pagetop
横浜の不用品回収はナナフクにお任せ。1点からでも即日対応可能!

横浜の不用品回収ナナフク

[ご相談・無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい]

無料お見積もりはこちら045-482-7813

ナナフクでは不要品回収や遺品整理、お部屋の掃除をする際に必要な知識、知っておいたほうがいい情報をご紹介しております。
ぜひ、ご一読いただき基礎知識や役立つ情報をチェックしてみてください。
ホーム > お役立ちコラム

オフィス移転で大量に出た不用品の処分はどうすれば?会社の粗大ごみの処分方法のご紹介

オフィス移転の際に生じることが多い産業廃棄物

事業の拡大をはじめとして、オフィスを移転する機会は意外と多いものです。一般家庭の引っ越しも大変な作業ですが、オフィスの場合はその何倍もの重労働になります。法律や規約に従う形でさまざまな処理を進めなければなりません。

その中でも特に気を使うのがゴミの処理であり、オフィスの規模によってはそれだけで3日以上かかる場合もあるでしょう。一口にゴミといっても多くの種類がありますが、一般的家庭と大きく異なるのは産業廃棄物の存在です。

もちろん、業種によってはあまり多く発生しないケースもあります。一方であまりに大量に発生して、どのように処理して良いのか分からず、途方に暮れてしまうようなケースもあるのです。不用品であるのは間違いありませんが、一般家庭のゴミのように処理して良いのか判断しにくいからです。


その結果、不法投棄してしまうような企業も見受けられますが、犯罪なので決してマネをしてはいけません。法律とモラルを順守して適切に処理することが求められます。企業の評判にも大きく関わることであり、不適切な対応が経営に大きなダメージを与えることも珍しくありません。作業廃棄物の処理は企業にとって重大なミッションであることを認識しましょう。

会社の粗大ごみの処分方法

ロッカーやOA機器をはじめとして、会社には粗大ごみになるものが多くあります。オフィスを移転するなら、それらの処分方法を把握しておくことが欠かせません。基本的には以下の3種類が存在するので臨機応変に選択しましょう。

許可を得た専門業者に依頼

オフィスで出た粗大ごみに関するルールは自治体によって異なります。しかし、基本的に家庭用の粗大ごみと同じ方法では回収してもらえません。

あくまでも原則ですが、都道府県の知事に許可されている専門業者に頼む必要があります。指定された料金を払ったうえで、委託する形になるというわけです。ただし、都道府県で価格が統一されているわけではありません。

そのため、複数社から見積もりをとったうえで決めることがポイントになります。少なからず悪徳業者も見受けられるので、本当に許可を持っているのか確認することが大事です。

自分で処分場に運搬する

一定の条件を満たしている場合に限られますが、事業者が自分で処分場に持ち込むという方法もあります。この方法を選択するなら、日時や場所などを事前に十分調べておきましょう。ゴミの種類についても確認しておかないと、現場で断られるような事態になりかねません。

なお、やはりこちらに関しても自治体によってルールが異なります。そのため、これまでにオフィスを移転した経験があるからといって油断しないでください。エリアにおける条件をしっかり理解したうえで、二度手間にならないように気を付けて臨みましょう。

買い取り業者に売る

捨てたいものがまだ使える状態であれば、買い取ってもらうことも可能です。わずかにでも利益が出るなら、たいていの事業者はありがたいと感じることでしょう。同じ種類のものでも、オフィスでは一般家庭よりハイグレードな製品を使っていることが多いです。

そのため、予想以上に高値で売れることも珍しくありません。古いものが多ければ、査定によって0円という値段を付けられる製品もあるでしょう。しかし、少しでもプラス査定があれば、処分にかかる費用を軽減できます。不用品の回収も行っている業者なら、費用と収益をその場で相殺してくれるので手間もかかりません。

ゴミを処分する時に注意することとは?

オフィスの移転でゴミを処分するときは細心の注意を払いましょう。どのようなリスクがあるのか理解したうえで適切に実施しなければなりません。以下に挙げる2点はその中でも特に重要なものです。

会社の粗大ごみは自治体に回収してもらえない

前述のように、事業活動によって生じた粗大ごみは一般家庭のそれとは扱いが異なります。たいていの自治体では普通に回収してもらうことは不可能です。産業廃棄物に分類されている時点で、まったく別物だと認識しておく必要があります。

家に持ち帰り、家庭ごみとして捨てれば良いと考える人もいるでしょう。そのような行為が発覚した場合、罪に問われるリスクがあるので注意してください。個人の問題では済まず、企業全体に厳重な指導が行われる可能性もあります。

情報漏洩には細心の注意を払う

企業から出るごみには情報が残っているケースが少なくありません。たとえば、パソコンを廃棄する場合、ハードディスクに個人情報が残っていることはよくあります。デスクを処分する場合も、機密資料が引き出しに入っているようなケースもあるのです。それらを悪意のある人物が入手した場合、さまざまな弊害が生じるリスクがあります。

したがって、情報漏洩が起こらないように事前の処置を十分に行っておくことが重要です。パソコンならハードディスクを物理的に破壊しておくという方法もあります。いずれにせよ、従業員による綿密なチェックが大前提です。

事務所移転の際は「処分」と「買い取り」を組み合わせてコスト削減!


一般的に、オフィスの移転には大きなコストがかかります。いくら円滑に引っ越しが完了しても、その後の事業活動を行う資金が不足すると意味がありません。少しでもコストを軽減しようとする姿勢が重要であり、そのためにはごみの廃棄を工夫することも大事です。単純に処分するだけでなく、買い取りをうまく活用していくことがポイントになります。

寿命が尽きていないものは、まず買い取りの見積もりをしてもらいましょう。見積もり無料という業者が多いので、いくつかに依頼してみることが大切です。業者の専門性などにより、査定額に差が見られることがよくあります。ただし、高く買い取ってもらえるところを選ぶだけでは不十分です。

処分にかかる費用も同時に見積もってもらい、その収支ができるだけプラスになるところを選択しましょう。いくら買い取りの査定が高くても、処分にかかる費用がそれ以上ならマイナスになってしまいます。反対に、買い取りの査定が低くても、処分にほとんど費用がかからないならプラスになるでしょう。

このように両方のバランスを確認したうえで決定することが大事です。処分と買い取りの査定を同時に申し込めるところを選べば、待ち時間を短縮できるのでオフィスの移転をスムーズに進められます。

まとめ


オフィスの移転におけるごみの処分は、工夫次第で満足の高いものになります。たとえば、処分と買い取りを同時に申し込むことにより、何らかのサービスを付帯してくれる業者も珍しくありません。


多様な観点を持てば、自社にとって最もコスト削減につながる業者を選べるようになります。少なくとも法律に反するような廃棄の仕方をしてはいけません。それが不安なら、たとえごみの量が少なくても専門業者に任せたほうが安全です。もちろん、量が多ければ、その恩恵は何倍にも膨らむことになるでしょう。


オフィスの移転は準備することが多く、事業をストップする状態になるケースがよく見受けられます。
その間にビジネスチャンスを逃すなど、企業にとって大きな痛手が生じることもありえます。そういった事態の予防としても、最初にしっかり方針を決めたうえで、適切に処分を進めていくことが欠かせません。直前になって慌てるのではなく、計画的に実施することを心がけましょう。

どうやって捨てる?捨て方がわからないゴミの処分のご紹介

捨てたいゴミの捨て方がわからない

家庭で出たゴミの捨て方がわからないことで悩まれる方が多いです。
異素材でできている製品を処分したい場合や、刃物の処分方法・油の処分方法など、特に迷いがちな分別方法になります。自治体によって分別の方法が異なってくるので、わからない場合は自治体に問い合わせることが必要になります。

指定の有料のゴミ袋でゴミを出さないと回収してもらうことができない自治体も多いです。分別方法を間違って捨ててしまうと、迷惑をかけてしまう恐れがあります。ペットボトルなどリサイクルできるゴミもあるので、しっかり分別してゴミを出すことで資源を守ることができ環境保全に繋がります。

迷いがちなゴミの分別方法

ゴミの捨て方で、どうしてよいか迷いがちなゴミは多数あります。ゴミの分別はおおまかに分けて、プラスチック類や缶ビン類・可燃ゴミ・不燃ゴミ・ペットボトルなどに分別することが多いです。

電池や電球・蛍光灯などが有害・危険ゴミとして扱われます。家庭で洗濯をする際に使用する液体洗剤の容器は、プラスチックでできているものはプラスチック類に分別します。

9割燃える素材なら可燃ゴミ

9割燃える素材なら可燃ゴミに分類してゴミに出すことができます。一部に金属などが使用されているものでも、90パーセント以上が燃える素材の場合は可燃ゴミとして扱います。木製のハンガーなどは金属部分を取り外すことは非常に困難になるので可燃ゴミで出せる場合もあります。

液体洗剤は中身と容器を分別する

中身をそのまま入れたままゴミに出すことはできないので、注意する必要があります。とろみがある液体の場合は、ティッシュなどでかきだしてから、容器を空にする必要があります。

かきだしたときに使用したティッシュは、可燃ゴミに出すようにします。基本的に液体はゴミに出すことができないので、自分で処理をする必要があります。

油は新聞紙に染み込ませる

料理で揚げ物などをおこなった後に出る油の処理に困る方も多くいらっしゃいます。油はそのまま下水に流すと環境汚染に繋がることになるので、正しい処分の仕方をすることが大切になります。牛乳パックなどに新聞紙やキッチンペーパーなど吸油性の良い紙を入れて、そこに不要になった油を入れることで、手軽にゴミに出すことができます。

牛乳パックがない場合は、ポリ袋に入れることもできます。ポリ袋を利用する場合は、口をしっかりとしめてからゴミに出すようにします。夏場など気温高い季節は、油をゴミで出すと自然発火の恐れがあるので、水も一緒に浸みこませると発火を防ぐことができます。

市販に凝固剤などもあるので利用すると簡単に不要な油を捨てることができるのでおすすめです。

刃物は厚紙に包む

包丁などの刃物を捨てる場合は、慎重にする必要があります。刃物は厚紙に包むようにして危険・有害ゴミに出すようにします。包丁などはゴミ収集の方が誤って怪我をしないように、キケンといった文字を厚紙に示さなければならない自治体などもあります。

