pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

不用品回収の費用を節約!家具は解体で安くなる?

不用品回収の費用は安くできる

引越しなどをおこなったときや家具の買い替えなどおこなったときに不良品が出ます。そういったときは、不良品回収業者などを利用すると良いです。タンスやベッドなどの大きな不良品は、処分をするのに費用がかさみます。このような大型の不良品はどこに捨てればよいのかわからない方も多いので、粗大ごみの回収を安く済ませる方法など紹介していきます。

家具の解体

大型の粗大ごみを捨てるときに安く済ませるには、解体をして小さくする方法があります。ベッドやタンスや家具の解体をして小さくしてから通常のごみとして捨てれば、そんなに費用がかからなくて済むのでおすすめです。

リサイクルショップ

解体に時間や労力がかかるのが嫌な方には、リサイクルショップへ出す方法をおすすめします。リサイクルショップで買い取ってもらえたら、そのぶん現金が手に入るのでおすすめです。最近ではリサイクルショップで軽トラなどを貸し出していることがあるので自家用車に粗大ごみが乗らなくて運べない場合は、軽トラを利用するのも良いです。

 

状態が良いものなら高額で買い取ってもらえることもあるので、一度利用を検討してみるのも良いです。家まで来て査定してくれるリサイクルショップなどもあるので、わざわざ持って行かなくても、どれくらいで買い取ってもらえるかわかるのでおすすめです。

オークションやフリマアプリ

オークションやフリマアプリを利用してタンスやベッドなどやいらなくなった家具などを販売する方法もおすすめです。フリマアプリは最近たくさんのユーザーがいるので、売買できる可能性がありますが、送料などかかるので、その点も考慮した方が良いです。

数が少ないなら自治体に出す

数が少ないなら自治体に出す方法もおすすめです。自治体によって料金が違うので、一度確認してから依頼すると良いです。自治体では、家まで取りに来てくれる場合と、自分でクリーンセンターなどへ持ち込む場合などさまざまな方法があるので、各自治体に問い合わせしてから処分をすると良いです。

一般的な解体方法

粗大ごみを解体すると、ごみを捨てるときにかかる費用を抑えることができます。手間や時間がかかりますが、コストをかけたくない方におすすめの方法になります。大きな家具を小さくして一般ごみとして出すのですが、自治体によっては、ごみ出し方が変わってくるので、確認をしてから出すようにすると良いです。また不良品の業者に依頼したくない場合なども自分でおこなうことをおすすめします。

タンス・棚

タンス・棚の解体方法は、電動のこぎりを利用すると良いです。電動のこぎりなら、素早く家具を分解することができて、手間や時間がかからないのでおすすめです。小さな棚やタンスなどは、普通のこぎりを使って手で小さくすることも可能になりますが、大きな家具やたくさん家具がある場合は、手動だと疲れてしまうこともあるので、大きさや数などで電動のこぎりにするか普通ののこぎりにするか決めると良いです。のこぎりには種類があり、木工用と金属用があるので用途に合わせて選ぶ必要があります。

 

タンスや棚の場合は、木工用のこぎりが良く、ホームセンターなどで購入することができます。電動のこぎりにも種類があり、レシプソーは、チェーンのこぎりのように大きな音が出ないので、自宅で解体するときにおすすめです。刃の動きのはやさなどを調節することができるので、電動のこぎりを使うことが初めての方でも利用することができます。

デスク

デスクを解体するときは、学習机のような木製のデスクなら解体することが可能になります。子供が大きくなって学習机がいらなくなった場合、不良品業者に依頼すると費用がかさむ場合があるので、自分で解体すると良いです。机本体からはずせるものは全てはずして、ドライバーを使用してネジをはずしていきます。接着剤でついている部分はハンマーなどでたたいではずすと良いです。必要に応じてのこぎりなどを使用すると解体することが可能です。

ベッド

ベッドも解体することができます。マットレスなどは粗大ごみに出すしかないのですが、ベッド本体は解体して小さくすることが可能になります。まず組み立て式か確認をします。組み立ての部分をすべてはずして、電動のこぎりなどを使用してごみ袋の中に入るくらいの大きさにカットして解体していきます。

 

ベッドや棚・タンスなどの大型家具は、解体するときはかなり大変なので、知人や家族の方に手伝ってもらうようにするとスムーズに作業をおこなうことができます。また木くずなどがたくさん出るので、ブルーシートなどを用意してそのうえで作業すると後の掃除も簡単になるのでおすすめです。

 

大型家具の解体はのこぎりやハンマーなどを使用することが多いので、細心の注意をはらって安全に作業をおこなうようにすることが大切になります。このように大型家具は自分で解体することが可能なので、ごみを捨てる費用を抑えることができます。
休みの日などを利用したり、自分があいている時間におこなえることも利点になります。

