pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

横浜市ご相談の多い家具の回収

皆さんこんにちは!

横浜市で不用品の回収をしているナナフク横浜です!

今回は実際にご相談の多い内容の中で、ソファーについてご紹介いたします。

一人掛けから三人掛けまで実に様々な会社から販売されているソファー。

形や素材も色々ありますが市や区で処分するときはほとんどの場合がご自身が玄関先への搬出を行った上で

廃棄シールを貼り区役所のトラックで持って帰ってもらうというのが一般的な個人で処分する方法となります。

ここで幾つか実際にあるお客様からのご相談事をいくつか紹介します。

・価格帯

・運び出しの有無

・日程など

・買取、リユースの有無

上記などです。一つずつご説明させていただきます!

・価格帯については、大きさや搬出状況により変わります。例えばマンションの一階部分から搬出するのと、

 階段の5階から出すのとでは多少は作業料金が変わりますし、戸建ての二階となると、ほとんどが窓からの吊り下げ作業となります。

 そうなった場合は特殊作業料金が発生いたしますので、そちらも含めお見積もりをさせていただきます!基本的には処分品の追加等

 がなければ追加料金は発生いたしません。当日追加処分品の追加等があった場合はスタッフまでお声かけ願います。

・運び出しの有無について

 もちろんあらかじめ外に出していただくのと、弊社がお部屋から運び出すのとでは回収料金は変わってきます。

・日程など

 基本的にはお客様のご希望に沿ってご提案致しますが、先約様がいらっしゃる場合は調整させていただきます。最短当日からでも可能です。

・買い取りリユースの有無

 国内でリユースできないものでも海外に送る事ができますので、状態のいいものに関しては弊社の処分価格帯よりお安くご提案することも可能となります。

この様に一つの物を処分するにあたっても色々細かな内容でお客様にご提案させていただきます!もちろん家具一つから、家財一式まですべてに対応していまいますので、

処分にお困りの際は是非ナナフク横浜にご相談ください♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけないといけない自転車の処分方法

気をつけないといけない自転車の処分方法

みなさんこんにちは、
神奈川県川崎市で不用品回収、不用品処分を行っている
ナナフク横浜のお役立ちコラム担当Hです。

 

皆様、移動の手段といえば何でしょうか?
公共交通機関、車、バイクなど色々な移動手段がありますが、
今回はもっとも一般的な【自転車】の処分方法です。

日々の移動を支えてくれる自転車ですが、いずれ捨てなければならない時がきます。
自転車の処分方法に悩まれている方は少なくないのではないでしょうか。

今回はそんな自転車の処分方法を書いていこうと思います。

 

処分する前にすること

自転車を処分する際は、防犯登録を抹消する必要があります。
どうせ捨てられるから抹消しなくても大丈夫だろうと思いがちですが、多くの市では粗大ゴミのリサイクルが行われており、あなたの自転車が完全に廃棄される保証はありません。 あなたの名義で防犯登録がされている自転車が何らかの犯罪に使われた時に、あなたが疑われてしまうことだってありうるのです。
防犯登録の抹消手続きは、自転車を販売している店舗であれば大体やってくれます。
防犯登録の名義人の身分証明書、防犯登録時の控えを持っていけば簡単に抹消することができます。

 

自転車を処分する方法は?

1.知り合いに譲る。

あなたの友人の中に自転車が欲しいという方がいれば譲ってあげましょう。
ただ友人だからと安心して防犯登録の抹消をせずに譲るのは避けたいところです。
後々トラブルにならないように譲る前に防犯登録の抹消は必ず行いましょう。

 

2.オークションサイトやフリマアプリで販売する。

家の近くで自転車を必要としている人をオークションやフリマサイトなどで募りましょう。
状態が良いと買値がつきますのでオススメです。

 

3.販売店の下取りサービスを利用する。

店によっては新しい自転車を買った際に引き取ってもらうことができます。
気持ち少しだけお得に新しい自転車を購入することができますし、防犯登録の抹消も同時に行えるため便利です。

 

4.リサイクルショップに売る。

家の近くにリサイクルショップがあれば持ち込んでみましょう。
ただ、自転車に不具合があると、買い取ってもらえず持ち帰らなければならないこともあるため、事前に買い取ってもらえるか確認しておきましょう。

 

5.自治体に回収してもらう。

自治体が実施している粗大ゴミ回収を利用しましょう。
自治体に電話にて予約し、ごみ処理券を購入して指定された日時・場所に自転車を置いておくだけで処分することができます。

 

6.不用品回収業者に依頼する。

不用品回収業者に依頼して、自転車を処分することができます。
他の処分方法より高額にはなりますが、当日引き取ってもらうことが可能です。
普段お仕事などで忙しく時間が取れない人にはオススメな処分方法です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
しっかりと登録抹消しないと問題に発展してしまったり、売ったあとのトラブルの原因になりますので、今一度、処分する前、売却する前、譲る前には確認をしましょう。

 


 

当店ナナフク横浜では、自転車の処分、買取りなども行っております。
不用品をかたづけてもらうついでに処分する自転車を回収して持ち帰ることもできますので、一度、ご相談ください。
自転車の処分、不用品回収などのお困りごとは見積り無料、即日対応可能なナナフク横浜にお任せください。