手間をかけずにゴミを捨てる方法

業者に依頼する方法

とてもメリットが多いです。業者に不要物の回収を依頼すると、自分の指定したところまで業者が収集しに来てくれるので、重たい不要物を運ばなくても済みます。都合の良い日時を指定することができるので、平日仕事などで忙しい方や早く不要品の処分をしたい方などが利用すると便利です。

他の回収よりは人件費や搬送費がかかるので費用が高くなるのですが、手間をかけずにゴミの処分をしたい方におすすめの方法になります。業者によってはリユースすることができるものは買い取ってもらえるケースもあります。

自分で直接ゴミ処理場に持っていく方法

自分でゴミ処理場に持っていく場合は、可燃や不燃の他に粗大ゴミの処分もできます。年末など大掃除でたくさんの不要物が出た場合など利用すると便利です。ゴミ処理場への持ち込みにかかる料金は、ゴミの総重量で変わります。ゴミ重量1kgあたり、だいたい100~300円程度です。

ゴミ処理場でゴミを捨てる方法

捨てられるゴミか確認また日時をチェックする

処理場によって捨てることができる不要物などが異なってくるので、住まいの近くにあるゴミ処理場を利用する場合は、事前に確認する必要があります。持ち込みすることができる時間帯も決まっています。日時などはホームページなどでくわしく記載されているので、手軽にチェックすることができます。

日によって受付していないゴミなどもあるので、そのへんも注意して確認すると良いです。市のゴミの回収とゴミ処理場で共通して出すことができないものは、家電リサイクル法で定められているものになります。

テレビや冷蔵庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機などリサイクル法の対象品目です。これらの処分は製品を購入した販売店や市内の家電リサイクル券対応業者などに依頼をして処分することになります。定められたリサイクル料金を支払う必要があります。

予約をする

ゴミ処理場で処分することができる場合には、予約することが必要になります。特に粗大ゴミや臨時に出た不要物の場合は予約が必要になることが多いので気を付ける必要があります。

また細かい決めごとがある場合があり、1回に持ち込めるゴミの量が決まっている場合もあります。料金はゴミ処理場や持ち込むゴミによって変わってくることが多いです。ゴミ袋が有料の市町村の場合可燃ゴミや不燃ゴミは無料で引き取ってくれる場合も多くあります。

ゴミ処理場に持っていく

ゴミ処理場に持っていくと決まったら、きちんと分別をおこなってから持っていくことが大切になります。処理場は引越しや年末などの大掃除のときにたくさん出た不要物を出したいときなどに利用するととても便利ですが、自分で持っていくので車が必要になります。

とくに年末は多くの方が利用するので非常に混雑します。年末に利用する場合は、時間の余裕を持って早目に行動することが大切になります。

まとめ

家庭で排出されるゴミで、どの分別に出したらよいのかわからなくなって迷う方が多いです。2つの違う素材でできているもので、取り外しが困難な場合は特に困ります。燃やすことができる素材が90パーセント以上占めている場合は、可燃ゴミとして出すことができます。このように不要物の分別に困ったら何の素材でできているのかチェックすると分別しやすくなります。

分別の仕方は自治体によって細かくわけられているので、分け方に困った場合は、自治体や市町村のホームページで確認することが大切になります。回収方法は、自治体でおこなわれる回収自分でゴミ処理場に持って行く方法不用品回収業者の利用などがあるので、自分のニーズに合った方法で処分することができます。

ゴミ処理場の利用をする場合などは、不要物によっては処分することができないものもあるので、前もって確認することが必要になります。ペットボトルなどは、再利用することができるので、ゴミの分別はきっちりおこなうことが大切になります。

いらないソファを処分したい!買い換え時期と処分方法

ソファの寿命や耐久性は?

いらないソファを処分したい時は、いくつかのポイントを検討して決めることが大切です。

ソファには素材ごとに寿命がある

素材によって寿命が多少変わってきます。

【本革】…約10年
【合成皮革素材】…約5年~7年
【布貼り】…約8年

本革を使用したソファは耐久性が高く、一般には10年は持つといわれています。

逆にあまり長持ちしないのは合成皮革素材で、扱い方にもよりますが長くても7年前後、短いケースだと5年ほどで寿命を迎えます。
合成皮革は水分に弱い性質があるので、高温多湿の環境や汗の付着があると寿命が短くなる傾向です。

布張りは寿命的に本革と合成皮革の中間に位置する素材で、最低でも8年くらい持ちますが、条件次第では本革と遜色のない寿命に期待できます。

買い替え時の目安は?

座面のクッションが潰れて戻りにくくなったり、体が沈み込んで座っているとお尻が痛くなるなどです。
それから座る度にきしみが気になったり、座面や背面が擦れたりほつれるなどして傷みが目立つ場合も同様です。

他にも取れないシミや汚れが目立ち始めたり、染みついたニオイが取れないソファも、買い替えを検討した方が良いでしょう。クッション性は中身を取り換えないと回復しませんし、表面は張り替えなければ同じく新品同様にはならないです。ソファは基本的に洗えませんから、汚れやニオイが染みついて取れなくなるとお手上げです。

愛着が湧いて買い替えが考えられないなら別ですが、消耗品と理解していて傷みが気になったら買い替えを検討しましょう。

解体して普通のゴミとして出す

基本的なゴミの捨て方

解体して素材ごとに分けて、自治体が回収するゴミの種類に合わせて出すやり方です。
解体作業は手間がかかり、解体後は複数のゴミが大量に発生するので、広い場所を確保して作業を始めましょう。
表面素材によって本革や合成皮革、布、中からはウレタンフォームのようなスポンジのゴミが出ます。

解体に必要なもの

解体に必要なものは以下の通りとなります。

・手袋
・掃除機
・釘抜き
・ドライバー
・ノコギリ
・電動工具

作業中に怪我をしない為の手袋ゴミを分別する袋、掃除機といった道具が挙げられます。
釘で固定されていれば釘抜き、ネジであればドライバーも必要になるでしょう。
フレームが木製ならノコギリが使用できますし、ライバーも含めて電動工具を揃えれば作業効率がアップします。

解体の流れ

解体の流れは以下の通りです

①ソファの表面をハサミなどで切ってから剥がす。
②クッション材を取り出してフレームやスプリングを取り外す。
③素材別に分けてゴミ袋にまとめる。

表面素材が本革だと厚く硬くて普通のハサミでは切りにくいですから、厚手の素材が切れる切れ味の良いハサミを用意しておきましょう。クッション材は大量に出てくるので、こちらも取り出したらハサミで大きく切り分けて、圧縮するように袋に詰めて分別するのが良いでしょう。
木材や金属は工具を使わないと解体したり取り出せませんから、手順を考えながら怪我をしないように1つ1つ解体していくことをおすすめします。

自分で持ち込んで処分する方法4選

自分で持ち込み処分する方法は、主に4つに分けることができます。

粗大ゴミとして自治体に引き取ってもらう方法

自治体が有料でソファの回収を行っている場合に有効です。自治体に申し込んだり、ゴミ処理券を購入して回収日時に合わせソファを所定の場所に運び出す必要はありますが、解体作業をせずに済むので楽です。

ゴミ処理券の価格や申し込み方法は自治体によって異なるので、予め粗大ゴミで回収しているかどうかも含めて確認しましょう。
電話で申し込む必要がある場合と、インターネットに対応しているケース、そして処理センターに直接持ち込める場合があります。

家具専門店に依頼する

これは家具に精通するお店に相談して回収や処分をしてもらうやり方です。
家具専門店はソファを販売するだけでなく、処分方法も知っている可能性が高いですから、相談先として家具専門店に相談したり依頼するのもありでしょう。
その場合、できるだけ購入した家具専門店に依頼しましょう。

出張回収を依頼する方法もあるでしょうが、車が用意できて持ち込めるのであれば、ソファを積み込みお店に持っていくのが手っ取り早いでしょう。
事前に持ち込みに対応しているか確認したり、日時の予約は必要ですが、出張回収より費用を節約できるのは確かです。

買い替えの際に店舗で引き取ってもらう

処分費用を節約したり、負担せずに済む可能性に繋がります。
買い替えはお店にとって魅力的ですし、買い替えで商品が売れるメリットが大きいと判断されれば、引き取りにも快く応じてくれるでしょう。買い替えを条件にソファを安く販売するお店であれば、処分についても考えてあるのは当然ですし、出張や持ち込みで引き取ってくれるはずです。

ソファの処分を検討するのは基本的に買い替えのタイミングなので、割引価格での販売や引き取りを行っているお店は狙い目です。
持ち込みだと車の手配や積み込みは必要となりますが、回収処分に費用がかからないのであれば、食事などをお礼に身近な家族や友人に手伝ってもらっても十分に元が取れると思われます。

リサイクルショップで売る

ソファは家具の中でもスペースを取るもので、状態や需要が価値を左右しますが、売れるチャンスのあるなしでいえばあります。購入して数年程度なら、比較的寿命の短い合成皮革素材のソファでもまだまだ十分に使える可能性があるでしょう。

リサイクルショップは基本的に使えるものなら何でも査定買い取りをしますし、二束三文でも売れる価値がある家具なら引き取ってくれます。処分費用がかからないばかりかお金が受け取れるので、リサイクルショップで売るというのはソファの処分において、案外悪くない選択肢だと考えられます。

似たような処分方法にフリマやネットオークションもありますが、これらはやり取りの手間や送料の発生、トラブルのリスクといった懸念が無視できないのがネックです。
その点、リサイクルショップなら価格は査定で決まりますし、持ち込みであれば送料不要でトラブルの懸念が残らない即現金化と処分が実現します。

処分に手間をかけたくない場合

不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者に依頼する方法は、搬出や積み込みに運搬と処分を含めて、全てプロに任せられるのがポイントです。
不用品回収業者は文字通り不用品の回収に長けていますし、資格を持って業務を行っている業者であれば、処分を含めて安心して依頼できます。費用は発生しますが、料金は手配するトラックの大きさや作業人数で決まる傾向なので、少人数がけの軽いソファなら大きな負担は生じないでしょう。

