pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

港南区での不用品回収もお任せください。

こんにちはナナフク横浜です。

今回の作業報告は港南区で不用品回収を行って来ました。

お引越し後の残置物の回収になります。

上記の写真の通り見積時から荷物がまとめてくださっていました。

本来ならばお荷物をまとめる作業も私共で行っていますので

その作業が全て省くことが出来ましたので

梱包作業分お値引きさせて頂きました。

とても助かりました!!

まとめて頂きありがとうございます。

荷物量としましては2tショートトラック2台分でした。

マンションの3階エレベーター無し

作業員3名作業時間3時間

¥170000円で作業させて頂きました。

今回は弊社ナナフク横浜をご利用頂きまして

ありがとうございます!
次回もお困りの事が
ございましたら是非ナナフク横浜にご相談下さいませ!

 

横浜市港南区での格安で不用品回収を行う方法

 

横浜市港北区で不用品回収を行っているナナフク横浜です。本日のブログは横浜市港北区で不用品回収を行う際にはどうした方がお安く済むかをご説明させていただきます。ぜひ格安・安心で不用品回収をおこなたいお客様はぜひご閲覧ください。

1、横浜市港南区で不用品の処分方法

横浜市港北区で不用品回収を行う場合には行くつかの方法がございます。基本的には方法は3つです。各地域のクリンセンターに持ち込み格安で処分を行う、不用品回収業者に依頼しお安く

片付けてもらう、まだ利用できる品物は買い取りしてもらいなるべくお安く不用品回収を抑えるなど、なるべくリサイクルを行う方がお安く済ますことができます。

・自治体を利用する

各地域の自治体を利用すると、粗大ゴミの処分をお安く行うことができます。しかし、日時の指定がなかなか難しい場合もあり、部屋の外に搬出しないと持って行ってくれません。小型家具・小型家電であれば問題ありませんが大きい家具になりますと難しくなってきますので、その際は知人に協力してもらい搬出をお手伝いしてもらった方が良いでしょう。

・不用品回収業者に依頼する

少し金額がかかりますが、不用品回収業社に依頼すると、安心して不用品回収を行うことができます。

フリー便を利用するとお安く回収を行うこともできますのでご検討ください。

・リサイクルショップに持ち込み

小さいのお品物であればリサイクルショップに持ち込みを行えば買い取りをお願いするのも出来ます。

持ち込めば出張費用もかからず査定してくれますのでぜひお時間に余裕のある方はご依頼ください!!

2、美品の家具・家電製品は高額買い取り査定品目になります。

美品の家具・高年式の家具は高額買い取り品になります。まだ使われて時期が立っていない商品や、需要がある物は買い取り商品になります。音響品・未使用品の雑貨も買い取り査定になりますのでぜひ査定の際はご依頼ください。

3、回収を行う場合はフリー便がオススメ!!

 もし、お買い取りが難しく不用品回収を行う際は、少量のお荷物はフリー便をご利用ください。出張費もお安くなりますし、とてもお得に不用品回収を利用することができます。また不用品回収を行う際はなるべく、月初にご利用する方がご希望の日時に沿うことができます。

4、横浜市港南区で不用品回収にお困りの際は。

横浜市港南区で不用品回収をご検討はナナフク横浜にご相談ください。弊社では、最大限に買い取り・リサイクルに力を入れておりますのでお客様になるべく低価格、安心対応で行うことができます。

お困りの際はご相談ください。

横浜市港南区の不用品回収はナナフク横浜へお任せください!

皆さんこんにちは!ナナフク横浜の竹内です!港南区で不用品の処分でお困りの方はいらっしゃいませんか?

*横浜市港南区の不用品回収事情
横浜市港南区の住宅は、横浜の典型的丘陵地帯に立てられた箇所もあって、玄関までは階段を20段ぐらい上がらないと到着できないという造りも多く、大きな家具や冷蔵庫、パソコンなど家電製品の回収にお呼びがかかります。 
地域事情は、別所インターから下りてすぐの東芹が谷、中里台、大久保、東永谷と上永谷と、昔からの住宅地が密集しており、下って上大岡駅付近の最戸はマンションとアパートが連立していて、スーパー百貨店などショッピングモールがあり賑わいがあります。
また、永谷には、ヤマダ電機本店がありその周りにはラーメン通りといわれ激戦区とか。 そのような港南区からの不用品回収依頼は、休日に集中します。30代、40代の方から休日をねらってお見積りのお電話を頂戴いたします。
ナナフク横浜のモットーは、できる限りお客様のご用命に忠実!時間に空きがあれば、すぐに駆けつけます。予約で予定が埋まっている場合は、お客様のご都合がよろしければ夜間に伺うことも可能ですので、一度お電話にてご相談下さいませ!

