なことです。そのような検索を行なって悪い評判がないような業者を選択しましょう。

まとめ

ここまで述べてきたように、廃棄物の最終処分やリサイクルに関しては多くの優良な業者がいるにもかかわらず、1部の悪徳業者が酷いことをすることで全体のイメージが悪いものとなっています。ここでは、それに対処するために悪徳業者の特徴やその対処法などについて述べてきました。

 

悪徳な廃棄物処分業者を予め見分けることによって、私達が大きな損害を得るということだけでなく環境問題への寄与を行えるということを考えましょう。優良な業者を積極的に活用するという事で、環境問題の健全な解決を行う事が可能となります。

 

社会全体として非常に大切なことですので、自分個人だけの問題と捉えるのではなく、世の中全体を良くするという立場から考える必要があります。