勿論、具体的な費用は見積りを出してもらわないとわからないので、正式に依頼する前に無料で見積りを出してもらうことが大切です。

メリット・デメリット

メリットとして、訪問や回収をしてもらいたい日時が指定できたり、回収場所を指定してきてもらえる点です。

自治体の粗大ゴミ回収は指定の場所に運び出す必要があったり、指定場所以外には回収にきてくれませんが、不用品回収業者は対応の柔軟性が高いので希望に応じてくれます。地元の業者で予定が埋まっていないなら、問い合わせのタイミング次第で当日中の回収も実現するでしょう。
また、搬出に階段を使う必要がある場合でも嫌な顔をしませんし、狭い場所でも運び出しからやってくれるので頼りになります。

デメリットとして、粗大ゴミ回収よりも費用が高いことで、例えば3人がけ以上で重量があるとなると、作業人数が増えるので費用も必然的に高額になるでしょう。

まとめ

いらないソファの処分は、ソファの素材や状態から買い替え時期を含めて検討するのが基本です。
素材は本革が一番寿命が長く、次いで布張り、合成皮革の順となります。ソファを処分する方法として普通ゴミに出す方法もありますが、解体して素材別に分別が必要になるので大変です。工具も用意しなければいけませんし、体力や力も必要になるので、最後まで解体する自信がなければ他の方法を検討するのが賢明でしょう。

自分で持ち込み処分する方法には、自治体に粗大ゴミに出したり家具専門店に依頼する、買い替えのタイミングでお店に引き取ってもらったり、リサイクルショップに売るなどがあります。

手間をかけずに楽にソファを処分したい場合は、不用品回収業者が有力な選択肢となります。
不用品回収業者は搬出から処分まで一貫したサービスを提供するプロで、希望日時に指定の場所にきてもらうといった柔軟な対応が期待できます。

メリットは豊富で、2階かそれ以上の場所からも搬出してもらえたり、積み込みや運搬も安心して任せられることです。費用が高くなるデメリットはありますが、メリットと天秤にかければ不用品回収業者の選択肢は十分に検討に値するでしょう。

不用品回収と廃品回収の違いは?

そもそも不用品回収とは?

回収業者が行っている

不用品回収は主に不用品回収業者が業務を行っており、業者に依頼することで不用品の回収に来てもらえるのが特徴です。必然的に依頼先が不用品回収業者となるので、知名度や実績、信頼性などで選んで依頼できる安心感があります。

勿論、回収できない物もありますが、基本的には何でも回収を相談することが可能で、一般家庭やオフィスから出る不用品であれば大抵の物の回収を行っています。

廃品回収よりも回収範囲が広い

廃品回収と不用品回収は、両者を区別しないこともありますが、実際には回収範囲に違いがあることが多いです。そして廃品回収と比べて不用品回収の方が、回収を行う対象の範囲が広い傾向にあります。

特に違いが見られるのはリサイクルが難しい物の回収で、廃品回収だと断られるような物であっても、不用品回収なら回収してくれる可能性が高いです。

物によっては買い取りもしてもらえる

不用品回収の良いところは、
回収の際に不用品を査定して買い取ってもらえることにあります。

買い取り可能かどうかは物の種類や状態、それに査定の結果に基づいて判断されますが、価値ある物で需要がある物なら買い取りしてもらえます。買い取りが受けられると、不用品回収が費用を取られるだけでなく、利益を生むものになります。

つまり費用を抑えることができたり、逆にプラス収支で不用品回収が実現する可能性があることを意味します。

回収と買い取りが一度で済む

買い取りに対応している不用品回収であれば、
回収と同時に買い取りしてもらえるので便利です。

最初に査定を受けて買い取りしてもらい、次に買い取り対象外の不用品を回収してもらうとなると二度手間です。
しかし、不用品回収業者はこれをまとめてやってくれるので手間がかからず、先送りにせずに済みます。手間のかかることはついつい億劫になって先送りにしがちですが、不用品回収業者に相談すれば、すぐに買い取りが受けられて回収の完了となります。

廃品回収とはなんだろう?

子どもかいや町内会などの団体が行う

廃品回収はこれらの団体が日時や場所を指定して、
定期的に回収を行っている特徴があります。

地域の団体では持ち込んで回収をしてもらう形が多いので、この場合だと自分で持ち運べる物以外の廃品回収は難しいです。ただ定期的に回収をしていることから、頻繁に発生する廃品を処分する目的に向いています。

例えば新聞雑誌にダンボールなど、どの家庭でも出る物が廃品回収で回収してもらいやすい物です。

紙や瓶など、再生可能な資源を回収する

廃品回収の目的はリサイクルできる資源の回収にあるので、
再生可能な物に限って回収しています。

新聞紙や雑誌といった紙でできた物が廃品回収の対象なのも、リサイクルしやすく資源の有効活用ができるからです。
も同様に回収対象ですし、缶や古着に古布なども回収してもらえます。

自治体によっては奨励金が支給される

これは全ての自治体ではないですが回収資源の量に合わせて奨励金が出ることがあります。
奨励金が出る仕組みは廃品回収を行う団体登録をして、再生可能な資源を集めることで、回収した資源量に応じて奨励金が支払われます。

このようなお金が活動資金になっている団体もあるので、廃品回収が重要な財源というところも少なくないです。奨励金が出ると自治体の意識が変わりますし、モチベーションが高まるので、廃品回収を推進する一因になっています。

不要物を処分して環境保全に協力できる

不要な物を廃品として処分できる上に、環境保全に役立てるのが廃品回収の魅力です。
一般ごみに出してしまうような不要物であっても、ごみとして捨てるのと廃品回収に出すのでは大きく異なります。

ごみは燃やしたり埋め立てる形での処分となりますが、廃品回収はリサイクルできる物を資源として有効活用できます。
つまり、貴重な資源を無駄にせずに済むので、環境保全に貢献できる結果に至ります。

あらかじめ回収範囲を確認しておこう

廃品回収は、回収範囲を確認した上で依頼するのが基本です。回収範囲を知らずに持ち込んだり依頼すると、持っていってもらえるはずの物が手元に残ってしまう可能性があるので注意しましょう。
これでは折角の廃品回収が台無しですから、前もって回収範囲を確認して、回収対象の物を集めてから依頼するのがよいでしょう。

不用品回収と廃品回収の違い

回収範囲の違い

これが不用品回収と廃品回収の決定的な違いで、不用品回収は対象物がリサイクルできるかを問わないです。

対する廃品回収は、資源の有効活用を目的としていることから、リサイクルできるかどうかを重視します。当然ながら、廃品回収ではリサイクルの可否が回収範囲に直結するので、不用品回収と比べると対象の範囲は狭く限定されます。

これは回収の目的を考えれば納得ですし、両者の違いを分けるポイントになっていますから、何が異なるのか理解しやすくなります。紙類や瓶、缶などの再生資源になりやすい物は廃品回収、それ以外は不用品回収と大まかに覚えることができます。

リサイクル可能なものは廃品回収

資源を再生する為に要らなくなったものを回収する廃品回収は、リサイクルできるものの回収を任せることができます。廃品回収を依頼するリサイクル可能なものかどうか分かりますし、回収対象であれば資源の有効活用に繋がるので安心です。自分でリサイクル可能なものかどうか予め確認することが前提ですが、その上で廃品回収に任せれば、要らないものを処分できます。

環境保全に貢献できて資源が無駄になりませんから、とても時代にあっていて良いことができるといえるでしょう。
廃品回収はリサイクル可能なものを任せるのに最適、そう覚えておくと資源を有効活用して欲しい時に頼りになります。

不用品が大量にある場合は不用品回収

部屋中が不用品で溢れるような状況が発生したら、不用品回収を相談して任せるのがベストです。不用品回収はリサイクル可能か否かを問わず、幅広い回収対象をまとめて持っていってくれます。不用品の分別が大変なほど大量で難しかったり、手間を掛けずにスッキリさせたい場合に不用品回収が活躍します。

何より買い取りもしてくれますから、お金になる価値あるものをごみのように捨てずに済みます。売れるものは売る、売れないものは不用品回収してもらう、これこそが不用品回収を活用するポイントです。不用品回収なら廃品回収に任せにくいものでも、一緒に回収してくれるので心強いです。

悪徳業者に注意しよう

所在地や固定電話を持っているか確認しよう

回収を依頼する相手は信頼できることが大前提となるので、まずは所在地と固定電話があるかチェックです。特定の所在地を持たない回収業者は、どこの誰か分からないことを意味するので、信頼が疑わしいどころか悪徳業者の恐れがあります。

悪徳業者は自分の利益ばかりを追求する傾向で、回収後に評判がどうなろうとあまり気にしなかったりします。この為、あえて所在地を公開しなかったり固定電話を置かないことで、身分を隠しながら悪どい回収を続けているわけです。逆にいうと所在地と固定電話を併せ持っていれば、その業者は悪徳ではない可能性が高まります。

許可を持っているか確認しよう

不用品の回収には許可が必要で、許可なく回収業務を行うことはできませんから、許可の有無を確認するのは悪徳業者の判断に有効です。

許可が確認できると安心なのは、産業廃棄物や危険物に医療機器の回収許可です。
これらは無許可で回収できないものばかりですから、自信を持って回収を任せる為にも、最初に許可を確認しておくことをおすすめします。

「無料回収」という謳い文句に注意

無料回収の響きは魅力的でお得に感じられますが、条件が厳しかったり実質的に無料でないことがあります。
例えば、回収してお金になりそうな比較的新しいものに限り無料、あるいは作業料は別料金で回収のみ無料といったケースです。

無料回収で費用を負担せずに済むつもりが、いざ回収を依頼すると高額な出張料が請求され、しかもキャンセルできないというケースもあります。
これだと得をするどころか大損になりますから、無料回収という甘い言葉には裏がないか注意しましょう。

まとめ

不用品回収と廃品回収は目的に違いがあることから回収範囲が異なり不用品回収の方が範囲が広い傾向にあります。廃品回収リサイクルできる資源の回収が主な目的なので、回収してもらえる対象に限りがあります。

不用品回収は買い取りも行っているケースが多いですから、費用が発生する一方だけでなく利益が生まれます。このように両者には違いがあるので、回収してもらいたいものがリサイクル対象か否かで判断できます。

ただし、回収業者には悪徳なところもありますから、所在地や固定電話と有する許可を確認して依頼を決めたいところです。こういった要素は悪徳業者の見分けに役立つので、覚えて置いて損はないでしょう。無料回収は本当に無料か疑うのが基本で、条件や追加費用について念入りに確認するのが賢明です。

知っておきたい!テレビを賢くお得に処分する方法

テレビはリサイクルに出せる?

