pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

川崎市宮前区の不用品のお片づけはナナフク横浜にお任せください!

皆様こんにちは、ナナフク横浜の竹内です!最近雨が続きますね!花粉が舞う季節、一時は安心しますが雨上がりの花粉の舞い上がりに要注意ですね!外に出るのも億劫になります、、、。そんなときは皆様お部屋のお片づけをされてみてはいかがでしょうか?中々お片づけも何かとタイミングが無いと思い腰も上がらないですよね?時間の活用をしてよりよく生活できる環境を整えてみてはどうでしょうか?ナナフク横浜では独自のお見積りのプランにてお客様の不用品処分にかかってくる回収料金の費用削減のお手伝いが出来ます!

まだまだ使える品物は査定対象にもなります!

弊社の特徴として、不用品と回収させて頂くもので、処分料金がかかってくるもの、国内リユース、海外リユースとして査定対象になる物をお見積り時にご提案させていただいております。状態のいい物ですと買取査定、もしくは、格安にて回収させて頂く事が可能となります。断捨離にて大量に不用品が出てしまった場合、多くの人が廃品回収や一般ごみとして捨ててしまいます。近年、不用品回収会社の需要が高まり実に様々な会社が広告がされています。もちろん弊社のように、リユース査定、お買取り査定をしていない会社もあります。

他の会社の見積を依頼したが内容がイマイチ、、、

この様に思われている方はいらっしゃいませんか?きっとこう思われているのではないでしょうか?

*買取専門業者として見積を依頼したのに処分費用がかかると言われた、、、

*使えるものが多いのに全部ゴミとして処分するという内容でした。費用が掛かるのは仕方がないが、もう少しどうにかならないものか?

*5年以内の家電買取はしてもらえるみたいだが、高年式の物も型落ちの物も一律金額のような内容だった、、等々

そんな時はナナフク横浜にご相談ください!

弊社ナナフク横浜では、独自のリユースのルートがあり、他社では対応できない事でも弊社では対応出来る事も多々ございました。もちろん相見積もりも大歓迎でございます!見比べて頂いてより良い選択をして頂くことはもちろんのことだと認識をしております。お客様のニーズにこたえられるように様々なプランを用意させて頂きますのでスタッフに気兼ねなく何でもご相談を頂けたらと、思っております。まだまだ空いているお日にちはございますので、早急に何とかしてほしい!というご要望にもお応えしやすくなっておりますので、お電話一本!ナナフク横浜までご相談くださいませ!他社には負けない自信と実績がございます。

 

川崎市宮前区の引っ越しに伴う不用品の片づけ処分はナナフク横浜にお任せください!

皆さんこんちは!ナナフク横浜の竹内です!いよいよ引っ越しのシーズンとなってきましたね!みなさまの中にもこのシーズンに引っ越しを行う方も多いのではないでしょうか?または初めてこの繁忙期に引っ越しをされる方も多いのではないでしょうか?

初めて引越業者などに見積などを依頼し驚かれていらっしゃる方もいると思います。毎年2月の中旬から4月のはじめあたりは料金は繁忙期価格となっております。通常の2倍から土日、祝日などになると引っ越しをお求めになる方が増えその価格は2.5倍から3倍にもなると言われています。

大手引っ越し業者さんは殆どがこのスタイルを営業方針になっていますね。某運送会社もこのスタイルで一時期ニュースに取り上げられていたこともありました。そしてその中でもここ数年増え続けているのがいわゆる「引越難民」と呼ばれる方たちになります。高額な作業料金設定に予算が間に合わない方たちが急増しております。また、予算に関係なく、引越自体の見積を断られたという方も急増しています。それだけ物流業界に異常事態が発生しています。近年では引っ越し業者も淘汰されていき大手引っ越し業者が残っており「働き方」の改善もあり残業時間の管理なども厳しくなり受注制限なども発生しています。さらに個人売買が出来るオークションサイトなどの増加により手軽に配送サービスが行えるようになったのも物流業界を追い込む状況となっております。なのでこのシーズンに引っ越しをお考えの皆様は一度冷静にならなければなりません。春先は会社の都合で引っ越しをせざるを得ない方々もいらっしゃいますが、少し工夫すれば引越難民の一人にならなくても済むかもしれません。

その為にはどうするべきか?考えていきたいと思います。

・引越の時期をひと月待つ。

・自分でする

・少量の荷物は全部捨て新居で買う。

・引っ越し専門業者以外の便利サービスを何件かあたる。

などがあります。

一概に引っ越しと言っても各々置かれている状況が異なりますので選択肢を選ぶことが出来ます。それにより「引越難民から抜け出すことも可能になります。

1、引越の時期をひと月待つ。

必ずその日に引っ越しをしなければならないのか?というところを考え大きい物だけヤマト家財便などで梱包、設置を行ってもらい、繁忙期を終えた後に改めて見積してもらう。家賃などは二重になる可能性はあるが、それを踏まえても、最終的に安く仕上がる可能性もあります。

2、引越をご自身でする

単身の方など、トラックやワンボックスの車を使って終わるような方は遠方でない限りはこちらをお勧めいたします。実際されている方も多いと思います。

3、少量の荷物は全部捨て、新居で新しく買う。

実際このーケースをお選びになる方も多いです。古くなったタイミングと合えば一石二鳥ですしね。実家に帰る方などは良くこのケースを使われます。

4、引っ越しとなると不用品がたくさん出るものなので不用品回収業者に依頼するケースもあります。

実際弊社のように引っ越しのお手伝いを行うところも多いので相談してみるのがいい方法でもあります。実際大手引っ越し業者などでは、不用品を取り扱ってないケースがほとんどであり不用品と引越の二重出費が予算を圧迫する可能性大ですね。

以上、少しでも皆様のお役にたてたでしょうか?この業界に長くいれば業者目線で物事を考える事も出来ます。業界の特徴を少しでも意識すれば、なおかつ早めに段取りが出来れば「引越難民」や引っ越し後の「引越貧乏」にならなくても済むかもしれませんね!

この繁忙期、皆様によりよく新生活を提供できるように弊社ナナフク横浜は多彩なプランを提供させて頂きたく思いますので、皆さん一度ご相談下さいませ。