不用品の処分は適切に行いましょう!ナナフク横浜

こんな内容でお困りではありませんか?

*大量に出た不用品の処分の仕方がわからない。

*大型家電製品,家具の処分をしたい。

*分別が難しいので全部まとめてお願いしたい。

この様に多くの不用品が出たときに皆さんはまずどこから手をつけますか?捨てやすい物、捨てづらい物、たくさんの物が様々な素材で出来ていますよね?その一つ一つが分別の対象となり、一般家庭から出たごみなどは曜日に分けて処理することが可能となりますが、大量のゴミが出た時などは、集積所に置くわけにはいきませんよね!そのような時にこそ、弊社のような回収業者にご相談いただくことを強くお勧めいたします。

なぜならば、、、

1、量が多くても短時間で回収をすることが可能。

2、分別の手間がいらない。

3、運び出し、積み込みも弊社が行います。

4、物置や、外回りなど、汚れた場所の片付けも弊社におまかせ!

5、リサイクル家電の処分も弊社が代行致します。

等、たくさんのメリットがあります。無理して行い、事故やけがをされては、後悔しかないですものね!

 

*作業実績例*

結婚するため一人住まいのマンションを引き払う為、引越しで後に残された重複する洗濯機などの家電製品と、モバイル全盛の今は、持っている方も減りつつあるパソコンデスクなど家具類の回収です。しかし、斜めドラムの洗濯機って何でこんなに重いのでしょう?などと思いながら、次のマンション向かいます。港南区の不用品回収は、このように少量の回収が息つくまもなく次々と舞い込みます。


次に向かう先に待ち受けている不用品は、2段ベッドの解体処分です。この2段ベッドは、何が大変かというと、解体はもとよりですが、特にマンションの場合運び出し作業に苦労します。特にエレベーター運搬が大変なのです。
まず、室内はフローリングを傷つけないよう、床にクッションマット敷いて上部より解体して、何段階かにわけ部材を仕分けして、いったん玄関に通ずる廊下に一時仮置きします。次に玄関外の共用通路に仮置き、次にエレベーター前に仮置き、次にエレベーター内に少しずつ入れ1階のフロアーでまた仮置き。長物が多い為いっぺんに運び出しはできず、さらに木製の長物はパッキングもできないため、きちっと纏めて置いて注意して運ばないと荷崩れを起こしてしまうから大変なのです。

この様に、慣れたスタッフでさえ取扱いに手間がかかる物品もありますので、無理せずに何でもご相談下さいませ!

横浜市港南区の空き家の片付けは安心、優良のナナフク横浜にお任せください!

皆様こんにちは!ナナフク横浜の竹内です!物流業者の忙しい時期に突入しましたね!弊社不用品回収業者も普段より大変受注をいただいており、おかげさまで毎日フル回転させて頂いております!ありがとうございます!

さて、人と物が動く時期にはいろいろな状況の変化がありますよね?空き家整理もその中の一つです。長年そのままにしておいた実家をこれを機にお片づけを行う方も増えてきました。立て直して新築にしたり駐車場にして収入を得たり、更地にして売却したり、、、色々な方法がありますよね。そのような動きも3月4月になぜか集中したりしますよね?やはり年末から不動産の方が集中的に売却の広告を出すからでしょうか?いずれにせよもし空き家があるのであれば早く手を打つに越したことはありませんよね。実際に空き家にしておくと色々な弊害があるのも事実ですのでご紹介させて頂きましょう

1、近隣に対しての著しい悪影響をもたらす。

空き家のもたらす悪影響として、「雑草・悪臭など衛生環境悪化」・「景観の悪化」・「不法侵入などによる治安の悪化」・「生命・身体への被害のおそれ」というものが挙げられます。ほかに放火や、不法投棄の温床になったりしているのもまた事実です。

2、資産価値、経済循環の低下のおそれ。

「人が住むと家が傷みやすくなる」と思われがちですが、それは全くの逆です。人が住んでいるからこそ空気の循環があり、無意識、意識的に建物へのメンテナンスを行っているわけです。皆さんも雨漏りが起きたらどうしますか?生活に支障が出ますし、これ以上の被害が増えないように手を打ちますよね?空き家になるとそのほとんどが劣化し崩落の危険を持っています。そして町つくりの観点からみると、空き家ばかりのエリアは資産価値が低下し住みたいという人も減少し町の活気や魅力が失われていきます。

3、空き家率が30%を超えると自治財政が破綻する?