テレビはリサイクル法の対象製品である

特定家庭用機器再商品化法は、家電リサイクル法とも呼ばれている法律です。一般家庭や事務所などから処分される、エアコン・テレビ・冷蔵庫や冷凍尾・洗濯機や乾燥機などの電化製品は、特定家庭用機器廃棄物に分類されており、自治体が回収を行っている粗大ゴミに出すことができません。

テレビは、ブラウン管や液晶、プラズマなどが含まれるのですが、パソコンのモニターもこれらの種類に含まれるため粗大ゴミ回収での処分は不可能です。また、この法律は、有用な部品や材料などをリサイクルする目的で制定されたもので、廃棄物そのものの量を減らして資源の有効活用を推進するなどの大切な目的を持ちます。

テレビのリサイクルにかかる料金

テレビのリサイクル料金は、回収を行う会社により金額そのものが異なりますが、おおよその目安として1,870円~2,970円の費用が必要といわれています。特定家庭用機器再商品化法が制定された以降に購入したテレビなど、リサイクル家電については購入時にリサイクル料金を支払っている関係から、購入した販売店に持ち込むことで無償の形で処分することができます

しかし、古い時代に購入したテレビ1,870円~2,970円のリサイクル料金を支払い処分する形になります。ちなみに、従来のブラン運管方式のテレビは、15型以下では1,870円で16型以上では2,970円など大きさによりリサイクル料金が異なります。

4つの正しいテレビの処分方法

新しくテレビを購入する家電量販店に引き取ってもらう

テレビの処分をしたいとき、これから購入する家電量販店に依頼することで、有償で行うことができます。この場合は、購入の際に店員さんに既存のテレビの処分をお願いしておく必要がありますので、その際に処分費用なども確認しておくと良いでしょう。

購入した家電量販店に引き取りを依頼する

最近は、ネットなどでテレビを購入される人も多いかと思われますが、ネット通販を通じて今現在使用しているものを処分することはできません。対象となるテレビを購入した家電量販店が近くにある引っ越しなどで遠方に越していないのであればその家電量販店に頼めば回収してもらうことができます。

この場合、ネット通販でテレビを購入して既存のものを家電量販店で回収処分だけをお願いする形になりますが、家電量販店はリサイクル家電の回収窓口にもなっていますので利用されることをおすすめします。

地域の指定取引所へ持ち込む

一般財団法人家電電気製品協会では、リサイクルの始まりは正しい処分からといったキャッチコピーを通じて様々な取り組みを行っています。公式サイトにアクセスすること最寄りの指定取引場所や営業日検索ができるようになっていますので、住まいの近くに家電量販店などのお店がないときなど便利です。

指定取引場所を調べるときには、都道府県を選択することで対象となる都道府県内にある指定取引場所の一覧が表示されますので、近くの施設を見つけるときなど便利ではないでしょうか。

自治体の指定する買取業者へ処分を依頼する

家電量販店や指定取引場所などでテレビを処分するときには有償の形になりますが、まだ使えるようなテレビであれば自治体が指定を行っている買取業者に依頼すれば多少なり現金化ができるメリットがあります。

自治体が指定する買取業者は、許可をしっかり得た上で業務を行っていますので不法投棄などのリスクがありません電話などを利用して連絡すれば、自宅まで不要になったテレビを回収しに来てくれるなどのメリットもあります。この場合、テレビがまだ利用できるなどの条件がありますので、壊れていないことを確認しておきましょう。

違法の廃棄物回収業者に注意!

なぜ、無許可の業者に依頼してはいけないのか?

不用品回収を行う業者の中には、産業廃棄物収集運搬業や産業廃棄物処分業などの許可を得ず営業している悪徳なところも存在します。このような悪徳業者の中には、最初は無償で回収するといっていたけれどもトラックに積み込んだ後に費用を請求するといった悪意を持つところもあるので注意が必要です。

この場合、回収を断った場合にはトラックから積み下ろしの工賃を請求する可能性もありますので注意を要します。無償ではなく有料となっている場合も同じで、最初に提示された金額よりも請求額の方が高くなるケースもあるようです。

不法廃棄による環境への悪影響

産業廃棄物収集運搬業の許可は、回収することを主な事業にする場合に必要なもので回収する場所や荷下ろしをする場所などの地域を管轄する都道府県知事への届出と許可が必要です。一方、産業廃棄物処分業は、回収された不用品を処分する事業を手掛けている場合に必要な許可で、処分業者との連携ができない場合などでは不法投棄されてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

人里離れた山奥などに回収したものを破棄する、これが不法投棄になるわけですがテレビなどをはじめ、家電品類やその他の回収物はそのまま放置していても土にかえることはありません。製品によっては内部から有害な液体が漏れて来ることもある、サビなどにより周辺の環境が悪くなるいわゆる汚染などのリスクもあるわけです。有害なものが土の中に浸透すれば地下水への影響も出て来ますし、地下水は将来水道水になるものでもあり飲料水への汚染リスクも出て来ます。

適正な認可を持つ業者に依頼しよう

不用品回収を手掛けている会社に依頼したいとき、ホームページに産業廃棄物収集運搬業の許可を得て営業しているのか否かの確認をしましょう。さらに、業者の担当者が回収に訪れたときにも許可証の提示を求めることも大切です。

また、自社で処分をしていない場合には、回収したものがどのような処分業者に引き渡させるのかなどの確認も大切で、これらは不用品を出す側の義務でもあり不法投棄された場合には回収処分を依頼した側にも罰則が与えられますので注意が必要です。

その他の処分方法

処分方法に困った時は自治体へ連絡しよう

近所に家電量販店がなかったり、お店が比較的近くにあっても車などがなくて持ち込めない、このようにテレビの処分に困ってしまう人も多いのではないでしょうか。自治体の粗大ゴミ回収ではテレビなどのリサイクル家電は受け付けていませんが、自治体は相談することは可能です。お住まいの地域を管轄している自治体の公式サイトにアクセスし電話番号などを調べて確認されることをおすすめします。

まだ使えるならリサイクルショップへ持ち込んでみよう

比較的新しいテレビなどの場合、リサイクルショップで買い取ってもえることもありますし、年式がそれほど古くなくまだ利用できるテレビであればリサイクルショップに相談するのが最適です。なお、リサイクルショップを選ぶときにはなるべく大きな倉庫を保有している会社を見つけるのがポイント、倉庫があるようなお店などでは在庫を確保しやすいなどのメリットもあります。

まとめ

テレビはリサイクル家電に分類される電化製品で、パソコンのモニターなども同じく自治体が窓口になっている粗大ゴミ回収での処分はできません。基本的には、購入した家電量販店に依頼することで処分することができますが、ネットなどで新しいテレビを購入したときも最寄りの家電量販店に相談すれば有償で回収処分をしてもらうことが可能です。

不用品回収業者を利用する際には、必ず許可を得ている会社に依頼することが大切です。また、まだ利用できるテレビなどの場合は、買取を利用する方法もおすすめでリサイクルショップにお願いする場合には、大きな倉庫を持っていて販路が豊富にある会社を見つける、これが少しでも高く売るコツに繋がって来ます。

家が汚いと不幸になるという話は本当?

家が汚いと不幸になる

家が汚いと不幸になるという話は、誰もが一度は聞いたことがあると思われますが、それは本当なのか疑問に感じるのも確かです。

生活環境が人に心理に影響を及ぼす

生活環境が人に心理に影響を及ぼす、これは確かにあることで、誰でも思い当たることはあるのではないでしょうか。例えば部屋中にカップ麺のカップやお酒の空き缶が転がっている部屋は、他人の部屋であってもネガティブな気持ちになるはずです。また家族や友人がそのような部屋に住んでいるとしたら、何とかして片付けさせようとするでしょう。

 

逆に自分の家が汚い場合も、周りの家族や友人は同じように生活環境を改善させる行動をすると思われます。部屋を片付けずに散らかしている時点で、その部屋に住む人の精神状態は良くはないはずですし、既に不幸になり始めているといえます。この家が汚いというのはゴミの散らかりだけでなく、掃除を怠ることによる汚れの放置も当てはまります。

 

生活環境が人に心理に影響を及ぼすことで悪循環が生まれ、やがて人の心理に悪影響が及んでしまいますから、汚い家に住み続けるのはやめた方が無難です。

汚い家の特徴

汚い家にはいくつかの特徴があるもので、それは一般人には時に理解できなかったり、特徴が印象的に感じられることがあります。

掃除方法や収納ルールがわかっていない

掃除方法や収納ルールがわかっていない、これはどこから手をつければ良いのかわからず、ゴミが発生しても袋に入れてまとめないなどが当てはまります。更に掃除をする習慣がなかったり、定期的に掃除をしないのも汚い家に共通する特徴です。収納ルールも良くわかっていないことが多く、洗濯物を放置したり、洗濯上がりの衣類を部屋の適当なところに放置するケースもあります。

 

洗濯する習慣がある家はまだ良いですが、洗濯物が脱ぎっぱなしでその辺に脱ぎ捨てる家は最悪です。それから洗濯上がりの衣類を適当にまとめたり、タンスの引き出しに無理やり押し込むのもNGでしょう。しかし、汚い家に住んでいて疑問を持たない人は、こういう癖ともいうべき習慣が身についてしまっています。

 

掃除方法を知って習慣化するだけでも違うはずですが、汚い家に慣れていると、掃除をすることすら大切と感じなくなりがちです。

いらないものを買ってしまう

いらないものを買ってしまう、これも汚い家に見られる特徴の1つで、例えば買い物で目についた商品をいるかどうか考えずに買うことが挙げられます。お金を支払って商品を購入する以上は、本当に必要かよく考えてから決めるものですが、汚い家ではこのような判断が希薄な傾向があります。

 

いつか使うかもしれないという、根拠のない曖昧な基準で購入を決めてしまいますから、結局のところいらない物を買ってしまう結果になります。中には本当に使うことになる役立商品が買えることもあるでしょうが、使う予定がないのに買ってしまうのが汚い家に特徴なので、ある意味ギャンブルだといえるでしょう。これではお金が勿体ないですし、何より際限なく家に物が増えてしまうことになるでしょう。

 

