pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

不用品回収と遺品整理は何処が違う?業者毎の特徴を一挙公開!

不用品回収と遺品整理の違い

故人が生前に持っていた品の多くは使われなくなります。そのため、それらは不用品に該当すると考える人もいるでしょう。一方、遺品という呼び方をすることもあり、どのように扱うべきか迷ってしまうケースも見受けられます。正しく処分をしたいなら、不用品回収と遺品整理の違いを最初に把握しておくことが大切です。

不用品回収とは

文字どおり生活や仕事などで不用になったものを回収するサービスです。ただし、一口に回収といっても有償と無償の2種類があるので注意しましょう。また、金銭的な観点で価値があるアイテムに関しては廃棄の対象にはならず、買い取ってもらえるケースも少なくありません。言い換えると、今後他の人に売れる可能性があるものは無償回収や買取の対象となり、それ以外に関しては有償回収の後に処分されることになるのです。

 

また、有償と買取が混在しているようなケースでも、それらを差し引きした金額の支払いを行います。事前に見積もりをとることが一般的であり、それに不満がある場合は断ることも可能です。ただし、業者によって規約が異なるため、最初に確認しておくことが重要になります。

遺品整理とは

こちらもその名のとおり、故人が残した品々を整理する作業を指します。手記のようなプライバシーに関わる私物も対象であり、それぞれに合った方法で対応しなければなりません。たとえば、大切な想い出に違いないと判断できる写真や、家族への想いが感じられる手紙が見つかることもあります。その場合は、処分してしまうのではなく、しっかりと遺族に手渡しするなどの配慮が必要です。

 

廃棄しても構わないと合意のとれたものだけ処分し、それ以外のアイテムは形見として残します。そのなかにエンディングノートのような故人の意思が分かる資料があれば、そちらも最大限に尊重しながら作業を進めていきます。このように、不用だからといって、それだけ切り捨てることは基本的にありません。

不要品回収業者の特徴

不用品回収を依頼したくても、実際には我慢して自分で対処する人が多くいます。その理由は、具体的にどのようなメリットがあるのか分からないことです。自治体の回収サービスを利用するより利便性や経済性の面で優れています。少なくとも以下に挙げる特徴についてしっかり把握しておきましょう。

大抵の物は処分してくれる

自治体に回収を依頼しても断られてしまうケースは珍しくありません。公式ホームページをチェックすると分かりますが、対応できる品目が細かく分類されています。それらを眺めたときに、自分の手元にある不用品がどのカテゴリに属するのか判断しにくいことも多いです。

勘を頼りにカテゴリを決めて依頼した結果、該当しないと判断されて回収の対象外になることもあります。もちろん自治体の窓口に問い合わせれば教えてもらえるので、そのような事態を回避する術は残されています。しかし、その分の手間が発生することは確かであり、気分を害する結果になる可能性も低くありません。

 

一方、不用品回収業者であれば、そのようなリスクを心配する必要はありません。なぜなら、引き取りを拒否されるものはほとんどないからです。反社会的なものや法律に反しているものなどを除き、基本的にはすべてを快く回収してくれます。

買取りしてくれる場合もある

上述のように、回収の方法のなかには買取も含まれています。そして、不用品といっても、自分が必要としないだけで他人には魅力的なものも少なくありません。たとえば、歴史のある古銭が物置から出てきた場合、もう使えないので捨てたいと思うこともあるでしょう。

 

しかし、それらは古銭の収集家にとっては非常に価値のあるものかもしれません。その可能性に気付いても、わざわざ鑑定業者に依頼するのは面倒だと感じやすいです。不用品回収業者であれば、他の品々を回収するついでにそれらの査定も行ってくれます。ですから、不用品回収業者に依頼するタイミングが訪れるまで、とりあえず処分せずに置いておくという方針も選べるのです。

時間が無い人におすすめ

不用品がたまっていくので廃棄したいと思っても、毎日忙しくてその時間を確保できない人もいます。そのようなケースにおいても、不用品回収のサービスはうってつけです。基本的には電話1本ですぐに駆けつけてくれますし、あいにく無理な場合でも日時の指定が可能です。

 