空き家が増加すると新しい住民が引っ越してこず税収も見込めないため自治体財政が破綻します。実際過去に北海道の夕張詩の空き家率は33%アメリカのミシガン州のデトロイト市は29.3%。どちらも30%前後で破綻しています。このような事が続くと近い未来全国統計が30%を超え国自体が財政破綻を迎える危険性があると言われています。

4、税負担、撤去費用、相続・・・空き家を所有するリスク

冒頭申し上げたように空き家対策特別措置法が完全施行、放置された空き家に対する指導が強化されることに加え、固定資産税の優遇措置の撤廃といった税制改正もなされました。そして、人口や世帯数の減少や住宅の長寿命化などを背景に、新設住宅着工戸数も徐々に減少に向かうという予測もあります。これからますます空き家を所有することのリスクは高まっていきます。具体的には「特定空き家」に指定されたらペナルティーとして固定資産税の優遇措置からはずされます。さらに「行政代執行」という形で所有者に変わって行政が建物の取り壊しを行うこともあり得るのです。

こうした状態の空き家を相続すること自体が大きなリスクとなります。例えば、いざ相続した空き家を手放そうと思っても兄弟姉妹などで共有相続してしまった場合、共有者全員の合意がなければ売ることも貸すことも壊すことも出来ません。

手をこまねいているうちにも空き家はどんどん荒れていき、行政から要注意物件としてマークされてしまう可能性も高まります。使っていない空き家をこれから相続する、あるいはすでに相続したという場合、適正に管理せずに放置しておくことのリスクはこれまでよりも格段に上がっています。
*撤去費用に税負担 空き家相続、高まるリスク
さらに空き家の中でも問題なのは「その他の住宅」の空き家です。こういった空き家は売却や賃貸などで活用される予定がない空き家であるため、管理が行き届かずに老朽化し、景観や環境などの面で周辺地域にリスクをもたらします。全国の「その他の住宅」の空き家は318万戸です。全国の空き家は約820万戸なので約4割が「その他の住宅」の空き家ということになります。そして、こうした「その他の住宅」の空き家数は実は都市部に集まっているのです。さらに日本社会では人口減少と高齢化が避けられません。将来「その他の住宅」空き家になるリスクが高い、「高齢者の単身・2人世帯の住宅」も都市部に集中しています。

参考になったでしょうか?家を所有するという事が最終的にどんなにリスクとなるのか?住んでもいないのにリスクのみが膨らみますし、実はご近所様にも間接的に迷惑をかけているかもしれないという事実を。百害あって一利なし。

一度大手ハウスメーカーなどでご相談いかがでしょうか?またいざおかたづけを!というときは弊社ナナフク横浜をお願い致します!

港南区で遺品整理のご依頼を頂きました。

こんにちはナナフク横浜です。

本日は港南区で行った遺品整理の作業の様子を報告させていただきます。

今回ご依頼いただいた方のご両親が住まわれてたお宅で作業を行いました。

見積もりに行かせていただいた時から

とても清潔に住まわれいたのが伝わるほどお家の中は綺麗でした。

生前税理をきちんと行われていたんだと思いました。

他社でも何軒か見積もりを取られていたみたいですがナナフク横浜を選んでくれました。

作業当日にナナフクを選んでくれた訳をきくと

一番親切で印象が良かったと言っていただけました。

とても嬉しかったです。

 