家のスペースには限界がありますから、買い物をする時はスペースを思い浮かべたり必要か否か自分に問いかけて、購入の選択をするのが普通です。

物の整理ではなく「隠す」

物の整理ではなく「隠す」のも、汚い家の特徴といえますし、処分したり物を減らさないのも共通するポイントです。隠すというのは文字通りの意味で、物が多いから整理しなさいと言われれば、捨てる判断ではなく隠す形で整理したことにしようとします。これでは整理とはいえませんし、隠しているだけなので物の総量は変わらず、物が増え続ければいずれ隠すのに限界が訪れて破綻してしまうでしょう。

 

汚い家は、言い換えれば家のあちこちに物が隠れている家ともいえます。隠されている物が表に現れない限りは気がつきませんし、一見してきれいにしていると感じることもあると思われます。
ところが、それは隠してきれいに見せているだけですから、誤魔化したり騙していると言っても過言ではないでしょう。騙しているのは家族や家に招く相手だけでなく、汚い家に住む人自身の心も騙している恐れがあります。

ゴミを放置する習慣がある

ゴミを放置する習慣がある、その自覚があったり実際に放置してしまっている人は注意が必要です。ゴミの放置は、後で捨てる物を一時的にまとめて置いておき、何らかのタイミングでゴミ箱に入れるなどして捨てるなら問題ないです。汚い家におけるゴミの放置というのは、とりあえず発生したゴミをその辺に置いて、いつ捨てるかわからない点が大きく異なります。

 

ゴミ袋にまとめて置くだけでも違うはずですが、汚い家に住んでいる人はそこが無頓着で、ゴミをゴミのまま放置してしまうのが問題です。当然ながらゴミの放置は見た目にも衛生的にも良くありませんし、そういう環境で生活するのが当たり前になってしまえば、心が荒んでしまうのも頷けます。

 

大切なのはゴミの放置を良くないことと認識したり、改める必要があると気がつくことでしょう。一般的な感覚だと、ゴミを放置している部屋に誰も招きたくないものですが、汚い家に住むとそれが気にならなくなります。全く後ろめたさや罪悪感を感じなくなれば末期ですから、そうなる前に食い止めたいところです。

汚い家での生活。こんな影響も

汚い家での生活は、精神面に加えて健康にも影響が及び始めます。

集中力障害(ADHD)に繋がるリスクがある

集中力障害(ADHD)に繋がるリスクがある、これは意外かもしれませんが、汚い家で生まれ育った人は集中力障害になる可能性が高まります。あくまでもリスクではありますが、しかし可能性がある以上は無視できないのも確かです。集中力障害が汚い家を作ってしまうパターンも存在しますが、反対に汚い家から集中力障害の子供が育つこともあるわけです。

 

大人にも無関係とはいえませんし、汚い家に慣れて気にならなくなってしまえば、集中力に問題が生じて仕事に支障が出ることにもなり得るでしょう。それは生活をする上で困りますから、汚い家は集中力障害のリスクがあると理解して、家が汚くなるのを防いだり早めに改善を図りたいところです。汚い家で生活することが集中力障害を招くとしたら、子供にも大人にも不幸なことなので避けたいものです。

ホコリやカビにより気管支の病気

ホコリやカビにより気管支の病気もまた、汚い家で生活を続けると発生する影響の1つです。蓄積したホコリは湿気を吸着しますから、湿った空気を好むカビにとって住みやすい環境となります。またホコリには食べかすやフケなど、様々な汚れが絡みつく性質があります。つまりホコリはカビにとっての理想的な環境そのものですから、こまめに掃除をして溜め込まないことが大切だといわれています。

 

カビが増殖すると胞子を撒き散らすようになり、換気も怠れば家中に充満することになります。このカビ胞子を吸い込めばどうなるかといえば、気管支の病気を発症することに繋がります。最悪肺炎で苦しむことにもなりますから、カビに快適な環境を与えてしまうホコリまみれの汚い家で生活をするのはNGです。

 

ホコリは嫌な臭いも吸着しますし、アレルギーの原因にもなるので、病気のリスクは気管支だけに留まらないでしょう。

虫やダニの繁殖

虫やダニの繁殖はカビと関連するもので、カビが生えて増える環境では虫やダニもまた繁殖しやすいです。カビは単体でも増殖すると厄介ですが、ダニの中にはカビを餌とするものもいるので、カビが増えるに連れてダニも増えていきます。これはホコリが多くて湿気が停滞している、換気不十分で空気の入れ替えが不十分な家で起こる問題です。当然のことながら虫も発生しやすくなり、放置したゴミに群がるような形で湧いた虫に気がつくこともあるでしょう。

 

目に見える大きさの虫だけでなく、小さくて肉眼で発見するのは困難なダニも増えるわけですから、汚い家に住み続ければ健康を害します。適度に汚い環境の方が免疫力がつくと主張する人もいますが、汚い家に住んでいれば説得力がありませんし、汚い家で暮らすことを正当化しているともいえます。自然環境の中で現れる虫は悪い虫ではありませんが、汚れた家で汚いことを切っ掛けに発生する虫やダニは間違いです。

 

虫がいる家は単純に印象が良くないですし、虫やダニの糞が新たな問題を引き起こすこともあり得ますから、汚い家での生活は悪影響ばかりだとわかります。

家をきれいにするだけでも人生は変わる

家をきれいにすることは気持ち良さに繋がり、気分が前向きになったり明るくなるでしょう。そして誰かを招いても恥ずかしくない家になりますし、もしかしたら自慢の家になることも考えられます。きれいな家は他人も自分にも良い影響を与え始め、それは人生をも変える切っ掛けとなります。汚い家が悪影響を与えるのと同様に、きれいな家は人生に関わる好影響を与えるわけです。

家掃除・整理、まずはできることから

家掃除・整理、まずはできることから始めて、少しずつでも家をきれいにしていくのがおすすめです。家掃除は手が届く範囲から、目につくゴミや汚れをきれいにすることから挑戦です。慣れてくると作業量が増えますし、徐々に掃除をすることが楽しく感じられるようになるはずです。きれいになる変化そのものが意識に影響して、きれいにすることの気持ち良さがわかり始めるでしょう。要不要の整理も目に見える範囲から少しずつ、心理的に捨てやすい物から手をつけて処分していくことをおすすめします。

方法がわからない際にはプロに相談

方法がわからない際にはプロに相談する、これは決して恥ずかしいことではなく、むしろ前向きに家をきれいにする大きな切っ掛けになるでしょう。家掃除や整理のプロは、家を効率的にきれいにする知識や技術を有していますから、相談してアドバイスを得るのに最適です。掃除が苦手な人に対しても、プロは教えられるコツを知っているので、やはり相談するならプロが狙い目です。

 

プロに掃除や整理を任せてしまう方法もありますし、これなら掃除や整理に躊躇してしまっている人でも、思い切って家をきれいにできます。掃除のプロは不要品を回収したり家をきれいにするのが仕事ですから、嫌な顔1つせずに依頼通りにきれいにしてくれるでしょう。大量のゴミ回収もお手の物ですし、1人では運び出せない使っていない家具や寝具なども回収処分してくれます。

 

家掃除や整理は1回やって終わりではなく、継続して定期的に行うことが大事ですから、長い目でみればやり方を知っていて教えてくれるプロに相談するのがベストです。

まとめ

家が汚いと不幸になるというのは、何も風水的なものだけでなく、心理や生活環境に悪影響を及ぼすのが理由です。つまり、汚い家に住むと心が荒んでしまったり、集中力に影響が出るといったことになります。掃除しなければホコリが溜まりますし、ホコリが溜まればカビが発生して虫やダニが湧いてきます。ホコリやカビを大量に吸い込めば気管支の病気、虫やダニの繁殖は皮膚の病気に繋がるでしょう。

 

家をきれいにすることは人生をも変えることですから、汚い家による不幸を避けたり脱却したいのであれば、家掃除や整理でできることから家をきれいにするのが正解です。いきなり全てをやろうとすると大変ですし、早々に挫折してしまう恐れがあるので、まずは目に見える手の届く範囲から始めましょう。

 

方法がわからなくても1人で悩む必要はなく、家掃除や清掃のプロに相談すれば、コツがわかったり家をきれいにする楽しさに気がつけるはずです。家をきれいにして保つことは合理的で、人生という観点で考えても重要ですから、不幸を避けたいなら家をきれいにするのが近道です。

買い物がやめられなくて、部屋が汚くなる…その症状、買い物依存症かも?

買い物依存症って?

特徴


そもそも買い物依存症ってなんだろうって思いませんか。大人買いという言葉もありますが、それとは違って買い物が止められなくなります。このため、どんどんいろいろな物を買ってしまうために破産してしまうこともあるほどです。


たくさん買ってしまうけれど、もしかして自分も依存症ではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、借金したり破産してまで買い物を続けていないのであれば買い物依存症ではないので安心してください。
きちんと自分が持っているお金の範囲内でやりくりできるようにすることは必要です。以上のような状態でなければ治療なども考えなくて良いでしょう。

買い物依存症で起こる「汚部屋」


借金してでも買い物を続けてしまいますから、部屋中が物で溢れ返ります。そもそも買い物依存症の特徴は、金遣いが荒く、買い物自体に快楽を感じますそれだけではなく、掃除が苦手ですから、自然と汚部屋になるのも仕方がありません。


掃除が苦手と言うよりも、あまり掃除に対して興味がないと言った方が良いかもしれません。それよりも、もっと買い物に時間を費やしたいと思ってしまうからです。しかも、次から次へと物が増えていきますので、物で押しつぶされてしまいそうになるかもしれません。
買い物自体が快楽となっていますので、あまり購入しないようにすることもできません。精神的な不調などがあって、それを解消する一つの手段となっていることが考えられます。真面目な人が買い物依存症になることが多く、うつ病や統合失調症だったり認知症などを患っている人がとても多いです。


なかなか自分ではこのような心の病などに気がつかないかもしれませんので、気が付いた時には汚部屋になっていたり、借金の額がかなり膨れ上がっていることもありますし自己破産を選ばないといけないこともあります。

買い物依存症による汚部屋化対策

買い物依存症を改善する


汚部屋の原因は、とにかくたくさんの物を購入するところからスタートしていますので、まずは買い物依存症を改善させなくてはなりません。心の病が隠れていることもありますので、その心の病を早く治療して改善させた方が良いでしょう。
自分では心の病だと気が付かないかもしれませんが、借金してまで買い物をしてしまう人は心療内科の受診を考え、相談してみませんか。