自治体の回収サービスは時間を指定できませんし、運が悪いと1週間ほど待たされることもあるのです。不用品回収のスタッフが訪れたら、後は基本的に任せておくだけで作業は完了します。とても手際が良いので、自分で行う場合と比べると半分以下の時間で済むでしょう。

しかも、その間に自分は他のことをしていても構いません。仕事や家事があるなら、そちらに専念していても大丈夫です。ゴミの収集場所に持っていくような手間も発生しません。そのため、時間だけでなく体力の節約にもなります。

遺品整理業者の特徴

遺品整理は、単純に物品の処分を目的とするものではありません。あらゆる面で故人や遺族に気を使って行われる作業であり、大切な儀式といっても大袈裟ではないでしょう。とはいえ、具体的な特徴を知らないと依頼しにくいことも事実です。どのようなメリットがあるのかチェックしておきましょう。

物の扱いが丁寧

遺品は故人の想いや経験が宿っているものです。たとえ処分するとしても、その位置づけは決してゴミと同様ではありません。そのため、遺品整理業者はそれらを乱雑に扱わないように配慮しています。不用品回収でも丁寧に作業が行われますが、それはあくまでも依頼人の住まいを傷つけないようにするためです。もし傷を付けると修理費用が発生する事態になるでしょう。また、買取後の販売を視野に入れて商品価値を落とすわけにはいきません。

 

つまり、あくまでも業者側が不利にならないようにする考えがベースにあります。廃棄か決定している物品に関しては、運び出した後は特に丁寧に扱わなくても大丈夫です。それに対して遺品整理で丁寧に扱う理由は、故人や遺族を尊重するスタンスです。したがって、依頼者が見てないところでも、最初から最後まで宝物に触れるような感覚で作業を進めてくれます。

遺品供養をしてもらえる

上記の内容とも関係しますが、故人への想いは供養という形でも表現されます。遺品をゴミのように廃棄することに抵抗がある人は多いでしょう。手軽だからといって、そのような不遜な行為を遺品供養業者は行いません。たとえば、故人や遺族の想いがつまった品々を焚き上げするケースが多く見られます。もはや不用品回収と同様の物品処理とは思えず、葬儀の一部のように感じても不思議ではありません。

 

故人のものを残したくても、スペースや管理の問題でそうできないケースは珍しくありません。その場合は廃棄という方法を選ばざるを得ませんが、後ろめたい気持ちを感じてなかなか実行できないこともあるでしょう。遺品整理業者に頼めばしっかり供養してもらえるので、そのようなネガティブな感情を抱かなくても大丈夫です。

相続や空き家などの相談を専門家にできる

故人がなくなった後に問題になりやすいのが相続関連の事柄です。また、故人が一人暮らしだった場合や残された配偶者が引っ越す場合は空き家の問題も発生してしまいます。遺品整理だけでも大変なので、それらの対処で苦労することは避けたいという遺族も多いでしょう。

 

遺品整理業者のなかには、このような問題に精通しているところもたくさんあります。ですから、相談することで有益なアドバイスをしてもらえる可能性が高いです。弁護士のような専門家と提携しているケースも多く、素人だけでは対処できない問題も解決できる見込みがあります。ですから、遺品整理を申し込む際にそういった相談が可能か確認しておくと良いでしょう。

 

また、オプション料金を請求される場合もあるので注意が必要です。

まとめ

不用品回収と遺品整理はどちらも非常に便利なサービスです。忙しい世帯が増えていることから不用品回収のニーズは伸びていますし、高齢化社会を迎えて遺品整理の依頼も増えていく一方です。これらをうまく活用することで、自分たちの負担をできるだけ軽くするのは有効な手段といえます。基本的に料金がかかりますが、コストパフォーマンスは決して悪くないでしょう。

 

ただし、正しい知識を持っていないと、どちらに依頼すれば判断できないかもしれません。もちろん共通している部分もありますが、多くの面で違いがあるので気を付けてください。今回紹介した内容をしっかり理解しておけば、自分に必要なサービスを選択できるようになります。

 

いずれも依頼から実施までの流れは迅速ですが、混みあっているか可能性もゼロではありません。そのため、依頼することを決めたら、できるだけ早めに連絡することが望ましいです。最大限に活かせるように心構えを事前にしておきましょう。