解体の注意点

タンスやベッド・デスク・棚などの大型家具は、自分で解体するととても大変で労力がかかります。電動のこぎりなどになれている方なら良いのですが、初めて電動のこぎりを使用する方などは、かなり難しい作業になる場合があります。

工具費の事も考える

工具費の事も考えることも重要になります。もともと自宅にのこぎりや電動のこぎり・ハンマーなどのツールがあれば良いのですが、そのようなツールがない場合は、新たに買うようになるので、購入にかかる費用を考えたら、プロの不用品回収業者に依頼することも選択肢のひとつです。

作業の際、怪我に気をつける

自分で解体するときには作業の際、怪我に気をつけることが何よりも大切になります。なれない作業になるので、細心の注意を払って一人で作業をせずに誰かと一緒に作業をすると安心です。電動のこぎりを使用する際には、大きな音が出る場合があるので、日中に作業をおこなうようにする必要があります。

 

近隣への迷惑がかからないようにする配慮も必要になります。室内で作業をすると木くずなどのごみがたくさん出るので、屋外での作業が好ましいです。また室内だと作業のスペースが限られているので、狭いところで解体の作業をすると危険を伴うこともあるので注意が必要になります。

家電は解体しない

家電は解体しないようにすることです。冷蔵庫やテレビなどの家電は家電リサイクル法があるので、一般のごみに出すことができないので注意が必要です。家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から出たテレビやエアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などが対象になり、有用な部分をリサイクルして廃棄物を減量させる目的と資源の有効活用をする目的があります。
家電リサイクル法では費用が発生するので、不法投棄が問題になっています。

 

このような家電を回収する方法は、新しい製品に買い替える場合は、購入する店舗で引き取ってもらいます。お店ごとで引き取りの方法が違ってくるので、家電を購入するときに確認することが必要になります。新しい家電の買い替えではなく、処分だけおこないたい場合は、処分する商品を購入したお店に引き取ってもらいます。購入したお店がどこだったかわからない場合や、そのお店自体がなくなっている場合などが、自治体が案内する方法によって処分することが可能になります。その他には、指定取引所に直接持ち込んで処分する方法もあります。

 

回収を依頼した場合は、指定した日時に業者に来てもらって家電リサイクル券に必要事項を記入します。回収業者への引き渡しの際に、家電リサイクル券の控えが渡されるので、お店や家電リサイクル券センターのホームページでリサイクルの状況を確認することができます。処分にかかる費用は決められていて、テレビの大きさや液晶かプラズマなど細かく分かれています。

無理だと思ったら不用品回収業者に依頼

無理だと思ったら不用品回収業者に依頼をすることをおすすめします。不用品回収業者に依頼をすると、重たい家具を運ぶ必要もないので、手軽に不用品を処分することができます。不用品回収業者はたくさんあるので、いろいろなところから見積もりを出してもらってから依頼をする業者を選ぶようにする必要があります。

 

見積もりを無料でおこなっている業者もあるので、そういった業者に依頼すると良いです。口コミなどの評価もチェックして、口コミが良いところに依頼することで、トラブルなど起きないのでおすすめです。不用品回収業者に依頼するメリットはたくさんあります。日時の調整ができるので、自分の都合が良い日に回収を依頼することができます。自治体などで回収できない不用品も回収してもらえるので、とても便利です。自宅まで粗大ごみを取りに来てくれるので、手間が省けることもメリットになります。

 

プロなので、不用品の回収作業もスムーズにおこなうことができるので、粗大ごみなどが出た場合は、不用品回収業者に依頼すると、簡単に処分することができます。

まとめ

引越しなどで出た大型の家具などを処分するには、自分で解体をして一般のごみに出す方法や、不用品回収業者に依頼をする方法・自治体に依頼する方法などたくさんあるので、一番良い回収方法を選ぶと良いです。費用を抑えたい方は、自分で解体をすると良いですが、危険をともなったりすることもあるので、気をつける必要があります。

 

新たに解体するツールを購入すると費用がかさむ場合があるので、きちんと見極めることが重要になります。不用品回収業者は、ごみの搬送などの作業をすべておこなってくれるので、手間がかからないことがメリットになります。忙しくで自分で解体する時間がない方やのこぎりなどが使えなくて解体できない方などにおすすめです。

 

エアコンやテレビなどの家電は、リサイクル法があるので処分するときは、注意が必要です。ラジカセやCDプレイヤー・ドライヤーなどの小型家電は、市町村のごみに出すこともできるので、処分したい方は市町村に確認してから処分をすると良いです。