最初から心療内科の受診は難しいかもしれませんので、ネットショッピングを控えるようにすることから始めると良いです。手軽に利用できるために、大量に買ってしまいがちなのでそれを防ぎましょう。クレジットカードを何枚も持っていませんか。クレジットカードを持たないようにすると効果的です。他にストレスを発散できる趣味を作ることで、汚部屋になるほど買い物をしたいとは思わないようになるでしょう。

部屋が汚いことを認識させる


徐々に物が増えていくために、自分では部屋が汚いと自覚していない可能性が非常に高いです。気がついた時には、足の踏み場がほとんどないような状態になることもあります。
自覚していない場合は、自分の部屋が汚部屋だと自覚するためにも第三者の目が必要です。汚部屋の持ち主の部屋に行きたいと周りが言った時に、自分の部屋には人を入れられないと思うようになるでしょう。この時にようやく汚部屋だと自覚することもあります。


一人暮らしの人も多いため、家族が部屋を訪ねて汚いと指摘するのも良いでしょう。そうすれば、自覚するようになるはずです。
中には部屋が汚いと自覚しつつも、買い物がやめられなくなっている依存症の人もいますが、自分の部屋が汚部屋だと自覚していない人もいます。できる限り第三者が指摘する環境を作ることが必要でしょう。

汚部屋にならないためのコツ

ほどほどに綺麗にすることから始める


物が溢れかえっている状態から、一気にすっきりとした部屋にすることはかなり難しいので、最初はほどほどに綺麗にするだけで十分です。自分が片付けられる程度で良いので、コツコツと掃除をしてみてください。
ちょっとだけであっても、それを毎日続けていけば綺麗な部屋になります。目についた場所に置いてある物を見て、本当にこれが必要なのかを考えてみます。使うことはないだろうと思ったら、処分してください。


洋服は洋服でまとめて収納するようにしたり、台所用品は全部台所に置くと言うようにすることで整理整頓ができます。汚部屋になっている人はこれができていないことが多いです。
また、カップラーメンなどのゴミがいつまでもテーブルの上に置いてあることもありますので、明らかなゴミはゴミ箱に捨ててきちんとゴミの日に出すようにすることで徐々に部屋が綺麗になっていきます。

友達やお客さんを部屋に招くようにする


ホームパーティーを開いたりすれば、汚部屋にはならないでしょう。人を自宅に招き入れるわけですから、そもそも物が散乱しないように気をつけるようになります。友達や大事なお客さんが嫌がるような部屋にはしたくないって思いませんか。部屋が汚いと自分に対する印象まで酷くなってしまいます。
それに、人を招くと言うことはその人たちが座る場所を確保しなくてはなりません。汚部屋になってしまうと、座る場所どころか足の踏み場もないでしょう。友達やお客さんをなるべく自宅に招くようにすれば、掃除をこまめにして多くの人が座れるようにします。


それだけではなく、人に見られても恥ずかしくない部屋にしたくなります。むしろ、おしゃれな部屋にして自慢したいと思うようになるかもしれません。誰かの目があるのかないのかで、部屋を片付けるようになるかならないのかがガラッと変わってしまいます。

 

汚部屋になってしまう人は、掃除が苦手だったり勿体無い精神が強かったりしますので、第三者の目を入れないといけません。物が増えてきたと感じたら、友達やお客さんを部屋に呼んで片付ける動機を作ると良いです。自分から掃除をすることがほとんどないと思ったら、やった方が良いです。

清掃専門の業者に頼む


これは、すでに汚部屋になっている人に当てはまるでしょう。大量の物が部屋中に溢れかえっているのであれば、すでに自分の力で片付けられなくなっているかもしれません。特に、足の踏み場がない状態であればそうです。
幸い、清掃専門の業者がありますので、頼んでみてください。1日ですっかり綺麗にしてしまうでしょう。もちろん、部屋の大きさだったり物の量によっては1日では終わらないこともありますが、大抵の場合は1日で全ての作業を終わらせてしまいます。
借金をしてまで買い物をしてしまうような人の場合は、下の方にある物の存在を忘れていることもあります。片付けてみて、昔買ったけれど全然使っていない物が大量に出てくるかもしれません。これまで使っていなかった物であれば、これからも使わない可能性が非常に高いです。


自分で片付けようとすると全部残しておきたくなるかもしれませんので、清掃専門の業者に頼んでください。そうしないと、いつまで経っても汚部屋から卒業することはできません。まだ、汚部屋の域に達していなかったとしても、結局捨てられなくて汚部屋になるかもしれません。
もちろん、費用がかかってしまいますが、部屋を綺麗にしてもらえますので頼んでみませんか。なるべく早めに頼むことで費用を抑えることもできます。たくさん買い物をしたり、物を捨てられない人こそ清掃専門の業者を利用しましょう。

まとめ

買い物が楽しいと思っている人は多いですが、度が過ぎるようであれば買い物依存症の可能性があります。借金してまでたくさん買っていませんか。その結果、部屋が汚部屋になってしまうこともあります。部屋中が物で散乱しないように自分で片付けられると良いですが、難しいのならば清掃専門業者を利用してください。


個人で利用している人は決して少なくありません。たくさんの清掃専門の業者がありますので、まずは問い合わせてみませんか。様々な家の清掃の経験がありますので、テキパキと作業します。汚部屋の持ち主は掃除が苦手だったり勿体無い精神が強いので、自分で頑張ろうとしても難しいです。プロの力を利用すると、かなり綺麗になるので依頼を前向きに考えてみませんか。

意外とできる!自分でかんたんエアコン掃除

意外とできる!自分でかんたんエアコン掃除


自分でエアコン掃除をはじめる場合は、主に2つのポイントを踏まえて用意することが大切です。

使用する道具を準備しよう

まずは、使用する道具を準備しましょう。下記用意するものになります。

・踏み台または脚立
・新聞紙
・ゴム手袋
・雑巾
・ハンディモップ
・掃除機
・洗濯用の中性洗剤
・バケツ
・歯ブラシ
・綿棒
・つまようじ


作業に集中する為に準備を済ませておくのがポイントです。
掃除機やタオル、歯ブラシといった掃除に用いる道具類、台所用の中性洗剤や使い捨てしやすいキッチンペーパー、割り箸や輪ゴムなども用意しておくと便利です。割り箸にキッチンペーパーを巻きつけて輪ゴムで固定すれば、狭い場所や奥の汚れを掻き出す道具になります。

養生をしっかりする

効率良く掃除をしたり、後片付けの手間を最小限にする為に重要です。養生なしでいきなり掃除を始めると、エアコンに溜まった埃が床に散らばったり、中性洗剤を使った掃除で汚れが飛び散ってしまいます。

その為、埃や汚れが付着すると困る部分については、新聞紙を敷くなどして養生することをおすすめします。
水濡れ厳禁な箇所大判のポリ袋を開いてシート代わりにしたり、市販の養生シートで保護するのが良いでしょう。

かんたん自分でできる3つの掃除

フィルター掃除

大掃除の時以外でも普段からこまめに掃除をすることが推奨されます。フィルターの掃除は、掃除機のブラシヘッドを使用すると、細い目に入り込んだ埃を掻き出せるので効果的です。埃を取っても変色や汚れが見られる場合は、中性洗剤を使ったつけ置きやブラッシングをしましょう。

水洗いできるか要確認ですが、大抵のフィルターは水洗いに対応している場合が殆どです。頑固な汚れには、中性洗剤を溶かした水かぬるま湯にしばらくつけ置きして、使い古しの歯ブラシなどで汚れを落とし水洗いして乾燥させます。水滴はキッチンペーパーや汚れても構わないタオルで拭き取り、自然乾燥でしっかりと乾かすことが大事です。

エアコンクリーナー

エアコン内部にあるフィンに付着した汚れ、カビを取り除くのに有効です。エアコンクリーナーは市販されており、ジェットで汚れを落とすスプレータイプと、泡で汚れを包み込むムースタイプに分けられます。スプレータイプ液体の薬剤を勢い良く噴射するのが特徴で、ジェットにより汚れを洗い流すことでエアコン内部を綺麗にします。成分は製品によりますが、一般的には洗浄成分に加えて除菌や消臭成分、防カビ成分などが含まれています。

一方、ムースタイプ薬剤がフィンに付着して留まり、汚れを溶かして落とす点が異なります。
スプレータイプと違い勢いはありませんから、フィンの奥の方に溜まっている汚れ落としには不向きです。ただ、エアコンのフィンの汚れは大抵、表面に集中して溜まる傾向ですから、ムースタイプでも十分に汚れ落としに期待できます。市販の製品はセットになっているものが多いので、安全かつ効果的に使用する為に、使い方を良く読んで正しく使いましょう。

本体拭きは乾拭き

つけにくい柔らかい布で軽く拭いて付着している埃や汚れを取り除きます。プラスチックの外装は静電気で埃を吸着しますから、こまめに拭き取って綺麗な状態を保ちたいものです。乾拭きで落ちない汚れについては、水に薄めた中性洗剤で拭き取り、水拭きと乾拭きで仕上げると綺麗になります。外装は取り外さなくても拭けますが、外せる部分を外して拭いた方が隅々まで綺麗に仕上げられます。

吹出口のルーバーは特に汚れやすい部分ですから、キッチンペーパーを巻きつけた割り箸や、綿棒なども使って綺麗にしましょう。掃除に使用する洗剤はやはり台所用の中性洗剤が無難で、水拭きと乾拭きを欠かさないようにします。拭き取り不要なエタノールは便利ですが、プラスチックに使用すると傷んだり、割れてしまうこともあるので注意です。中性洗剤の界面活性剤も、成分が残るとプラスチックに少なからず影響するので、水拭きで成分を落としてから乾燥させましょう。

プロにエアコンクリーニングを依頼するべき時は?費用は?

自分で掃除しても匂いが取れない場合

内部に汚れやカビが頑固に付着している証拠なので、プロにエアコンクリーニングを任せるのが良いでしょう。
我慢しながら騙し騙し使い続けても、改善しないどころかむしろ悪化しますし、カビが更に増えて健康を害することにもなるので、我慢するよりもプロに依頼です。

プロなら強力な洗浄機器と技術によって、隅々まで綺麗にしてくれます。流れ出る汚れた水は一見の価値がありますし、汚れ具合を見れば早くプロに依頼すれば良かったと思うはずです。プロの技術やエアコンクリーニングの効果は凄いですし、エアコンの買い替え時期を先延ばしにできるので、結果的に費用が節約できてお得になるでしょう。

費用はいくらくらい?