近年から高齢社の方がとても増え

需要のある遺品整理業者もとても増えきており、中には悪徳な業者も少なくはありません。

お金を払って不法投棄でもされていたら

たまったもんじゃありませんよね?。

ですから業者選びはとても重要になってきます。

ナナフク横浜では日々の作業の様子や、

不用品の処分方法、片付けかた等、

随時ブログ等で更新しておりますので

安心してご依頼いただけます。

では作業の様子を報告させてもらいます。

回収する不用品は2トンショートトラック約2台分となります。

ほとんどか綺麗に使われていたため

ゴミが少なく家具なども海外に輸出できるものばかりでした。

そのため料金も通常より安くなっております。

まず小物を仕分けてダンボールに詰めていきます。

一通り梱包が終われば順に荷物を

搬出していき大きな家具が通れる道を作ります。

小物が搬出し終わると家具の搬出になります。

今回一番重かったのはとても大きなテレビ台でした

とても大きく解体をしながら搬出しました。

その際ネジやビスなど無くさないよう丁寧に解体していきます。

海外に輸出するため部品は1つ足りとも無くせません。

その後大きな家具は2人1組になりお家を傷つけないよう丁寧に搬出していきます。

家具を一通り搬出するともう作業も終盤です。

床の掃き掃除や汚れているところを拭いたり

軽くハウスクリーニングを行いながら

部屋全体搬出し忘れているものが無いか確認しながら掃除していきます。

よくあるのが壁などにフックをつけたりしている場合や床下の収納にまだ荷物が残っていたりする場合があるので

掃除をしながら最終チェックを行います。

掃除終了後お客様に確認していただき作業終了となりました。

4名6時間ほどで終了しました,

喜んでいただきとても良かったです♬。

今回はご依頼いただきありがとうございました。

またなにかごさいましたら

よろしくお願いいたします。

横浜市港南区でお部屋の不用品おかたづけ(料金記載有り)

横浜市港南区で不用品おかたづけを行なっているナナフク 横浜です。

新年あけましておめでとうございます!!まだ横浜エリアにオープンしたての私たちですが、お客様に喜ばれるよう今年も一生懸命頑張りますのでよろしくお願いいたします!!

さて本日は横浜市港南区でのお部屋の不用品のおかたづけのご依頼頂きました。

この度は弊社不用品かたづけのナナフク横浜をご利用頂き誠にありがとうございます!!

さて、本日の不用品かたづけ作業内容です!!

まずはビフォーをご覧ください。

【作業前】

    

   

 

戸建の不用品おかたづけで1階・2階・ベランダ、庭周りなど、タンスや細々した日用品が点在しており、スタッフ2名で作業を行いました。次に作業後の写真を乗せておきます。

【作業後】

  

作業時間4時間、二トントラック二台相当の量をおかたづけさせて頂きました。

弊社不用品かたづけナナフク横浜では、買取品・リユース品(無料品)の独自のサービスがございましてお客様に喜んでいただいて作業を行なっております(^ ^)

買取品は下取りを行なったお品物ですので想像つきやすいと思いますが、リユース品とは買取は出来ないけどまだ使える不用品のお品物を指します。今後お客様にもイメージのつきやすい様に現場ごとのリユース品のお写真を撮影していきますのでぜひご閲覧くださいませ(^ ^)

 

【今回のリユース品です】。

今回は、碁盤・電球・工具類などリユース品(無料)の品物がございました。

家具も通常リユース品で引き取れる品物もありますが、今回は状態が悪かった為、見送りました。

 【お次は買取品です】

洗濯機がまだ比較的新しかったので下取りをとらせていただきました。

 

弊社ナナフク横浜はお客様が少しでも分かりやすくかたづけサービスを提供出来る様に不用品ブログでどんどんアップして参ります。

おかたづけの費用がわからない、少し不安などございましたら弊社不用品かたづけナナフク横浜にご連絡くださいませ。

スタッフ一同お待ちしております!!

 

・作業料金:¥119500-

・間取り:4DK

・スタッフ人数:2名

・作業トラック:2トントラック2台相当

・作業時間:3時間半

 

不用品ってどうやって処分したらいいの?

不用品ってどうやって処分したらいいの?

みなさんこんにちは。
横浜市港南区で不用品かたづけ、不用品回収を行っている
ナナフク横浜の担当Hです。

みなさんは不用品が出た時、どのように不用品を処分していますでしょうか?
ニュースでは許可のない場所にゴミを勝手に捨てていってしまう「不法放棄」が問題になっています。
不法放棄は立派な犯罪です。年間80万トン以上の産業廃棄物が山奥や山河、空き地などに不法放棄されていて、横浜市港南区でも身近なところでゴミがたくさん捨てられている現状がみられます。

 

ゴミが不法放棄されることの問題

山や川は生活に必要な水を運んでいます。また多くの動物や鳥、魚が住む場所です。
このようなところで不法放棄をすると、水質汚濁や土壌汚染の被害を与えてしまうことがあるため、動物たちの命や人間の命にも被害があります。

もし山などでタバコをポイ捨てしてしまったら、山火事になってしまう可能性もあります。
実際山火事の原因はほとんどの場合、人間が原因と言われています。たかが1本、ゴミ1個でも周りに迷惑をかける可能性があります。

また不法投棄は罰則があります。
個人の場合5年以内の懲役または1,000万円以下の罰金という重いものです。
法人の場合は、1億円以内の罰金を科せられます。

 

ゴミをなるべく減らすようにゴミ問題に取り組みましょう

みなさんは4Rという言葉を聞いてことがありますか?

・Refuse(断る)
余計なものを「必要ない」と断ることです。
例えばコンビニでもらうストローやスプーンを断ったり
マイバックを持つことです。

 

・Reduce(減らす)
ゴミを減らすことです。シャンプーやボディソープ、
洗剤などは詰め替えようを買うなどして、なるべく減らすようにしましょう。

 

・Reuse(再利用する)
子供服を友人に譲ったり、本を古本屋に売ったりなど
すぐにゴミにせず、再利用してもらうことです。

 

・Recycle(資源の再利用)
ペットボトルや、空き缶などを資源ゴミに回収して、
原料に戻し再度製品化することです。

 

これらをまとめたのが4Rです。
個人個人がこのようにいつでもゴミを減らすように心がけていれば少しずつゴミをなくすことができます。

 

不用になった不用品は正しい方法で処分しましょう

当店、ナナフク横浜では不用品の回収を承っております!
回収した不用品は独自のフローにより、別の方に使ってもらえるように環境にも配慮しております。
金額も低価格で承っているので、ぜひお気軽にご連絡くださいね!

横浜市 遺品整理を行う前に確認しておきたいこと。

遺品整理 ナナフク横浜

みなさんこんにちは。

横浜市港南区で不用品回収を行なっている

ナナフク横浜です!

 

大切な方が亡くなられ、

しばらくしてから行わなければならないのが遺品整理です。

 

故人を失った悲しい気持ちも落ち着き、遺品整理を始めようという方は遺品整理前に確認しておきたいことがあります。

 

今回は遺品整理を行う前に確認しておきたいことについてご紹介いたします。

 

遺品整理を行う前に確認しておきたいこと

1.賃貸住宅の退去日を決定する。

故人が一人暮らしで賃貸住宅にお住いの場合は、大家に契約内容などを確認してもらい、退去の手続きを行いましょう。

いつまでも退去しないままでいると、家賃が発生してしまうため費用負担が大きくなってしまうので早めに取り掛かりたいところです。

2.相続人に集まってもらい、形見分けを行う。

形見分けとは、故人が残した愛用品等を親戚や友人に送ることです。

あとで揉めることがないように、全員を集めて形見分けを行うことが大事です。

3.遺品整理のタイミング

故人が亡くなった後、なかなか死を受け入れることができませんよね。

そのため未だに遺品整理に手をつけていない方も多く、故人が生活していた部屋がそのままになっているという方もいます。

しかし、遺品整理を早急に行わなければならない場合があります。

例えば、故人が賃貸で一人暮らしをしていた場合です。

賃貸契約を解約をしないと、そのまま家賃が発生してしまうため、早急に遺品整理をしなければなりません。

 

3.遺言書の確認

ご家族や親戚の方が亡くなられた際は遺言書があるかを確認しましょう。遺言書は大きい資産だけでなく遺品の取り扱いに関する文も記載されているケースもあります。

遺言書の有無によって遺品整理の方法も変わるため、整理前に遺言書があるかを確認しましょう。

 

遺品整理はナナフク横浜にお任せ!

遺品整理でお困りという方は当社ナナフク横浜にお任せくださいませ。

当社では遺品整理作業を即日対応で適切で丁寧に行わせていただきます。。
電話1本で見積もりさせていただき、早急に回収させていただきます。

お困りの際はお気軽にお問い合わせください!