プロにエアコンクリーニングを依頼する場合の相場は、1台あたり1万円前後が目安の1つとなります。
目安というのは業者によって料金体系は大きく異なり、また種類によっても違ってくることによります。一般的な壁掛けタイプのエアコンは、1台1万円から高くても2万円台が目安になるでしょう。

ただし、徹底洗浄や抗菌などの仕上げも含まれる場合は、更に料金が上げるケースもあるので費用が掛かります。天井埋め込みなど普段のお手入れが難しいタイプのエアコンは、1万円台後半から3万円台後半あたりが費用の目安です。

日頃からエアコンを綺麗に維持するコツは?

日頃からエアコンを綺麗に使ったり、状態を維持したいのであれば、使い方を工夫することがコツとなります。

冷房後1時間の送風運転

エアコン内部に溜まった水分を飛ばし、乾燥させる為に必要な一手間です。冷房後に送風運転を使用すると、水分が蒸発するので一時的に湿度が上がりますが、それは同時にカビの発生を防ぐことを意味します。
冷房を止めてそのまま
だと、しばらくの間フィンに水滴が付着したままの状態となり、カビが発生したり増殖することになります。

しかし、1時間ほど送風運転をしてからエアコンを止めれば、内部が乾燥するのでカビも増えず綺麗な状態が保てます。この手間を惜しまずに行うかどうかがポイントで、かなり重要なポイントになるのは間違いないです。

部屋の換気を心掛ける

部屋の換気はエアコンを綺麗に維持する上で大切なコツです。換気を心掛ければエアコンに吸い込まれる空気も綺麗なものとなります。エアコンは実のところ、締め切った部屋で使用しても部屋の換気にはならないので、長時間使い続けると室内の空気が汚れます。その繰り返しがエアコン内部を汚れさせたり、フィンに付着したカビに餌を与えることになります。つまり、換気はエアコン内部の汚れを防ぐことや、カビに餌を与えない対策となるわけです。

冷房後の送風運転と部屋の換気を組み合わせれば、エアコンの乾燥を促進したり、空気を綺麗な状態に保てるので一石二鳥です。

まとめ

意外とエアコンの掃除は自分でできることが多く、どの家庭にもある身近な道具で綺麗になります。道具を一式準備したり、養生してから掃除を始めるなどのポイントはありますが、大抵はプロに依頼しなくてもエアコンを綺麗にできます。

エアコン掃除のポイントは3つで、フィルターの掃除エアコンクリーナーの使用、そして外装の拭き上げです。フィルターは掃除機、エアコンクリーナーは市販のもので、外装は乾拭きを行うのが基本です。フィルターや外装は中性洗剤を使った掃除も可能ですが、水拭きをして仕上げることが大切です。エアコンクリーナーは、内部の汚れ落としに適していますが、汚れの付着が進むと完全に落とすのは難しくなります。

その為、自分で掃除をしても駄目な場合はプロにエアコンクリーニングを相談です。費用の相場はエアコン1台あたり1万円前後からなので、余程特殊なエアコンでなければ、1万円くらいの出費で済むでしょう。後は冷房後の送風運転であったり、部屋の換気を心掛けることでエアコンの良い状態が保たれます。

不用品回収の費用を節約!家具は解体で安くなる?

不用品回収の費用は安くできる

引越しなどをおこなったときや家具の買い替えなどおこなったときに不良品が出ます。そういったときは、不良品回収業者などを利用すると良いです。タンスやベッドなどの大きな不良品は、処分をするのに費用がかさみます。このような大型の不良品はどこに捨てればよいのかわからない方も多いので、粗大ごみの回収を安く済ませる方法など紹介していきます。

家具の解体

大型の粗大ごみを捨てるときに安く済ませるには、解体をして小さくする方法があります。ベッドやタンスや家具の解体をして小さくしてから通常のごみとして捨てれば、そんなに費用がかからなくて済むのでおすすめです。

リサイクルショップ

解体に時間や労力がかかるのが嫌な方には、リサイクルショップへ出す方法をおすすめします。リサイクルショップで買い取ってもらえたら、そのぶん現金が手に入るのでおすすめです。最近ではリサイクルショップで軽トラなどを貸し出していることがあるので自家用車に粗大ごみが乗らなくて運べない場合は、軽トラを利用するのも良いです。

 

状態が良いものなら高額で買い取ってもらえることもあるので、一度利用を検討してみるのも良いです。家まで来て査定してくれるリサイクルショップなどもあるので、わざわざ持って行かなくても、どれくらいで買い取ってもらえるかわかるのでおすすめです。

オークションやフリマアプリ

オークションやフリマアプリを利用してタンスやベッドなどやいらなくなった家具などを販売する方法もおすすめです。フリマアプリは最近たくさんのユーザーがいるので、売買できる可能性がありますが、送料などかかるので、その点も考慮した方が良いです。

数が少ないなら自治体に出す

数が少ないなら自治体に出す方法もおすすめです。自治体によって料金が違うので、一度確認してから依頼すると良いです。自治体では、家まで取りに来てくれる場合と、自分でクリーンセンターなどへ持ち込む場合などさまざまな方法があるので、各自治体に問い合わせしてから処分をすると良いです。

一般的な解体方法

粗大ごみを解体すると、ごみを捨てるときにかかる費用を抑えることができます。手間や時間がかかりますが、コストをかけたくない方におすすめの方法になります。大きな家具を小さくして一般ごみとして出すのですが、自治体によっては、ごみ出し方が変わってくるので、確認をしてから出すようにすると良いです。また不良品の業者に依頼したくない場合なども自分でおこなうことをおすすめします。

タンス・棚

タンス・棚の解体方法は、電動のこぎりを利用すると良いです。電動のこぎりなら、素早く家具を分解することができて、手間や時間がかからないのでおすすめです。小さな棚やタンスなどは、普通のこぎりを使って手で小さくすることも可能になりますが、大きな家具やたくさん家具がある場合は、手動だと疲れてしまうこともあるので、大きさや数などで電動のこぎりにするか普通ののこぎりにするか決めると良いです。のこぎりには種類があり、木工用と金属用があるので用途に合わせて選ぶ必要があります。

 

タンスや棚の場合は、木工用のこぎりが良く、ホームセンターなどで購入することができます。電動のこぎりにも種類があり、レシプソーは、チェーンのこぎりのように大きな音が出ないので、自宅で解体するときにおすすめです。刃の動きのはやさなどを調節することができるので、電動のこぎりを使うことが初めての方でも利用することができます。

デスク

デスクを解体するときは、学習机のような木製のデスクなら解体することが可能になります。子供が大きくなって学習机がいらなくなった場合、不良品業者に依頼すると費用がかさむ場合があるので、自分で解体すると良いです。机本体からはずせるものは全てはずして、ドライバーを使用してネジをはずしていきます。接着剤でついている部分はハンマーなどでたたいではずすと良いです。必要に応じてのこぎりなどを使用すると解体することが可能です。

ベッド

ベッドも解体することができます。マットレスなどは粗大ごみに出すしかないのですが、ベッド本体は解体して小さくすることが可能になります。まず組み立て式か確認をします。組み立ての部分をすべてはずして、電動のこぎりなどを使用してごみ袋の中に入るくらいの大きさにカットして解体していきます。

 

ベッドや棚・タンスなどの大型家具は、解体するときはかなり大変なので、知人や家族の方に手伝ってもらうようにするとスムーズに作業をおこなうことができます。また木くずなどがたくさん出るので、ブルーシートなどを用意してそのうえで作業すると後の掃除も簡単になるのでおすすめです。

 

大型家具の解体はのこぎりやハンマーなどを使用することが多いので、細心の注意をはらって安全に作業をおこなうようにすることが大切になります。このように大型家具は自分で解体することが可能なので、ごみを捨てる費用を抑えることができます。
休みの日などを利用したり、自分があいている時間におこなえることも利点になります。

解体の注意点

タンスやベッド・デスク・棚などの大型家具は、自分で解体するととても大変で労力がかかります。電動のこぎりなどになれている方なら良いのですが、初めて電動のこぎりを使用する方などは、かなり難しい作業になる場合があります。

工具費の事も考える

工具費の事も考えることも重要になります。もともと自宅にのこぎりや電動のこぎり・ハンマーなどのツールがあれば良いのですが、そのようなツールがない場合は、新たに買うようになるので、購入にかかる費用を考えたら、プロの不用品回収業者に依頼することも選択肢のひとつです。

作業の際、怪我に気をつける

自分で解体するときには作業の際、怪我に気をつけることが何よりも大切になります。なれない作業になるので、細心の注意を払って一人で作業をせずに誰かと一緒に作業をすると安心です。電動のこぎりを使用する際には、大きな音が出る場合があるので、日中に作業をおこなうようにする必要があります。

 

近隣への迷惑がかからないようにする配慮も必要になります。室内で作業をすると木くずなどのごみがたくさん出るので、屋外での作業が好ましいです。また室内だと作業のスペースが限られているので、狭いところで解体の作業をすると危険を伴うこともあるので注意が必要になります。

家電は解体しない

家電は解体しないようにすることです。冷蔵庫やテレビなどの家電は家電リサイクル法があるので、一般のごみに出すことができないので注意が必要です。家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から出たテレビやエアコン・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などが対象になり、有用な部分をリサイクルして廃棄物を減量させる目的と資源の有効活用をする目的があります。
家電リサイクル法では費用が発生するので、不法投棄が問題になっています。

 

このような家電を回収する方法は、新しい製品に買い替える場合は、購入する店舗で引き取ってもらいます。お店ごとで引き取りの方法が違ってくるので、家電を購入するときに確認することが必要になります。新しい家電の買い替えではなく、処分だけおこないたい場合は、処分する商品を購入したお店に引き取ってもらいます。購入したお店がどこだったかわからない場合や、そのお店自体がなくなっている場合などが、自治体が案内する方法によって処分することが可能になります。その他には、指定取引所に直接持ち込んで処分する方法もあります。

 

回収を依頼した場合は、指定した日時に業者に来てもらって家電リサイクル券に必要事項を記入します。回収業者への引き渡しの際に、家電リサイクル券の控えが渡されるので、お店や家電リサイクル券センターのホームページでリサイクルの状況を確認することができます。処分にかかる費用は決められていて、テレビの大きさや液晶かプラズマなど細かく分かれています。

無理だと思ったら不用品回収業者に依頼

無理だと思ったら不用品回収業者に依頼をすることをおすすめします。不用品回収業者に依頼をすると、重たい家具を運ぶ必要もないので、手軽に不用品を処分することができます。不用品回収業者はたくさんあるので、いろいろなところから見積もりを出してもらってから依頼をする業者を選ぶようにする必要があります。

 

見積もりを無料でおこなっている業者もあるので、そういった業者に依頼すると良いです。口コミなどの評価もチェックして、口コミが良いところに依頼することで、トラブルなど起きないのでおすすめです。不用品回収業者に依頼するメリットはたくさんあります。日時の調整ができるので、自分の都合が良い日に回収を依頼することができます。自治体などで回収できない不用品も回収してもらえるので、とても便利です。自宅まで粗大ごみを取りに来てくれるので、手間が省けることもメリットになります。

 

プロなので、不用品の回収作業もスムーズにおこなうことができるので、粗大ごみなどが出た場合は、不用品回収業者に依頼すると、簡単に処分することができます。

まとめ

引越しなどで出た大型の家具などを処分するには、自分で解体をして一般のごみに出す方法や、不用品回収業者に依頼をする方法・自治体に依頼する方法などたくさんあるので、一番良い回収方法を選ぶと良いです。費用を抑えたい方は、自分で解体をすると良いですが、危険をともなったりすることもあるので、気をつける必要があります。

 

新たに解体するツールを購入すると費用がかさむ場合があるので、きちんと見極めることが重要になります。不用品回収業者は、ごみの搬送などの作業をすべておこなってくれるので、手間がかからないことがメリットになります。忙しくで自分で解体する時間がない方やのこぎりなどが使えなくて解体できない方などにおすすめです。

 

エアコンやテレビなどの家電は、リサイクル法があるので処分するときは、注意が必要です。ラジカセやCDプレイヤー・ドライヤーなどの小型家電は、市町村のごみに出すこともできるので、処分したい方は市町村に確認してから処分をすると良いです。

不用品回収と遺品整理は何処が違う?業者毎の特徴を一挙公開!

不用品回収と遺品整理の違い

故人が生前に持っていた品の多くは使われなくなります。そのため、それらは不用品に該当すると考える人もいるでしょう。一方、遺品という呼び方をすることもあり、どのように扱うべきか迷ってしまうケースも見受けられます。正しく処分をしたいなら、不用品回収と遺品整理の違いを最初に把握しておくことが大切です。

不用品回収とは

文字どおり生活や仕事などで不用になったものを回収するサービスです。ただし、一口に回収といっても有償と無償の2種類があるので注意しましょう。また、金銭的な観点で価値があるアイテムに関しては廃棄の対象にはならず、買い取ってもらえるケースも少なくありません。言い換えると、今後他の人に売れる可能性があるものは無償回収や買取の対象となり、それ以外に関しては有償回収の後に処分されることになるのです。

 

また、有償と買取が混在しているようなケースでも、それらを差し引きした金額の支払いを行います。事前に見積もりをとることが一般的であり、それに不満がある場合は断ることも可能です。ただし、業者によって規約が異なるため、最初に確認しておくことが重要になります。

遺品整理とは

こちらもその名のとおり、故人が残した品々を整理する作業を指します。手記のようなプライバシーに関わる私物も対象であり、それぞれに合った方法で対応しなければなりません。たとえば、大切な想い出に違いないと判断できる写真や、家族への想いが感じられる手紙が見つかることもあります。その場合は、処分してしまうのではなく、しっかりと遺族に手渡しするなどの配慮が必要です。

 

廃棄しても構わないと合意のとれたものだけ処分し、それ以外のアイテムは形見として残します。そのなかにエンディングノートのような故人の意思が分かる資料があれば、そちらも最大限に尊重しながら作業を進めていきます。このように、不用だからといって、それだけ切り捨てることは基本的にありません。

不要品回収業者の特徴

不用品回収を依頼したくても、実際には我慢して自分で対処する人が多くいます。その理由は、具体的にどのようなメリットがあるのか分からないことです。自治体の回収サービスを利用するより利便性や経済性の面で優れています。少なくとも以下に挙げる特徴についてしっかり把握しておきましょう。

大抵の物は処分してくれる

自治体に回収を依頼しても断られてしまうケースは珍しくありません。公式ホームページをチェックすると分かりますが、対応できる品目が細かく分類されています。それらを眺めたときに、自分の手元にある不用品がどのカテゴリに属するのか判断しにくいことも多いです。

勘を頼りにカテゴリを決めて依頼した結果、該当しないと判断されて回収の対象外になることもあります。もちろん自治体の窓口に問い合わせれば教えてもらえるので、そのような事態を回避する術は残されています。しかし、その分の手間が発生することは確かであり、気分を害する結果になる可能性も低くありません。

 

一方、不用品回収業者であれば、そのようなリスクを心配する必要はありません。なぜなら、引き取りを拒否されるものはほとんどないからです。反社会的なものや法律に反しているものなどを除き、基本的にはすべてを快く回収してくれます。

買取りしてくれる場合もある

上述のように、回収の方法のなかには買取も含まれています。そして、不用品といっても、自分が必要としないだけで他人には魅力的なものも少なくありません。たとえば、歴史のある古銭が物置から出てきた場合、もう使えないので捨てたいと思うこともあるでしょう。

 

しかし、それらは古銭の収集家にとっては非常に価値のあるものかもしれません。その可能性に気付いても、わざわざ鑑定業者に依頼するのは面倒だと感じやすいです。不用品回収業者であれば、他の品々を回収するついでにそれらの査定も行ってくれます。ですから、不用品回収業者に依頼するタイミングが訪れるまで、とりあえず処分せずに置いておくという方針も選べるのです。

時間が無い人におすすめ

不用品がたまっていくので廃棄したいと思っても、毎日忙しくてその時間を確保できない人もいます。そのようなケースにおいても、不用品回収のサービスはうってつけです。基本的には電話1本ですぐに駆けつけてくれますし、あいにく無理な場合でも日時の指定が可能です。

 

自治体の回収サービスは時間を指定できませんし、運が悪いと1週間ほど待たされることもあるのです。不用品回収のスタッフが訪れたら、後は基本的に任せておくだけで作業は完了します。とても手際が良いので、自分で行う場合と比べると半分以下の時間で済むでしょう。

しかも、その間に自分は他のことをしていても構いません。仕事や家事があるなら、そちらに専念していても大丈夫です。ゴミの収集場所に持っていくような手間も発生しません。そのため、時間だけでなく体力の節約にもなります。

遺品整理業者の特徴

遺品整理は、単純に物品の処分を目的とするものではありません。あらゆる面で故人や遺族に気を使って行われる作業であり、大切な儀式といっても大袈裟ではないでしょう。とはいえ、具体的な特徴を知らないと依頼しにくいことも事実です。どのようなメリットがあるのかチェックしておきましょう。

物の扱いが丁寧

遺品は故人の想いや経験が宿っているものです。たとえ処分するとしても、その位置づけは決してゴミと同様ではありません。そのため、遺品整理業者はそれらを乱雑に扱わないように配慮しています。不用品回収でも丁寧に作業が行われますが、それはあくまでも依頼人の住まいを傷つけないようにするためです。もし傷を付けると修理費用が発生する事態になるでしょう。また、買取後の販売を視野に入れて商品価値を落とすわけにはいきません。

 

つまり、あくまでも業者側が不利にならないようにする考えがベースにあります。廃棄か決定している物品に関しては、運び出した後は特に丁寧に扱わなくても大丈夫です。それに対して遺品整理で丁寧に扱う理由は、故人や遺族を尊重するスタンスです。したがって、依頼者が見てないところでも、最初から最後まで宝物に触れるような感覚で作業を進めてくれます。

遺品供養をしてもらえる

上記の内容とも関係しますが、故人への想いは供養という形でも表現されます。遺品をゴミのように廃棄することに抵抗がある人は多いでしょう。手軽だからといって、そのような不遜な行為を遺品供養業者は行いません。たとえば、故人や遺族の想いがつまった品々を焚き上げするケースが多く見られます。もはや不用品回収と同様の物品処理とは思えず、葬儀の一部のように感じても不思議ではありません。

 

故人のものを残したくても、スペースや管理の問題でそうできないケースは珍しくありません。その場合は廃棄という方法を選ばざるを得ませんが、後ろめたい気持ちを感じてなかなか実行できないこともあるでしょう。遺品整理業者に頼めばしっかり供養してもらえるので、そのようなネガティブな感情を抱かなくても大丈夫です。

相続や空き家などの相談を専門家にできる

故人がなくなった後に問題になりやすいのが相続関連の事柄です。また、故人が一人暮らしだった場合や残された配偶者が引っ越す場合は空き家の問題も発生してしまいます。遺品整理だけでも大変なので、それらの対処で苦労することは避けたいという遺族も多いでしょう。

 

遺品整理業者のなかには、このような問題に精通しているところもたくさんあります。ですから、相談することで有益なアドバイスをしてもらえる可能性が高いです。弁護士のような専門家と提携しているケースも多く、素人だけでは対処できない問題も解決できる見込みがあります。ですから、遺品整理を申し込む際にそういった相談が可能か確認しておくと良いでしょう。

 

また、オプション料金を請求される場合もあるので注意が必要です。

まとめ

不用品回収と遺品整理はどちらも非常に便利なサービスです。忙しい世帯が増えていることから不用品回収のニーズは伸びていますし、高齢化社会を迎えて遺品整理の依頼も増えていく一方です。これらをうまく活用することで、自分たちの負担をできるだけ軽くするのは有効な手段といえます。基本的に料金がかかりますが、コストパフォーマンスは決して悪くないでしょう。

 

ただし、正しい知識を持っていないと、どちらに依頼すれば判断できないかもしれません。もちろん共通している部分もありますが、多くの面で違いがあるので気を付けてください。今回紹介した内容をしっかり理解しておけば、自分に必要なサービスを選択できるようになります。

 

いずれも依頼から実施までの流れは迅速ですが、混みあっているか可能性もゼロではありません。そのため、依頼することを決めたら、できるだけ早めに連絡することが望ましいです。最大限に活かせるように心構えを事前にしておきましょう。